ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ウランガラスの不思議(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎)

2022.06.24

みなさまこんにちは、スタッフYでございます。

 

このところの湿気と暑さで間違いなく水分を採る量が増えて、顔がむくんでいたりするのですが…。これは命を守るため…多少は致し方ないとげんなりしながら、今朝も顔を洗ったのですが、きっと今日も水分をたくさん採るのでしょうね、わたし。

 

そんな暑さと湿気をちょっとだけ忘れさせてくれるようなグラスが。

 

「ウランガラス」

 

 

 

先日から、気になってしょうがなかったウランガラス。「ウラン」て、そうあの「ウラン」なのですが、原子力発電の燃料に使われる天然資源のこと。原子番号92の元素でして、記号ではUと表示され、天然元素の中では原子番号が最も大きい元素であります。

 

「ウラン」と聞きますと、あの原子力発電に使っているほうで、なぜにウランガラスなんだ?と、思われるかもしれませんが、当初のウランの利用法はなんと美しいガラスでありました。ウランガラスとは、着色剤として少量のウランを混ぜて作った緑黄色のガラスでありました。そのウランが発見されたのが今から200年前なのですが、その後ウランの黄色いことを利用してガラスの着色に利用されるようになります。

 

そんなウランガラスは1830年代にチェコで発明され、欧米に広がり工芸品や食器などが大量に作られるようになります。ウランガラスの最大の特徴は、紫外線を当てると緑色蛍光を出すこと。よくわからないのですが、原子レベルでは ウランのまわりをまわっている電子が励起されて、それがまた元に戻るときに、エネルギーが放出されて発光するという現象のようです。

 

ですがどう説明しましても、これで水分をとったりお酒を飲んだりするのか?…汗。と、少々焦るかと思いますが、ウランガラスに含まれているウランは通常0.1%から1%程度で、ウランの放射能はごくわずか。自然界には地球や宇宙からの放射能も飛んでおりますし、人体のカリウムからも放射能を出しているのですから、ウランガラスの放射能については心配ないレベルのようでございます。そもそもウランガラスのウランは、ガラスに閉じ込められていますので、外に出ることはございませんよ。

 

しかしウランガラスなどの着色剤として使用されたウランは、第二次世界大戦中にガラス等への利用が禁止され一気に衰退。戦後利用禁止が説かれましたが、ウラン製造を再開したのはアメリカ、チェコなど数か国、数社にとどまります。したがって現存するウランガラスの製品は殆どが骨董となるのです。

 

ちょっと頼りない光ですが、お店のウランガラスで試してみましょう。

 

 

 

お分かりいただけますでしょうか。

こちらは、大正昭和初期に作られた日本製の酒器。和ガラスの控えめな形やその印象に、この不思議なネオカラーの緑が暗闇に浮かび上がるのですから、当時初めてご覧になった方はそれはそれはみなさん驚いたことでしょうね。ですが、これはこれでマッチしているように思えます。

当時の日本においてこの発色が受け入れられていたことにも驚くのですが、不思議な色のガラスを眺めながら新しい時代に胸躍らせていた当時の人々の姿を想像し、さっきから私もガン見み。この不思議な緑に魅了され、当時の人々もこんな風ににただただ眺めていたのでしょうか。

 

当時日本では、明治に西欧から近代ガラスの製造技術が投入され後に、色彩豊かな氷コップなど日本の独自色が現われるのですが、ウランガラスもその一つでありました。ですが、日本でも大正期からウランの一般使用が禁止される昭和初期のほんの短い間にしか製造されませんでしたので、日本製のウランガラスももちろん骨董でしか存在いたしません。

 

それにしても少々喉が渇いてきました。その数奇な運命と魅了してやまない緑の輝きの中に、何を注ごうか…。そちらも気になってまいりましたので、ガン見はこのあたりといたします。

 

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

The humidity and heat these days definitely increase the amount of water I take, and my face is swollen. This is to save my life … I washed my face this morning, though I had to do something about it, but I’m sure I’ll get a lot of water today.

 

A glass that makes you forget about the heat and humidity.

 

“Uranium glass”

 

 

 

 

From the other day, uranium glass that I couldn’t help but worry about. “Uranium” is that “uranium”, but it is a natural resource used as fuel for nuclear power generation. It is an element with an atomic number of 92, which is displayed as U in the symbol, and is the element with the highest atomic number among natural elements.

 

When you hear “uranium”, why is it uranium glass because it is used for nuclear power generation? You might think that, but the original usage of uranium was how beautiful glass was. Uranium glass is a green-yellow glass made by mixing a small amount of uranium as a colorant. The uranium was discovered 200 years ago, but after that, the yellow color of uranium was used to color the glass.

 

Such uranium glass was invented in the Czech Republic in the 1830s, and spread to Europe and the United States, where crafts and tableware are made in large quantities. The biggest feature of uranium glass is that it emits green fluorescence when exposed to ultraviolet rays. I’m not sure, but at the atomic level, he seems to be a phenomenon in which the electrons that orbit around uranium are excited, and when they return to their original state, energy is released and emits light.

 

But no matter how you explain it, does it help you to drink or drink alcohol? …Sweat. I think it’s a little impatient, but the uranium contained in uranium glass is usually about 0.1% to 1%, and the radioactivity of uranium is very small. Radioactivity from the earth and space is also flying to the natural world, and since potassium in the human body also emits radioactivity, it seems that there is no need to worry about the radioactivity of uranium glass. In the first place, uranium in uranium glass is trapped in the glass, so you won’t go outside.

 

However, uranium, which was used as a colorant for uranium glass, was banned from being used for glass during World War II and declined at once. Although it was said that the use of uranium was prohibited after the war, only a few countries and companies such as the United States and the Czech Republic have resumed uranium production. Therefore, most of the existing uranium glass products are antiques.

 

It’s a little unreliable light, but let’s try it with the uranium glass in the store.

 

 

Can you understand?

This is a sake set made in Japan made in the early Showa period of the Taisho era. This mysterious neo-colored green emerges in the darkness in the understated shape and impression of Japanese glass, so if you were the first to see it at that time, it would have surprised everyone. But this seems to be a match.

I’m surprised that this color was accepted in Japan at that time, but I imagined the people at that time who were excited in the new era while looking at the mysterious colored glass, and I also saw cancer from a while ago. fruit. I wonder if people at that time were just looking at it like this because they were fascinated by this mysterious greenery.

 

At that time, in Japan, after the introduction of modern glass manufacturing technology from Western Europe in the Meiji era, Japan’s unique colors such as colorful ice cups appeared, and uranium glass was one of them. However, even in Japan, uranium glass made in Japan exists only in antiques, as it was manufactured only in the early Showa period when uranium was banned from general use from the Taisho era.

 

Even so, I’m a little thirsty. What do you pour into that strange fate and the fascinating glow of greenery? I’m also curious about that, so I’m going to look at cancer around here.

 

Well then, good luck.

 

************************
梅雨のひと時、整理お片付けなどをされている方も。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ