ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

無謀にも修学院離宮の当日券を狙うという(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.19

皆様こんにちは、スタッフYでございます。

 

先日の友人との会話なのですが、「お天気って、旅の8割くらい気分と印象を決めるよね。」という話になりました。お天気に恵まれた旅って、それがどんな場所でも、あとからの自分の記憶はまあまあ2割増しほど印象が良く、「あそこよかったよね。」と、いうことになるのですが。

 

だったらお天気もよく気候の良い日を目掛けていけばよいでははないか、と最近逆の発想を思いつきまして。本来の衝動派と相まって、先日急に朝思い立って行ってまいりました「修学院離宮」。

 

一度訪れたことはあったのですが、その際の大変感動したことがずっと私の中では忘れられない場所でありました。訪れたのは、もちろん紅葉の美しい最高の快晴の日。ですから、また訪れる際も、ここは絶対お天気の良い日にしたいと以前から勝手に心に誓っておりました。

 

 

 

 

というわけでの突然の訪問というわけですが、さらなる突然過ぎる理由がもう一点。

 

ご存知のとおり、こちらの修学院離宮、桂離宮や京都仙洞御所と同じく宮内庁が管理しておりまして、見学は無料ですが見学の際は事前の予約申し込みが必要になります。なにせ事前予約の人数が現在は各回20名、一日2回ですので一日に合計40名。(変更する可能性もごさいますので、ご興味のございます方は、宮内庁の申し込みをご覧になってください)トップシーズンなどではやはり人気でして、3か月前からすでに抽選となり、予約で埋まってしまうという激戦でございます。

 

事前予約もなく何故に突然行こうと?。それはですね、なんと各回10名の当日券というものがございまして、無謀にもそこの枠を狙っていって行ってまいりました。

 

お天気の良い日を絶対に狙いたいという私のような人間にとっては、この10名の枠をダメもとで狙った方がよいのではということで、この10名×2回の枠を目掛けて整理券配布開始11時にあわせて、現地へ向かいます。

 

しかし、道事情がいろいろ思うようにいかず、到着はなんと11:30。ダメかな…。と、半ばあきらめていたのですが、なんと残り数枚が!。15:00スタートの回になんとか滑り込めました泣。

 

そんな修学院離宮、詳しいご説明は次回のブログにつづってまいりたいと思いますが、何故私にとって印象深いのかと申しますと、私の中ではここは「借景の極だな」と、その風景に感動しながら離宮を巡った記憶がございます。けして華美な離宮ではございません。

 

扉をくぐった途端、その扉の向こうに「ここは桃源郷か」と、錯覚するかのような景色と時間流れの中、自然と融合するかのようなさりげなくお手入れのされた山荘と庭、そして広い敷地内では附属農地として農作物をゆったりと育てていたりと、比叡山などの山々を背後にこんな世界があったのかと大変感動致しました。

 

そして、その日はもちろんぬけるような青空でありました。ここの風景と共に映えた青い空が今でも大変記憶に残っております。

 

そんな感動を季節を違えてまたいつか訪れたいと、ひそかに企て、いよいよ先日、快晴を選んで無謀にも予約券もなく訪れることになったというわけであります。

 

時間は15:00少し前になりました。

 

これから1時間30分ほどですが、職員の方の説明を聞きながら離宮内を巡ってまいりますが、写真は自由ということでしたので、皆さまと少しでも共有できたらと思いまして、次回のブログは、つたない写真ではありますが、お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

それでは門が開きましたので、行ってまいります。

 

ごきげんよう。

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

I had a conversation with a friend the other day, and he said, “The weather determines the mood and impression of about 80% of the trip.” No matter where the weather is, my memory will be about 20% more impressive, and I will say, “It was good over there.”

 

If so, I recently came up with the opposite idea that it would be best if the weather was good and the weather was good. Coupled with the original impulsive faction, the other day I suddenly came up with the idea of ​​”Shugakuin Imperial Villa”.

 

I had visited it once, but I was very impressed at that time and it was a place I will never forget. Of course, I visited the beautiful sunny day of the autumn leaves. Therefore, when I visit again, I have always vowed to have a nice day here.

 

That’s why it was a sudden visit, but there is another reason why it is too sudden.

 

As you know, the Imperial Household Agency manages the Shugakuin Imperial Villa, Katsura Imperial Villa, and Kyoto Sento Imperial Palace, so you need to apply for a reservation in advance when you visit. After all, the number of people who make advance reservations is currently 20 people each time, twice a day, so a total of 40 people. (If you are interested, please see the application of the Imperial Household Agency as it may change.) In the top season etc., it is a fierce battle that reservations are already filled from 3 months ago.

 

Why do you want to go suddenly without prior reservation? .. Well, there is a ticket for 10 people each time, and I recklessly aimed at that frame.

 

For a person like me who absolutely wants to aim for a sunny day, it is better to aim for this 10 people frame with no use, so I am aiming for this 10 people x 2 times frame We will head to the site at 11 o’clock when the numbered ticket distribution starts.

 

However, the road conditions did not go as expected, and the arrival was at 11:30. Is it not good…. I had given up halfway, but there were still a few left, and I managed to slip into the start at 15:00 and cry.

 

I will continue to explain the details of Shugakuin Imperial Villa in the next blog, but the reason why it is so impressive to me is that this is the pole of the scenery, and I was impressed by the scenery. I have a memory of visiting. It is not a gorgeous palace.

 

As soon as I passed through the door, I was wondering, “Is this the Taoyuan Township?” I was very impressed by the fact that there was such a world behind the mountains such as Mt. Hiei, as I was able to relax and grow crops as an attached farmland in the garden and on the large site.

 

And, of course, that day was a clear blue sky. The blue sky that shined with the scenery here was still very memorable.

 

I secretly planned to visit such an impression in different seasons, and finally the other day, I chose fine weather and recklessly visited without a reservation ticket.

 

The time is a little before 15:00.

It will be about 1 hour and 30 minutes from now, but I will go around the palace while listening to the explanation of the staff, but since it was said that the photos are free, I thought that I could share it with everyone, so the next blog will be It’s a photo that doesn’t show up, but I’ll tell you.

 

Now that the gate has opened, I will go.

 

 

*********************

 

爽やかなお天気が続いておりますね。お片付けなどされてる方もおおいのではないでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ