ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

お食い初め(韓国編)(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.18

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

今朝は、よく通る道の花々がいつもより美しく見えたので写真を撮ってみました。

 

 

同じ道でも、その日の気分だったり、時間によって全く見え方が違うことってありませんか。

私は、今日の運勢が最下位でしたが、この花々のおかげでとても癒されたので気持ちも少しハッピーになりました。

 

以前のブログで「お食い初め」についてお話させていただいたのですが、今回は最近、私の韓国の知人の子供が生後100日のお祝いをしたという話を聞いたので、「お食い初め(韓国編)」としてご紹介させていただきます。

 

お隣の国、韓国では日本と同じように生後100日を迎えると、感謝の意味も込めて家族や親戚、近所の方も呼んで皆でお祝いするそうです。

現在は家族や身内だけで行うことも多いようですが、生後100日を祝う習慣というのは昔から変わりません。

 

具体的にお祝いの日には、元気で長生きするよう願いが込められたチマチョゴリなどの服を着て、皆で食事をします。

そして1段または2段からなる、専用のお祝いの台座を用意し、果物や花、お餅、ケーキ、写真等を綺麗に飾りつけし、記念日を過ごします。

 

韓国ではお祝い事の際に、お餅を食べたり配ったりする習慣がありますが、生後100日のお祝いにもお餅が欠かせません。

100日のお祝いとして用意されるのは、白いお餅と小豆の粉をふったお餅の2種類が代表的です。

 

白いお餅は、神聖さや純潔さを表すものとして、長寿の意味が込められています。小豆の粉をふったお餅は、小豆色が悪い気を払うものとされています。

どちらのお餅もたくさん用意して、台座に飾ったあとは、お祝いに来てくれた人たちやご近所さんに配ったり、食べたりします。

この2種類の他にも、万物の調和を意味する5色のお餅や丈夫に育つようにという意味を込めたきな粉餅を用意する場合もあるそうです。

 

そして最近、韓国では日本も増えてきていますが、家族写真を写真館で撮る文化が浸透しています。もともと韓国には写真館がたくさんあり、節目節目で記念に写真におさめることが一般的になっているようです。

 

そして贈り物編として、韓国では赤ちゃんに「ペギルパンジ」と呼ばれる小さな金の指輪が贈られるそうです。

それこそよく知られているのが、ヨーロッパの100日の贈り物として「銀のスプーン」。中国では100日になると人生初めての剃髪を行い、剃った頭髪で「胎毛筆(たいもうふで)」と呼ばれる筆を作る習慣があります。一生に一度しか作れない貴重な筆は、とっても記念になりますよね。

 

当店にも様々な骨董品がありますが、もしかしたらこれも誰かからの大切な贈り物だったのかもしれません。そしてとっても大切にされて、今このように綺麗な形で残っているのでしょう。

そう考えると、やはり魅力があるこのお仕事です。

 

 

 

Hello everyone. This is Staff M.

This morning, the flowers on the road I often go through looked more beautiful than usual, so I took a picture.

Even on the same road, isn’t it the mood of the day or the way it looks completely different depending on the time? I had the lowest fortune today, but I was a little happy because I was so healed by these flowers.

 

 

I talked about “beginning of eating” in my previous blog, but this time I heard that my Korean acquaintance’s child celebrated 100 days after birth, so “beginning of eating (Korean edition)” ) ”.

 

In the neighboring country, South Korea, as in Japan, when we reach the 100th day of life, we will invite family members, relatives, and neighbors to celebrate with a sense of gratitude. Nowadays, it seems that it is often done only by family and relatives, but the custom of celebrating 100 days after birth has not changed from old times. Specifically, on celebration days, we all eat together, wearing clothes such as chima jeogori, which wishes to live a healthy and long life.

 

Then, prepare a special festive pedestal consisting of one or two tiers, decorate fruits, flowers, rice cakes, cakes, photos, etc. beautifully and spend the anniversary. In Korea, it is customary to eat and distribute rice cakes during celebrations, but rice cakes are indispensable for the celebration of the 100th day after birth. Two types of rice cakes, white rice cakes and rice cakes sprinkled with azuki bean powder, are typically prepared as a celebration of the 100th day. White rice cake has the meaning of longevity as an expression of sacredness and chastity.

 

Mochi sprinkled with red bean powder is said to dispel the bad color of red beans. After preparing a lot of both rice cakes and decorating them on the pedestal, we will distribute and eat them to the people and neighbors who came to the celebration. In addition to these two types, there are also cases where we prepare five-colored rice cakes, which means the harmony of all things, and kinako rice cakes, which means to grow strong.

 

And recently, in Korea, Japan is increasing, but the culture of taking family photos at photo studios is pervading. Originally, there are many photo studios in Korea, and it seems that it is common to take pictures at milestones.

 

And as a gift, in Korea, a small gold ring called “Pegil Panji” will be given to the baby. It is well known that “Silver Spoon” is a gift for 100 days in Europe. In China, it is customary to shave for the first time in life after 100 days, and to make a brush called “Taimofude” with the shaved hair. A precious brush that can only be made once in a lifetime is a very memorable one.

 

There are various antiques in our shop, but maybe this was also an important gift from someone. And it is very important, and it seems that it remains in such a beautiful shape now. With that in mind, this job is still attractive.

 

*********************

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ