お知らせ

News

FROMKYOTOOSAKA

紅茶を飲みながら、ふと思いました。(古美術風光舎 名古屋店 買取いたしております)

2021.02.28

 

こんにちは。

スタッフYです。本来は珈琲がすきなのですが、ここのところ違うお茶にチャレンジしています。

今日は、紅茶にしてみました。

なぜ、紅茶にチャレンジしているのかと申しますと、日本生理人類学という学会の論文にて紅茶の香りが

女性の睡眠の質を高めることが明らかになったとのこと。

睡眠の質が良くない自覚がある健常な女性20名を対象に選出し、試験品は、紅茶の香り

(ダージリン紅茶の芳香蒸留水:アロマウォーター)とプラセボに水を用いての実験。

被験者の自宅寝室にて、超音波式ディフューザーを用いて、就寝時に紅茶の香りを揮散させる期間と水を

揮散させる期間の各1週間実施したそうです。

実験結果によると、なんと被検者の平均入眠時間が平均30分が15分以下となっており、睡眠時間も平均30分増えているとのこと。

とまぁ、こんな具合でスタッフYの人体実験が始まりました。

 

 

寝る前に紅茶の香りをかげばよいとのことですが、一旦紅茶派にシフトしてしまいますと、日中も紅茶生活になってしまった次第です。

最近いただいているのは、日本で生産された紅茶。

味覚を文章に落とし込むのは非常に難しいのですが、すっきりとした喉越しで、この紅茶のお里は日本だよねと、わかります。

日本茶の茶葉の記憶が私に沁みついているからでしょうかね、抵抗なく好きでした。

 

日本人と紅茶の出会いは、天皇でも将軍でもなく、意外なことに伊勢の船頭『大黒屋光太夫』という方。

1782年(天明2)12月、伊勢の白子浜(鈴鹿市)の出港し、江戸を目指していたのですが、駿河沖で暴風雨に遭遇し、

ロシアアラスカにある島に漂着します。その時の船積みの荷物が雛人形や、錦の衣装、陶器、金銀の品々だったため、

また、当時ロシアの船長や航海士は上流階級だったため、光太夫も身分ある行商人と誤解されたようです。

来賓待遇だったとか笑。

そこになんと、エカテリーナ二世に日本に帰る直訴ができるチャンスが到来、女帝も何度も光太夫を宮中へ招待して、

光太夫は日本について語ることがあったとか。後に、花柄の描かれたティーカップや&ソーサ―で紅茶でのおもてなしを

受けたとの報告が残っております。

光太夫さん、高価な船積みの荷物のお陰ですごく貴重な体験をされましたね。

 

というわけで、店主から早々にいただきましたホワイトデーのお菓子(ありがとうございます)と共に、

人体実験いやいや、おいしくお菓子と紅茶いただきます。

 

Hello.

This is Staff Y. Originally I like coffee, but recently I am trying a different tea.

I made tea today.

The reason why I am challenging black tea is that the scent of black tea is mentioned in a treatise of an academic society called Japanese Physiological Anthropology.

It has been revealed that it improves the quality of sleep for women.

Selected from 20 healthy women who are aware that their sleep quality is not good, the test product has the scent of black tea.

(Darjeeling black tea aromatic distilled water: aroma water) and placebo with water.

In the subject’s bedroom, use an ultrasonic diffuser to evaporate the scent of black tea at bedtime and water.

It seems that it was carried out for each week during the volatilization period.

According to the experimental results, the average sleep time of the subject was 15 minutes or less from 30 minutes on average, and the sleep time also increased by 30 minutes on average.

Well, the human experimentation of Staff Y started like this.

 

It is said that you should turn off the scent of black tea before going to bed, but once you shift to the black tea school, you will end up with a black tea life during the day.

Recently, I have been receiving black tea produced in Japan.

It’s very difficult to put the taste into the text, but with a refreshing throat, you can tell that this tea village is in Japan.

Perhaps because the memory of the tea leaves of Japanese tea is clinging to me, I liked it without any resistance.

 

The encounter between Japanese and tea is neither an emperor nor a shogun, but surprisingly a person named “Daikokuya Kodayu”, the boatman of Ise.

In December 1782 (Tenmei 2), I left Shirakohama (Suzuka City) in Ise and was aiming for Edo, but I encountered a storm off the coast of Suruga and encountered a storm.

He drifts to an island in Alaska, Russia. At that time, the cargo on board was Hina dolls, Nishiki costumes, pottery, and gold and silver items.

Also, at that time, Russian captains and officers were of the upper class, so it seems that Kotayu was also mistaken as a peddler.

He was treated as a guest, lol.

There came a chance to make a direct appeal to Catherine the Great to return to Japan, and the Empress invited Kotayu to the palace.

She said she had talked about Japan. Later, you can enjoy tea with a tea cup or saucer with a floral pattern.

There are still reports that it was received.

Mr. Kotayu, you had a very valuable experience thanks to the expensive shipping luggage.

So, along with the White Day sweets (thank you) that the owner gave me early

Human experimentation No, I will have delicious sweets and tea.

 

*********************

 

古美術風光舎名古屋店では、愛知県のみならず

伊勢の船頭『大黒屋光太夫』のお里、三重県や岐阜県など他近県にも

出張買取いたしております。

お気軽に、ご相談下さい。

古美術風光舎 名古屋店

春の音楽(風光舎 名古屋店より)

2021.02.27

皆さまこんにちは。

 

風こそまだ冷たいままですが、日差しはもう春ですね。

梅の花も咲いて、私はすっかり春の気分になっています。これから本格的に訪れるであろう春を120パーセントの私で迎えるため、春らしい音楽を聴いています。準備運動はばっちりです^^

春らしい音楽を聴こうと考えて、真っ先に私が思いついたのはヴィヴァルディの四季でした。(「春」と入っているからという、とても単純な理由ですが…)

 

アントニオ・ヴィヴァルディが生まれたのは今からおよそ340年ほど前のことです。

作曲家、ヴァイオリニスト、音楽教師、司祭など彼はたくさんの肩書を持っていたようです。

今でも、「協奏曲の父」や「赤毛の司祭」など多くの呼び名がありますね。

 

四季は、「春」「夏」「秋」「冬」の四つからなりますが(ヴィヴァルディ本人がこう称したわけではないそうです)、

皆さまはどの季節が好きですか。

 

春を歓迎しているような美しい旋律で、そよ風すら感じられるような「春」ももちろん好きですが、私は「夏」が好きです。

照りつける太陽の様子や、稲妻と雷鳴の轟きが恐ろしい嵐の様子が目に浮かびます。

 

燃ゆる女の肖像という映画はご覧になりましたか。セリーヌ・シアマ監督による、フランス映画です。

カンヌ国際映画祭にて脚本賞や、クィア・パルム賞も受賞した、絵画のような美しい作品です。

 

舞台は18世紀フランス、ブルターニュの孤島です。

古い油彩画にまつわる、貴族の娘と、その肖像画を描く女性画家の思い出がとても鮮やかに描かれています。

劇中で、ヴィヴァルディの四季より「夏」が用いられていたのですが、思わず息を止めて聞き入ってしまいました。見知っていた曲が、今までとは全く違う曲のように聞こえました。

是非皆さまもご覧になってください。

 

Hello everyone. The wind is still cold, but the sunshine is already spring. The plum blossoms are also in bloom, and I feel like spring. I’m listening to spring-like music to welcome 120% of the spring that will come in earnest. The preparatory movement is perfect ^^

The first thing I came up with when thinking about listening to spring-like music was Vivaldi’s Four Seasons. (It’s a very simple reason that it says “spring” …)

Antonio Vivaldi was born about 340 years ago. He seems to have had many titles, including composer, violinist, music teacher, and priest. Even now, there are many names such as “Father of Concerto” and “Redhead Priest”.

The four seasons consist of four seasons: “spring”, “summer”, “autumn”, and “winter” (Vivaldi himself did not call it this way). Which season do you like? Of course I like “spring”, which has a beautiful melody that welcomes spring and even a breeze, but I like “summer”. You can see the shining sun and the terrifying storm of lightning and thunder.

Have you seen the movie Portrait of a Lady on Fire? A French film directed by Céline Sciamma. It is a beautiful painting-like work that won the Screenplay Award and the Queer Palm Award at the Cannes International Film Festival.

The stage is an isolated island in Brittany, France in the 18th century. The memories of the aristocratic daughter and the female painter who painted the portrait of the old oil painting are very vividly depicted.

In the play, “summer” was used from Vivaldi’s four seasons, but I held my breath and listened to it. The song I knew sounded like a completely different song. Please take a look.


 

 

小糠雨とは今日みたいな雨の事ですね。(古美術風光舎名古屋店 買取しております)

2021.02.26

こんにちは。名古屋は朝からしっとりとした小糠雨といったところです。

春の小糠雨は少し寒さの中にも暖かい空気が混じったような雨ですね。

春の情報は掴んでいたい性分なので、雨といえど、春めいた言い方はないかと調べてみました。

雨の呼び名はなんと400語以上のあるとのこと。春雨、紅雨、菜種梅雨、催花雨…などなど。春の雨にもいろいろ呼び名があるのだと。自分が生きている間に使わない言葉ばかりでは忍びないので、少しだけでも触れてみることにしました。

『小糠雨』とは音もなく降る細かな雨でして、季節は限定されない言葉ですが、春や秋の柔らかな季節に降る雨の方がイメージにあっているような気がします。

小糠雨の糠(ぬか)は、米糠のように細かな様子を表す言葉です。その糠の上につく小もまた細かなという意味ですから、小糠雨といえば本当に細かな雨という事になります。

また、細かな雨が音もなく降り傘を差さなくとも歩けるほどで、傘を差 しても傘に落ちかかる雨音も聞こえず、いつの間にか衣服がしっとりと 湿ってしまうような雨でもあります。

この雨音を立てないところから小糠雨 には「音なき雨」という名前も。ただし、細かくて音のない雨を甘く見ると、これが風邪の因になる事もありますのでお気をつけて。

親爺の小言と小糠の雨は後で効く

なんていう諺もあるようです。

 

本日は春繋がりで、春の名古屋の情報を少し。

古美術風光舎名古屋店から車で15分、お隣東区にあります徳川美術館の特別展のご紹介です。

 

 

 

 

毎年この時期に私の大好きなこちらの美術館にて、『尾張徳川家の雛まつり』と題して、尾張徳川家の姫君のためにあつらえた雛人形や雛道具が展示されております。スタッフY、各地の雛人形の展示を結構巡っておりますが、徳川美術館の雛人形、お道具は私史上1,2位にランキング入りするのではと勝手に思っております。

こちらの、雛人形お道具はさすが尾張御三家筆頭の名にふさわしい質の高さを誇っておりまりまして、

実際の婚礼調度品をそのままミニチュアにしたかのような雛道具の精巧な作りは本当に圧巻です。また今年は尾張徳川家21代義宜(よしのぶ)夫妻が長女紹子(つぐこ)氏のために作らせた内裏雛飾りも初公開のようです。

内裏雛もさることながら、スタッフYがいつも注視しているのはお道具です。

尾張家11代斉温(なりはる)継室・俊恭院福君の雛道具は素晴らしいらしく、蒔絵の払箱は、近衛家の家紋である抱牡丹紋と、徳川家の葵紋を散りばめてた図柄に、金具は銀が用いられています。現存する大名家伝来の雛道具の中で、もっとも大揃えで豪華なお道具だそうです。

今年は、福君の実際の婚礼調度品の払箱と、雛道具の払箱を見比べられるよう展示されているそうです。

遠方の皆さまも自粛期間が明けましたら、是非観にいらしてみて下さい。

特別展 『尾張徳川家の雛まつり』開期は、

2.6㈯~4.4㈰ です。

 

あ、こうして春を綴っている間に、小糠雨があがってきましたよ。

 

 

 

 

Hello. Nagoya is a place like a small rainstorm that has been moist from the morning.

The spring rain is like a mixture of warm air even in the cold.

Since spring information is something I want to grasp, I searched for a way to say spring, even if it was raining.

It is said that there are more than 400 words for the name of rain. Vermicelli, red rain, rapeseed rainy season, flower rain … etc. There are various names for spring rain. I can’t stand the words I don’t use while I’m alive, so I decided to touch them even a little.

“Small rain” is a fine rain that falls silently, and the season is not limited, but I feel that the rain that falls in the soft seasons of spring and autumn is more in line with the image.

Small bran Ame no bran is a word that expresses the details of rice bran. The small amount on the bran also means that it is fine, so when you think of small rice bran rain, it means really fine rain.

It rained finely without sound, and I could walk without an umbrella. Also, even if you put an umbrella in, you can’t hear the sound of rain falling on the umbrella, and it’s also rain that makes your clothes moist and damp.

From the place where this rain does not make a noise, Kobane rain is also called “soundless rain”. However, if you look at the fine, silent rain sweetly, this may cause a cold, so be careful.

Relatives’ small words and the rain of small bran will work later

There seems to be a saying. So, today, I would like to give you some information about spring Nagoya in the spring connection.

Introducing a special exhibition of the Tokugawa Art Museum in the neighboring Higashi Ward, a 15-minute drive from the antique art Fukosha Nagoya store.

Every year at this time of year, at this museum that I love, dolls and tools made for the princess of the Owari Tokugawa family are exhibited under the title of “Owari Tokugawa Family Hina Matsuri”. Staff Y, I have been touring the exhibition of Hina dolls in various places, but I think that the Hina dolls and tools of the Tokugawa Art Museum will be ranked 1st and 2nd in my history.

This Hina doll tool is truly proud of the high quality that is suitable for the first name of the Owari Gosanke family.

The elaborate construction of the chick tools as if they were miniatures of the actual wedding furnishings is truly a masterpiece. In addition, it seems that the inner back chick decoration made by Mr. and Mrs. Yoshinobu, the 21st generation of the Owari Tokugawa family, for his eldest daughter, Tsuguko, will be released for the first time this year.

In addition to the inner chicks, staff Y is always watching the tools.

The lacquer box of the lacquer work of Fuku-kun, the 11th generation of the Owari family, is wonderful, and the pattern is studded with the Konoe family crest, the peony crest, and the Tokugawa family crest. In addition, silver is used for the metal fittings. It is said to be the largest and most luxurious tool among the existing chick tools from the daimyo family.

This year, Fuku-kun’s actual wedding furniture box and the chick tool box are on display so that you can compare them.

If you are far away, please come and see us when the period of self-restraint is over.

The special exhibition “Owari Tokugawa Family Hinamatsuri” opens from 2.6㈯-4.4㈰.

 

*********************

 

名古屋へお越しの際は、古美術風光舎名古屋店に是非お立ち寄りください。

お片付けの際にでました、行先に迷われたお品などお困りでしたら、

お気軽にご相談下さい。

古美術風光舎 名古屋店(10:00~19:00 OPEN)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙も骨董も大きなロマン(名古屋・古美術 買取 風光舎より)

2021.02.25

 

皆さま、こんにちは。

暖かい春までもう少しという今日この頃でしょうか。

 

本日は、骨董・古美術とは一見関わりのないような宇宙の話しです。笑

先日、NASAの火星探査ミッション「マーズ2020」の探査車『Perseverance(パーセベランス、パーサヴィアランス)』 が、火星のイシディス平原西端にあるジェゼロ・クレーターへの着陸に成功したとのニュースが出ました。

着陸直後に届いたモノクロ画像に続き、Perseverance (=火星の岩石を収集する火星探査機)が撮影した最初のカラー画像などがNASAのジェット推進研究所(JPL)から公開されています。

Perseverance が火星に降り立つ様子や、地面の様子が高解像度なフルカラー画像で収められているようです。

なんだか遥か遠くではものすごい技術を駆使し、ものすごいことをやっていますね!

そして、Perseverance  が火星への降下中に撮影した動画や、初めて録音された音も公開しているとのこと。

スタッフ I 、この画像を見た感想_火星版ロビンソン・クルーソーとも呼ばれる長編小説「火星の人」を原作とする、映画「オデッセイ」のまんまじゃないか!と思いました。

というのも、NASAの惑星科学部長(すごい役職ですね笑)のジェームズ・L・グリーンは、”「火星の人」は程々に現実的だ”と述べているそう。

科学的正確性も併せ持っているほど、ストーリーの面白味が増すのでしょうね。

 

地球人はどうしてこんなにも火星火星!と惹きけられているのかと思うことがあります。

科学の進展によって様々な真相が解明されつつも、一般人からしたら謎だらけですよね。

ますます神話的魅力を増していると言われる惑星。

古来より人間は未知のものにロマンを感じたりしてきたのでしょうね。

 

ここで古美術話…

骨董品や古美術品は人からひとへ渡っていく過程で、それぞれに思いを巡らしたり、こんな人がこんな風に使っていたのかなと想像を膨らませたり、新品には無いエピソードを考えるのが面白さの一つだと思います。

時には勝手に自分だけの歴史を作ってみたり…

そういう点では、遥か彼方の宇宙も身近にある古美術品も人々を魅了する共通部分があるんじゃないかとこじつけてみました笑。

 

火星移住…着実に現実味を帯びてきているのでしょうか。

火星を題材にした物語に_

・アンディ・ウィアー『火星の人』

・キム・スタンリー・ロビンソン『レッド・マーズ』『グリーン・マーズ』『ブルー・マーズ』(火星三部作)

・H・G・ウェルズ『宇宙戦争』

・エドガー・ライス・バロウズ『火星のプリンセス』

などの傑作があります。

骨董・古美術品をおともに皆さまも火星物語で空想トリップしてみてはいかがでしょうか。

 

Hello everyone.

Is it around this time that it is almost until the warm spring?

 

Today, we are talking about the universe, which seems to have nothing to do with antiques and antique art. Lol

The other day, there was news that NASA’s Mars 2020 rover “Perseverance” had successfully landed on the Jezero Crater at the western end of the Isidis Plain on Mars.

Following the monochrome image that arrived immediately after landing, NASA’s Jet Propulsion Laboratory (JPL) has released the first color image taken by Perseverance (= Mars probe that collects rocks on Mars).

It seems that Perseverance is landing on Mars and the ground is captured in a high-resolution full-color image.

Somehow far away, you are doing awesome things by making full use of awesome technology!

And, it is said that Perseverance has released a video taken during the descent to Mars and the sound recorded for the first time.

Staff I, Impressions of seeing this image_Isn’t it the same as the movie “Odyssey” based on the feature-length novel “The Martian”, also known as the Martian version of Robinson Crusoe! I thought.

That’s because NASA’s director of planetary science  James L. Greens said, “The” people of Mars “are reasonably realistic.”

The more scientifically accurate it is, the more interesting the story will be.

 

Why are Earthlings so Mars Mars! I sometimes wonder if I am attracted to it.

While various truths have been elucidated by the progress of science, it is full of mysteries to the general public.

A planet that is said to be becoming more and more mythical.

Since ancient times, humans may have felt romance in unknown things.

 

Here’s an antique story.

In the process of passing antiques and antiques from person to person, it is possible to think about each one, to wonder if such a person was using it like this, and to think about episodes that are not found in new products. I think it’s one of the fun things.

Try to make your own history without permission.

In that respect, I wondered if the universe far away and the antique works that are close to me have something in common that fascinates people.

 

Emigration to Mars . Is it steadily becoming a reality?

In a story about Mars _

・ Andy Weir “The Martian”

・ Kim Stanley Robinson “Red Mars” “Green Mars” “Blue Mars” (Mars trilogy)

・ HG Wells “Space War”

・ Edgar Rice Burroughs “Princess of Mars”

There are masterpieces such as.

Why don’t you make a fantasy trip with the story of Mars with antiques and antiques?

 

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、茶道具など様々なジャンルのお品も買受しております。

こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

名古屋近郊、愛知県内はもちろん、岐阜県や三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

In addition to antiques and antiques, Fukosha also purchases items of various genres such as paintings, jewelry, and tea utensils.

Please feel free to contact us even if you are wondering if such a thing is okay.

 

We will travel to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures as well as to the suburbs of Nagoya and Aichi prefecture.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

 

大きなグローブに包まれてきました。(古美術風光舎名古屋店 買取いたします )

2021.02.24

今日は、スタッフYです。

クイズです。ここは、何の施設でしょう?

 

 

答えは、図書館。カフェではありません笑。岐阜県や近県の方は、ご存知でしょうね。

古美術風光舎 名古屋店のあります名古屋市内から車で1時間半、お隣岐阜県に2015年に開館しました『みんなの森 ぎふメディアコスモス』の中にあります、岐阜市立中央図書館です。

6年前に開館しましたがなかなか訪れることができず、やっとの訪問。密を避け、また、夜が素敵とのことで夜の訪問にいたしました。

 

 

設計を手掛けたのは、建築界のノーベル賞”と称されるプリツカー賞を受賞した伊東豊雄さん。伊藤豊雄設計事務所です。

伊東豊雄さんは、せんだいメディアパークや、松本市民芸術館など国内外の建造物を手掛けていらっしゃる有名な建築家でして、

落ち着いたらこちらの図書館は一度は見に行かねばと思っておりました。

 

図書館に入るとまず目に飛び込んでくるのは、天井から吊るされた巨大な傘のような〝グローブ〟とよばれるもので、図書館の象徴的な存在となっております。11個のグローブにそれぞれ名前がついており、「文学のグローブ」「展示グローブ」「ゆったりグローブ」など、それぞれのグローブの模様が違っていて、そのグローブは入り口の案内板と対応しており、本を探す時に便利ですね。グローブの大きさは、行って体感してみてください笑。

しかしこのグローブ、視覚的なインパクトを与えるだけだけで無く、その機能もしっかりとした意味がありました。

上部は開閉式で季節ごとに自然喚起できるようになっており、グローブの中に立つと、空気が流れているのが体感できます。

また、そのグローブに沿って本棚が渦巻く様に配置しており、奥と手前の本の背表紙がしっかりと見え、無意識に本が探しやすくなっておるではないか!

本棚も低めに設定しており、図書館の全景が見渡せ開放感も抜群。

 

 

それから、なんといってもこの天井。緩やかに曲線を描いており、たわんだ天井の印影がグローブを大きく包み込んでいます。

 

 

構造は、地元の銘木「東濃ヒノキ」を使った細長い板状の木材を組み上げ、木材が自然にたわむ力を利用してこのような形状を保っているとか。図書館建設時、ちょうど東日本大震災直後で材不足だったこともあり、比較的とりやすい長い板を利用する設計にしたそうです。このたわんだ天井、私は時空が歪んだような感覚になるのですが、木材でできているせいからか柔らかく暖かい印象で、この歪んだ空間に包まれててもいいと思ってしまうのは、私だけでしょうか。

図書館は夜でしたから人もまばらでしたが、目的の違う様々な年代の方がそれぞれゆっくりと居心地よく過ごしておりましたね。

スタッフYもしばし、このグローブの下で本を読んでおりましたが、夜に来て正解でした。ほんのりあかりのついたグローブの下はあたたかな祠のようで、何故だか広い空間にも関わらず、本にとても集中できます。いつまでも居たくなる居心地のよい図書館でした。ご近所の方羨ましいですね。

お伝えするのがなかなか難しいので、是非一度体感しにいらしてみて下さい。

 

 

Today is Staff Y.

This is a quiz. What kind of facility is this?

The answer is the library. It’s not a cafe lol. If you are in a neighboring prefecture, you probably know it.

The Gifu City Central Library is located in “Minna no Mori Gifu Media Cosmos”, which opened in 2015 in neighboring Gifu prefecture, an hour’s drive from Nagoya city, where the Fukosha Nagoya store is located.

It opened 6 years ago, but I couldn’t visit it easily, so I finally visited. I decided to visit at night because I avoided the crowds and said that the night was wonderful.

The design was done by Toyo Ito, who won the Pritzker Prize, which is called the “Nobel Prize in the architectural world.” Toyo Ito Design Office.

Toyo Ito is a famous architect who works on domestic and foreign buildings such as Sendai Media Park and Matsumoto Performing Arts Center.

When I calmed down, I thought I should go to see this library once.

When you enter the library, the first thing that comes to your eyes is what is called a “glove” that looks like a huge umbrella hung from the ceiling, and has become a symbol of the library. Each of the 11 gloves has a name, and each glove has a different pattern such as “literary glove”, “exhibition glove”, and “loose glove”, and the glove corresponds to the information board at the entrance. , It’s convenient when looking for a book. Please go and experience the size of the glove.

However, this glove not only gave a visual impact, but its function also had a solid meaning.

The upper part is openable so that you can naturally arouse each season, and when you stand in the glove, you can feel the air flowing.

In addition, the bookshelves are arranged so that they swirl along the glove, and the spine of the books in the back and front can be seen clearly, making it easier to find books unconsciously!

The bookshelf is also set low so that you can see the whole view of the library and the feeling of openness is outstanding.

After all, this ceiling. It draws a gentle curve and wraps the glove greatly.

The locals also assemble elongated plate-shaped wood using the famous wood “Tono Hinoki” and use the force of the wood to bend naturally to maintain this shape. When the library was constructed, there was a shortage of materials just after the Great East Japan Earthquake, so it was designed to use a long board that is relatively easy to take. This flexible ceiling makes me feel that space-time is distorted, but because it is made of wood, it gives a soft and warm impression, and I want to be surrounded by this distorted space. Is it just?

The library was sparse because it was night, but people of various ages with different purposes were spending time and comfort.

Staff Y I used to read a book under this glove, but I came at night and the answer was correct. Under the glove with a slight light, it looks like a warm shrine, and for some reason, despite the large space, you can concentrate on the book very much. It was a cozy library that made me want to stay forever. I envy the neighbors.

It’s quite difficult to tell, so please come and experience it.

*********************

Fukosha Nagoya store purchases not only in Aichi prefecture but also in nearby prefectures such as Gifu prefecture and Mie prefecture.

Please feel free to contact us if you have any questions about your destination when cleaning up.

Fukosha Nagoya store

 

*********************

古美術風光舎 名古屋店は愛知県のみならず、

今回特集いたしました岐阜県にももちろん出張買取させていただいております。

お片付けの際の行先でお悩みの御品などございましたら、まずは一度ご相談下さい。

古美術風光舎 名古屋店

 

 

 

学生さんの美術事情(名古屋・古美術 買取 風光舎)

2021.02.23

 

 

世の受験生の皆さま、おつかれ様でございます。

無事に力を尽くし終えホッとされている方、全力でラストスパートに掛かっている方、様々なこの時期。

ご本人は勿論、ご家族の方や身近で見守ってこれた方々も相当気を揉んでこられたと思います。

苦楽を共有し、達成感を共に味わう…

人生にはいろんな時間の過ごし方があるなとつくづく思います。

 

話は変わりまして、ある中学校の美術科期末テスト。

問題形式がスタッフ I の時代とは様変わりしていました。

(何十年も前の話なので当たり前ですが…笑)

配点の大半はプリントされている作品を見て、作品名・作者名・そして所蔵場所まで答えるというものです。

(そして裏面には実技としてスケッチを描く。)

出題作品の中に洋画家・荻須高徳氏の「広告のある家”パリの屋根の下”」がありました。

稲沢市ご出身の方だったのですね。

(愛知県つながりで出題されたようです。)

氏の作品は外国人画家が制作したような印象を個人的には受けます。

半世紀あまりにわたってフランス・パリに暮らし、生活の匂いが漂うパリの裏街を描き続けたということで、納得です。

性に合い、すっかり魅了されたのでしょうね。

安住したいと思い、かつそこでのお仕事をし続けられるなんて羨ましいかぎりです。

戦後再び渡仏してからの作品は人の姿が消え、次第に人々の暮らしや息づかいが感じられる穏やかで静かな変わっていったそう…

パリ市長に”最もフランス的な日本人”と称され、様々な賞も授与されたとのことです。

素朴さもありながら、リアルにも感じる_

今なおファンの多い画家さんだと思います。

稲沢市荻須記念美術館にて展示されているそうですので、名古屋からほど近い場所でパリの雰囲気を感じられますね。

 

スタッフ I 、学生さんたちに負けないよう芸術の知識を増やさねば!と感化されております。

素敵な作品、皆さまのお気に入りがございましたら、ご教示くださいませ ^^

 

Thank you to all the examinees of the world.

Those who are relieved to finish their efforts safely, those who are hanging on the last spurt with all their might, various times at this time.

I think that not only the person himself, but also his family members and those who have watched over him have taken great care of him.

Share the pain and enjoy the sense of accomplishment together …

I think that there are many ways to spend time in life.

 

The story has changed, a junior high school art department final exam.

The question format has changed from the time of Staff I.

(It’s a story decades ago, so it’s natural … lol)

Most of the points are given by looking at the printed work and answering the work name, author name, and even the holding location.

(And draw a sketch on the back as a practical skill.)

Among the questions asked was “House with advertisement” Under the roof of Paris “” by Western-style painter Takanori Ogisu.

You were from Inazawa City, didn’t you?

(It seems that the question was given in connection with Aichi Prefecture.)

I personally get the impression that his work was made by a foreign painter.

I am convinced that I lived in Paris, France for more than half a century and continued to draw the back streets of Paris with the scent of life.

I think he was completely fascinated by his gender.

I’m jealous of wanting to live comfortably and being able to continue working there.

After the war, the work after returning to France disappeared, and gradually changed to a calm and quiet atmosphere where people’s lives and breathing could be felt …

He was called the “most French Japanese” by the Mayor of Paris and was awarded various awards.

It feels real while being simple _

I think he is still a painter with many fans.

It is said that it is exhibited at the Oguisu Memorial Museum of Art in Inazawa, so you can feel the atmosphere of Paris in a place close to Nagoya.

 

Staff I, I have to increase my knowledge of art so as not to lose to the students! I am inspired.

If you have a wonderful work or your favorite, please let us know ^^

 

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、茶道具など様々なジャンルのお品も買受しております。

こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

名古屋近郊、愛知県内はもちろん、岐阜県や三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

In addition to antiques and antiques, Fukosha also purchases items of various genres such as paintings, jewelry, and tea utensils.

Please feel free to contact us even if you are wondering if such a thing is okay.

 

We will make business trips not only to the suburbs of Nagoya and Aichi prefecture, but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

 

 

 

 

 

風光舎近隣のお客様より出張買取ありがとうございました!

2021.02.22

本日午後、
古美術近隣の日泰寺近くにお住いのお客様宅へ
出張買取に伺ってまいりました。
大切な思い出の御品をお譲りいただいて
大変ありがとうございました。
また何かございましたら、
宜しくお願いいたします。

This afternoon
To the customer’s house near Nittaiji Temple near antique art
I visited for a purchase.
If you have any questions please call us fleely.
Thank you.

千種区のお客様より出張買取させていただきました!

2021.02.22

本日午前中、千種区穂波町のお客様宅へ伺わせていただきました。
井上萬二、高麗左衛門、茶碗など素晴らしい御品をお譲り頂きましてありがとうございました。

また何かお取引いただける品物がございましたら、お気軽にご連絡ください。お待ちしています。

I visited a customer’s house in Honami-cho, Chikusa-ku this morning.
Thank you for handing over Manji Inoue, Koryozaemon, and tea bowls for the tea ceremony.

If you have any items that you can trade with, please feel free to contact us. We look forward to.

花にまつわるetc.(エトセトラ)(古美術・骨董 風光舎より)

2021.02.22

皆さま、「花の兄」って言葉を聞いたことございますでしょうか?

スタッフTは、昨年2月の茶道のお稽古で、お茶勺の銘に使わせていただきました。

梅の別名なんです。早春に他の花に先駆けて咲くので、このように呼ぶのですね。

 

じゃあ、梅・桃・桜の順で咲いていくのだから、

弟たちは桃や桜かな~なんて思っていたら、

「花の弟」は菊の花の喩えでした。

その年の最初と最後に咲くから兄と弟ってことなんですね。

(梅は花の兄 菊は花の弟(『譬喩尽(たとえづくし)』江戸後期の諺語辞典 天明6年(1786)序))

 

そして、「花の父母」とは、「雨」や「露」のことだそうです。

それらが草や木を潤して育てることから生まれた言葉だとか。

そのおかげで美しく花開くことが出来るんですね。

他にも、花笑み 花色衣 花筏 花吹雪 花霞・・・

日本語には花に関する素敵な言葉がいろいろあります。
スタッフTがいつも楽しみにしていた茶道の稽古は、
年初より先生の御配慮でお休みが続いております。
茶室の緊張感のある雰囲気が懐かしく思い出されることです。

名古屋市でもワクチン接種が始まりました。

できるだけ早く日常生活が戻ってくることを祈っております。

Flowers related etc.  (from antique art Fukosha)

Have you ever heard the word “older brother of the flower”?

Staff T has used it as a name for the  bamboo teaspoon at the tea ceremony lesson in February last year.

It’s another name for plum. It blooms before other flowers in early spring, so it’s called this way.

 

Well, the plums, peaches, and cherry blossoms will bloom in that order in spring. If plum’s younger brothers were vaguely wondering if they were peaches or cherry blossoms ” younger brother of the flowerr” was a metaphor for chrysanthemum flowers. It’s come from  the first and the last of the year. (Ume is the older brother of flowers, Kiku is the younger brother of flowers (“Parables”, a proverbial dictionary of the late Edo period, Tenmei 6 (1786) introduction~))

 

And “parents of flowers” are “rain” and ” dew “.

It is said that the word was born from the fact that they moisturizes and grows grass and trees.

Thanks to that, beautiful flowers can bloom.

 

flower smiles=come into bloom, flower-colored clothes, flower raft=a mass of petals floating on the surface of the water, hanafubuki=cherry blossoms falling in the wind・・・There are many beautiful words about flowers in Japanese.

The tea ceremony practice that I have always been looking forward to has been closed since the beginning of the year due to the declaration of an emergency. I miss the tense but peaceful atmosphere of the tea room. Vaccination has also started in Nagoya. I hope our daily lives will return as soon as possible.

 

愛知県美術館が好き!(古美術・骨董 風光舎より)

2021.02.21

皆さま、

春が訪れたような日曜日の昼下がり、

いかがお過ごしでしょうか?

本日店舗には、散歩や買い物の途中にお立ち寄りいただくお客様が

ちらほらとお見えになっております。

 Staff Y’s Books

さて、今回は 昨日のスタッフOさんへのアンサーブログです。

世界三大美術館、いいですね!
ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、エルミタージュ美術館・・・

ぜひ現地に行って、美の殿堂で芸術品の数々に圧倒されたいです。

パリの主な美術館はほぼ訪れましたが、それ以外は未踏です。

こんな時期ですので、バーチャルで訪れてみます。

(ウエブサイトで旅行できるなんて、本当にいい時代になりましたね~。)

 

見たい_というか何度でも見に行きたい絵画は、クリムトの「人生は戦いなり(黄金の騎士)」です。

風光舎名古屋店のある地元、愛知県美術館の所蔵品ですので、

名古屋市近郊にお住いの美術愛好家の皆さまにはおなじみでしょうか?

スクエアな画面に、華やかな色彩で、金色の甲冑を着けた騎士が黒馬に跨る姿を描いた油彩画です。

 

ちなみに以下、スタッフTの好きな画家の変遷でございます。

中学生時代はマリー・ローランサン。

高校時代は日本画を書き始めたこともあり上村松園。

画学生時代はクリムトの色彩、シーレの線_を目指しておりました。

その後、家庭を持って、子どもを育てることも創作活動なのだと知りました。

個人的にはそこにあるべきものを再現していくのが作家なんだと思います。

作家というのは何もないところから総てを創り出すようにみえて、

実は仲介者なんだという気がしています。

Everyone,

Sunday afternoon, like spring has come. How are you doing?

At today’s shop, there are some customers who stop by for taking a walk or on the way shopping.

Please visit us!

 

By the way, this is the answer blog to the staff O yesterday.

The three major museums are nice!

I want to go there and be overwhelmed by the masterpieces of art in the Beauty Hall of Fame.

Most of the museums in Paris have been visited, but everything else is unexplored.

It’s such a time, so I’ll visit it virtually.

(Even if I have the opportunity, I really don’t have the energy to go to the site and conquer it. )

The painting I want to see again, or the one I go to see again and again, is Klimt’s “Life is a battle (golden knight)”.

Since it is a collection of the Aichi Prefectural Museum of Art,

Is it familiar to art lovers living in the suburbs of Nagoya?

An oil painting depicting a knight wearing a golden armor straddling a black horse in gorgeous colors on a square screen.

The painting I want to see again, or the one I go to see again and again, is Klimt’s “Life is a battle (golden knight)”.

Since it is a collection of the Aichi Prefectural Museum of Art,

Is it familiar to art lovers living in the suburbs of Nagoya?

An oil painting depicting a knight wearing a golden armor straddling a black horse in gorgeous colors on a square screen.

By the way, the following is the transition of Staff T's favorite painter.

Marie Laurencin in junior high school.

Uemura Shoen I started writing Japanese paintings in high school.

When I was a college student, I was aiming for Klimt's color and Schiele's line.

I learned that having a family and raising children is also a creative activity.

The artist is the one who reproduces what should be there.

Personally, the writer seems to create, and I feel that he is actually an intermediary.

 

出張査定可能エリア

ページトップへ