ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

一万歩コース(愛知県名古屋市姫池通 古いもの買取いたします 古美術風光舎)

2022.06.10

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

金曜日、あっという間の一週間と感じられた方も、一週間長かったなあと感じられた方も、土日も忙しいという方も、皆さまお疲れ様です。

 

私の一週間はというと..今週はあっという間な感じがします。梅雨入り前だからなのか、少し余裕のないような…そんな気分です。

 

余裕のない時は、何かに没頭するのが一番だと思っていて、ついこの間もウォーキングしてきました。

 

遠い場所まで行くのはそれだけで疲れてしまうような気がしたので、今回は簡単に東山一万歩コースを歩いてきました。14時過ぎに出発したので、ちょうど気温が一番上がる時間帯だったのですが、その日は風も少し吹いていてそれほど暑くありませんでした。

 

 

”そもそも一万歩コースって誰が決めたのだろう”とか考えながらも..今回は何も考えずにひたすら歩くことが目標だったので、とにかく歩き続けました。

森の中に入ってしまうと少し涼しくなってきて、鳥のさえずりや、葉と葉がカサカサと重なり合う音などをききながら、黙々と歩いていると、東山植物園の星ヶ丘門に到着いたしました。

 

せっかく年間パスを持っていたので(ご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので…私、春先に東山動植物園の年間パスを購入していたのです!!)植物園の中まで入り、木々を抜けますと国の重要文化財にも指定される植物温室前館が見えてきたのでそちらにも行ってきました。

 

ちなみに東山植物園の温室の説明を少しさせていただきますと、こちらの温室は現存する日本最古の公共温室であり、開園当時は「東洋一の水晶宮」と呼ばれていたそうです。

2013年から保存修理を行い、2021年4月に開園当時の姿で復元公開されたのです。

 

 

まずは、温室の正面向かって右側の部屋に入りますと、ガラス張りの明るい空間に植物が並んでいて、こちらの部屋のテーマは「香り」だそうです。

ラベンダータイムや、バニラなど実際に香っていると、とてもやさしい落ち着く香りがしました。

 

 

 

 

 

向かって左端の部屋は「多肉植物室」。

アフリカや、マダガスカルなどの様々な多肉植物が展示してあり、不思議な形をしたものが多かったです。

 

 

中へ進むと「温室後館」があり、4種類の温室が楽しめます。

 

まず入るとすぐ、ハイビスカスや、ブーゲンビレアなど色とりどりの美しい花々が出迎えてくれるサンギャラリーがあり、奥に「中南米産植物温室」、「ハワイアンハウス」、「水生植物室」、「サガロ温室」と4つの温室がありました。

 

 

 

 

ちなみに食虫植物コーナーもあり、実際に中を覗いてみると…いました…虫。

 

美しい花々や木々を観察していると、時間もあっという間に過ぎ夕方になってきたので、暗くなる前にまた元来た道を戻ろうと思ったのですが、帰り道、少し一万歩コースの中で迷子になりかけました。(笑)

 

さすがに夕方になり、カラスもたくさん鳴き始め、薄暗い森の中は怖かったです。

 

是非、気分転換したいときにはおすすめの場所ですので行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Hello everyone. This is Staff M.

Thank you to everyone who felt that it was a week on Friday, those who felt that it was a week long, and those who were busy on Saturdays and Sundays. My week is .. this week feels so quick. Maybe it’s before the rainy season, I can’t afford it … I feel like that. When I couldn’t afford it, I thought it was best to immerse myself in something, and I just walked around the other day.

 

I felt tired just to go to a distant place, so this time I easily walked the Higashiyama 10,000 steps course. I left after 14:00, so it was the time when the temperature was the highest, but it wasn’t so hot that day with a little wind. While thinking “Who decided the 10,000-step course in the first place?” .. This time, my goal was to walk without thinking, so I just kept walking. When I entered the forest, it became a little cooler, and when I walked silently while listening to the chirping of birds and the sound of the leaves overlapping with the rustling, I arrived at the Hoshigaoka Gate of the Higashiyama Botanical Garden.

 

Since I had an annual pass (maybe some of you may not know it … I bought the annual pass for Higashiyama Zoo and Botanical Garden in early spring !!), I entered the botanical garden and passed through the trees. I saw the Botanical Garden Front Building, which is designated as a national important cultural property, so I went there as well. By the way, I would like to explain a little about the greenhouse of Higashiyama Botanical Garden. This greenhouse is the oldest existing public greenhouse in Japan, and it was called “The Crystal Palace of the East” at the time of opening. It has been preserved and repaired since 2013, and was restored and opened to the public in April 2021 as it was when the park opened.

 

First of all, when you enter the room on the right side facing the front of the greenhouse, plants are lined up in a bright glass-enclosed space, and the theme of this room is “fragrance”. When I actually smelled lavender thyme and vanilla, it had a very gentle and calming scent. The room on the far left is the “succulent plant room”. Various succulent plants such as Africa and Madagascar were exhibited, and many of them had a mysterious shape. If you go inside, you will find the “Greenhouse Back Building” where you can enjoy four types of greenhouses.

 

As soon as you enter, there is a sun gallery where beautiful colorful flowers such as hibiscus and bougainvillea welcome you, and in the back there are four “Latin American plant greenhouses”, “Hawaiian house”, “aquatic plant room”, “Sagaro greenhouse” There was a greenhouse. By the way, there is also a carnivorous plant corner, and when I actually looked inside … there was … insects.

 

When I was observing beautiful flowers and trees, the time passed so quickly that it was evening, so I thought I would go back to the original road before it got dark, but on the way back, a little 10,000 steps course. I was about to get lost in the room.

It was evening, and many crows started to cry, and I was scared in the dim forest. By all means, it is a recommended place when you want to change your mood, so why not go there?

 

*********************

 

そろそろ梅雨入りをされた地域もあありでしょうか。

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ