ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

お店の開花情報。桃が咲きました、桜は開花間近。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.02.25

こんにちは、スタッフYでございます。

 

 

先日、桃の花と早咲きの桜の開花競争のつぶやきを致しましたところ、なんと、やはり桃の花が先に咲き始めてまいりました。東海桜のほうもうっすらピンク色の蕾が顔を覗かせておりますので、近日中に弊店では開花宣言が出せそうではあります。どちらが先に咲いても嬉しい瞬間ですね。

 

またTVでも河津桜の開花の満開の様子がながれたりしており、来月からきっと押し寄せてくる開花の情報に今からわくわくしてまいりました。ここから古美術風光舎名古屋店のブログも、各地での梅、桃、桜情報がやや多めになってくるのではと思っておりますが、これも期間限定ですのでよろしければ、お付き合いくださいませ。

 

ところで、桜まつりやお花見開催などは各所で情報が流れておりますが、それと同時に桜にちなんだ趣向をこらしたお花見やイベントや展覧会はまあまあるなと、先日気が付きました。

完全に私の趣味でピックアップしてみましたが、

その第一報は、イギリスを代表する現代作家であるダミアン・ハーストの最新作「桜」シリーズがこの春来日とのニュース。ダミアン・ハーストは1965年イギリス・ブリストル生まれ(84年からロンドン在住)の現代作家。

95年にはターナー賞受賞。これまでに2012年にはロンドンのテートモダンにて大規模回顧展となる「ダミアン・ハースト」展、ヴェネツィアのパラッツォ・グラッシおよびプンタ・デッラ・ドガーナにて2017年に「難破船アンビリーバブル号の宝物」展、21年パリのカルティエ現代美術財団で「ダミアン・ハースト 桜」展を開催し、それぞれ大きな話題を呼んでおります。

 

30年以上にわたるキャリアの中で、絵画、彫刻、インスタレーションと様々な手法を用い、芸術、宗教、科学、そして生や死といったテーマを深く考察してきたハースト。その彼の最新作の「桜」シリーズでは、19世紀のポスト印象派や20世紀のアクション・ペインティングといった西洋絵画史の成果を独自に解釈し、色彩豊かでダイナミックな風景画を完成させております。

大きなものでは縦5m、横7mを超える画面に描かれた風景は儚くも鮮やかに咲き誇る桜並木の下に身を置いたときのように、鑑賞者を幻想的な世界に誘うという圧巻の作品。

2021年、カルティエ現代美術財団にて本シリーズを世界初紹介されたのですが、その作品たちがこの春の満開の桜が咲き誇る国立新美術館に登場するという、なんと粋な開催でしょうか。国内で初めてのハーストの大規模な個展でもある本展が巡回致します。会期は3月2日〜5月23日。本展のために、なんと107点からなる「桜」のシリーズから作家自身が作品を選び、展示空間を作り上げるという予定だという個展、桜の絵画の中に身を投じてみたいですね。

 

展覧会名:ダミアン・ハースト 桜
会期:2022年3月2日〜5月23日(毎週火曜日休館 ※ただし5月3日[火・祝]は開館)
開館時間:10:00〜18:00(毎週金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで)
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)

 

 

また、東京国立博物館では、春にちなんだ企画「博物館でお花見を」を、2022年3月15日(火)から4月10日(日)まで開催。“桜”をモチーフとした日本美術作品を堪能できると、春の恒例企画「博物館でお花見を」では、本館の各展示室を会場に、絵画や陶芸品、きものなど、桜をモチーフとした日本美術の優品を紹介しております。絵画では、桜の名所・飛鳥山(渋沢栄一の邸宅がありましたよね)を三枚続の画面を使って広々と描いた鳥居清長筆《飛鳥山花見》や、桜と山吹が咲き誇る様子を意匠美豊かに表現した伝俵屋宗達筆《桜山吹図屏風》、満開の桜と春の草花に和歌を添えた尾形乾山筆《桜に春草図》など、桜を描い浮世絵などを展示。

 

また、歌をカタカナで散りばめた友禅染の小袖、江戸時代後期の京焼の名工・仁阿弥道八による代表作《色絵桜樹図透鉢》、金銀蒔絵で桜の装飾を施した《桜蒔絵硯箱》など、きものや工芸品の数々も目にすることができるるというのですから、春の準備は万端といったところでしょうか。

さらに、桜をモチーフとした美術作品と合わせて、本館北側に広がる庭園に咲き誇るさまざまな種類の桜も楽しみたいものですね。

 

展覧会名:博物館でお花見を
会期:2022年3月15日(火)~4月10日(日)
会場:東京国立博物館
住所:東京都台東区上野公園13-9
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(3月21日(月・祝)・28日(月)は開館)、3月22日(火)

 

 

それからなんとですね、先日目に留まったのが鬼滅の刃などの刀剣乱舞のコスプレのしての桜の中の撮影会。

関東最大級!『虎山弐千本桜』(埼玉県秩父郡)というイベントが。開催日は、各年の桜の開花時期にあわせていますので詳細はご確認いただきたいのですが、山に咲き誇った満開の桜の中で、各々自慢のコスプレに身を包んで撮影できるというコスプレファンの方にとっては夢の企画のようであります。きっと全国からコスプレファンが集うイベントなのでしょう。過去映像をみましたがこれが結構の圧巻でありまして、満開の桜の散る中様々なポーズをとったコスプレイヤーがなかなか絵になっておりました。

 

 

そしてここ名古屋でのイベントも見つけましたよ。

名古屋城での花見を楽しむ「名古屋城酒まつり」。提供予定時期は、3月31日〜4月8日(名古屋城 酒まつり開催期間)。

桜モチーフの限定お猪口を美濃焼の窯元に協力いただき製作していただき、名古屋城酒まつり参加キット(試飲コイン10枚、酒蔵マップ)3800円(さくらお猪口(1個)、桜スイーツ3種がつく)を購入し、桜の下でMYお猪口で桜の下で試飲会というイベント。これは、ちょっと私も大変興味が湧いてまいりました笑。

 

この限られた桜の開花期間に、桜と今年もどうやってどこでどうやって出会おうか…。毎年あれやこれや思うのでありますが、毎年状況も変わりつつづけ、(楽しく)悩み続ける私たちをよそ目に桜は今年もきっと変わらず精一杯の満開の姿を見せてくれるのでしょうね、あとひと月。心待ちにして待つとしましょう笑。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

 

Hello, this is Staff Y.

 

The other day, when I tweeted about the flowering competition between peach blossoms and early-blooming cherry blossoms, the peach blossoms started to bloom first. The pink buds of the Tokai cherry blossoms are looking into the face, so it seems that we will be able to declare flowering in the near future. It’s a happy moment no matter which one blooms first.

 

Also, on TV, you can see the full bloom of Kawazu cherry blossoms, and I am excited about the information about the flowering that will surely come from next month. From here, I think that the blog of the antique art Fukosha Nagoya store will also have a little more information on plums, peaches, and cherry blossoms in various places, but this is also for a limited time, so if you do not mind, please contact me. ..

 

By the way, information about cherry blossom festivals and cherry blossom viewing is flowing in various places, but at the same time, I noticed that there are so many cherry blossom viewings, events and exhibitions that are associated with cherry blossoms.

 

The first report is the news that Damien Hirst’s latest “Sakura” series, a leading contemporary artist in the UK, will come to Japan this spring. Damien Hirst is a contemporary writer born in Bristol, England in 1965 (living in London since 1984).

He won the Turner Prize in 1995. So far, in 2012, a large-scale retrospective exhibition “Damien Hirst” at Tate Modern in London, and in 2017 at Palazzo Grassi and Punta della Dogana in Venice, “Treasure of the Shipwreck Ambilly Bubble” The exhibition, “Damien Hirst Cherry Blossoms” exhibition was held at the Cartier Foundation for Contemporary Art in Paris in 2009, and each of them has attracted a great deal of attention.

 

During his more than 30 years of career, Hurst has used painting, sculpture, installations and various techniques to delve into the themes of art, religion, science, and life and death. His latest “Sakura” series uniquely interprets the achievements of Western painting history, such as 19th century Post-Impressionism and 20th century action painting, to complete colorful and dynamic landscape paintings. ..

The landscape drawn on the screen, which is 5m long and 7m wide, is a masterpiece that invites the viewer to a fantastic world, like when you put yourself under a row of cherry blossom trees that are in full bloom.

In 2021, the Cartier Foundation for Contemporary Art introduced this series for the first time in the world, and how stylish it is that the works will appear at the National Art Center, Tokyo, where the cherry blossoms are in full bloom this spring. This exhibition, which is also the first large-scale solo exhibition of Patrol in Japan, will be traveling. The session is from March 2nd to May 23rd. For this exhibition, I would like to put myself in the painting of Sakura, a solo exhibition in which the artist himself selects works from the 107-piece “Sakura” series and plans to create an exhibition space.

 

Exhibition name: Damien Hirst Sakura
Dates: March 2nd to May 23rd, 2022 (closed every Tuesday * but open on May 3rd (Tuesday / holiday))
Opening hours: 10:00 to 18:00 (every Friday and Saturday until 20:00 * Admission is 30 minutes before closing)
Venue: The National Art Center, Tokyo Special Exhibition Room 2E (Roppongi, Tokyo)

 

 

 

In addition, the Tokyo National Museum will hold a spring-related project, “Ohanami at the Museum,” from March 15th (Tuesday) to April 10th (Sunday), 2022. If you can enjoy Japanese art works with “cherry blossoms” as a motif, in the annual spring project “Cherry Blossom Viewing at the Museum”, Japan with cherry blossoms as a motif, such as paintings, ceramics, and kimono, will be held in each exhibition room of the main building. Introducing the finest works of art. In the paintings, Kiyonaga Torii’s “Asukayama Hanami”, which depicts the famous cherry blossom spot, Asukayama (there was Eiichi Shibusawa’s mansion) on a three-sheet screen, and the appearance of cherry blossoms and Yamabuki in full bloom are designed. Ukiyo-e paintings depicting cherry blossoms are exhibited, such as the beautifully expressed Denwaraya Sotatsu’s “Sakurayama Fukizu” and the Ogata Inuiyama’s “Sakura to Harusouzu” with Japanese poems added to the cherry blossoms in full bloom and spring flowers.

 

In addition, there are kimonos such as Yuzen-dyed kosode with songs studded with katakana, masterpiece “Color picture cherry tree figure transparent bowl” by Kyo ware master craftsman Ninnami Dohachi in the late Edo period, and “Sakura lacquer lacquer box” decorated with cherry blossoms with gold and silver lacquer work. You can also see a lot of crafts and crafts, so I think you are ready for spring.

In addition to the works of art with cherry blossoms as a motif, you also want to enjoy various types of cherry blossoms that are in full bloom in the garden on the north side of the main building.

 

Exhibition name: Cherry-blossom viewing at the museum
Date: March 15th (Tuesday) -April 10th (Sunday), 2022
Venue: Tokyo National Museum
Address: 13-9 Ueno Park, Taito-ku, Tokyo
Opening hours: 9: 30-17: 00 (admission is 30 minutes before closing)
Closed: Monday (Monday, March 21st and Monday, March 28th, open), March 22nd (Tuesday)

 

After that, the other day I stayed at a photo session in the cherry blossoms with a cosplay of Touken Ranbu such as Kimetsu no Yaiba.

Kanto’s largest! An event called “Torayama 2 Senbonzakura” (Chichibu District, Saitama Prefecture). A photo session in full bloom in full bloom, dressed in cosplay that we are proud of. I’m sure it’s an event where cosplay fans from all over the country gather. I saw the past video, but this is quite a masterpiece, and the cosplayers who took various poses while the cherry blossoms in full bloom are scattered are quite picturesque.

 

And I also found an event here in Nagoya.

“Nagoya Castle Sake Festival” to enjoy cherry blossom viewing at Nagoya Castle. Scheduled to be offered from March 31st to April 8th (Nagoya Castle Sake Festival).

A limited-edition choko with a cherry blossom motif was produced with the cooperation of the Mino ware kiln, and the Nagoya Castle Sake Festival participation kit (10 tasting coins, sake brewery map) 3800 yen (Sakura choko (1), 3 types of cherry sweets Tsuku) is purchased, and an event called a tasting party under the cherry blossoms at MY Inoguchi under the cherry blossoms. This is a little interesting to me too lol.

 

How, where and how do you meet the cherry blossoms this year during this limited flowering period? I think about this and that every year, but the situation is changing every year, and the cherry blossoms will surely show their full bloom this year as well, looking at us who continue to worry (fun). Let’s wait for a month and wait lol.

 

Well then, good luck.

 

 

**********************

 

まだまだ寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ