ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

今年も折り返し地点ですね(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.06.01

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

早いもので今年も折り返し地点の頃となりました。

私の感覚では、ついこの間、年明けしたばかりだったのですが、年々時が経つのが早く感じます。

 

6月といえば、春と夏の境目で初夏となり、この頃から北海道を除く各地では梅雨の時期に入ります。

 

今年の梅雨入りは、九州~関東は平年より遅く、北陸や東北ではほぼ平年並みだそうです。

ただ、本格的な雨の季節は目前なので、大雨への備えは早めに行った方が良さそうですね。

 

ちなみに私は去年購入したお気に入りの長靴をもう玄関に準備してありますので、いつ梅雨入りしても大丈夫そうです!(笑)

 

 

 

 

さて昨日、スタッフNが今話題の映画「トップガンマーヴェリック」について熱く語っていて、私も早く観たいな...と思いながらも。

このお仕事柄トム・クルーズのご自宅のお宝について考えてしまうところ、少しおもしろくもあり、またちょっと共感してしまいました。

 

そこで私も少し映画の話を続けさせていただきます。

 

皆さまは”梅雨といえば、この映画でしょ”という思い出の作品はございますか?

私の梅雨の映画と言いますと・・・『言の葉の庭』です。

 

この映画は、「秒速5センチメートル」や「星を追う子ども」の新海誠が、原作・監督・脚本を手掛けたアニメーション作品です。

 

簡単にあらすじを説明しますと、現代の東京で男子高校生と、生きることに不器用な年上女性との淡い恋物語を描いた作品です。シーンのほとんどが雨の日で、その描写も美しく、46分と短い映画ですが、見応えもある映画となっています。

 

この映画の季節設定が”梅雨”なのですが、登場人物の心情に合わせて様々な種類の雨を描き分けられているのも見どころの1つです。

なんといっても、新海監督は綿密かつ繊細な描写がとても得意で、その美しさは観ている人の記憶や感情までも揺さぶられるような、そんな風系描写を描き出します。

 

 

また『言の葉の庭』はアニメーションだけでなく、新海監督自ら小説化し、アニメでは描かれなかった人物やエピソードを多数織り込み、小説版ならではの新たな作品世界を作り上げています。

そしてその小説では、何度も万葉集の詩が引用され、意味も小説中に書いてあるので、古典に触れることもできます。

 

古典といえば、私も少しずつ知識を深めている途中ですので、もしかしたらまた違う捉え方で楽しめるかもしれないと思うと、また観たくなってきました。

 

2日連続で映画について熱く語ってしまいましたが…今度は皆さまのおすすめの作品も教えていただきたいです。

 

 

 

 

写真は全く関係ないのですが、先日三重県にありますVISON(ヴィソン)の行った際の美しかった眺めです。

またVISONについても後日お話させていただきます。

では。

 

Hello everyone. This is Staff M.

It was early and this year was also around the turning point. In my sense, it was just the beginning of the new year, but I feel that the time has passed year by year.

 

June is the border between spring and summer, which is the beginning of summer, and from this time on, the rainy season begins in all parts of the country except Hokkaido. This year’s rainy season is later than normal in Kyushu-Kanto, and almost normal in Hokuriku and Tohoku. However, the full-scale rainy season is just around the corner, so it seems better to prepare for heavy rain early.

By the way, I already have my favorite boots I bought last year at the entrance, so it looks like it’s okay to get into the rain anytime! 

 

By the way, yesterday, Staff N was enthusiastically talking about the movie “Top Gun: Maverick”, which is a hot topic, and I want to see it soon. .. .. While thinking. When I thought about the treasure of Tom Cruise’s home, it was a little interesting and I sympathized with it. So I will continue to talk about movies for a while.

 

Do you have any memorable works that say, “The rainy season is this movie?” My rainy season movie is … “The Garden of Words”. This movie is an animation work written, directed and written by Makoto Shinkai of “5 Centimeters Per Second” and “Children Who Chase Lost Stars”.

 

To briefly explain the outline, it is a work that depicts a faint love story between a high school boy and an older woman who is clumsy to live in modern Tokyo. Most of the scenes are rainy days, and the depiction is beautiful. It is a short movie of 46 minutes, but it is also a spectacular movie. The seasonal setting of this movie is “rainy season”, but one of the highlights is that various types of rain are drawn according to the emotions of the characters. After all, Director Shinkai is very good at delicate and delicate depictions, and his beauty creates such a depiction that even the memories and emotions of the viewer are shaken.

 

In addition to animation, “The Garden of Words” is made into a novel by Director Shinkai himself, incorporating many characters and episodes that were not drawn in the animation, creating a new world of work unique to the novel version. And in that novel, the poems of Manyoshu are quoted many times, and the meaning is also written in the novel, so you can also touch the classics. Speaking of classics, I’m in the process of deepening my knowledge little by little, so I wanted to see it again when I thought that I might be able to enjoy it in a different way.

I’ve talked about movies enthusiastically for two days in a row, but this time I would like to know your recommended works.

 

*********************
風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など
様々なジャンルのものを買受しております。
お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、
どうぞお気軽にご相談下さいませ。
また風光舎は、出張買取も強化しております。
ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。
まずは、お電話お待ちしております。
愛知県名古屋市千種区・骨董 買取
『古美術 風光舎 名古屋店』
TEL 052(734)8444
10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ