ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

訪れたかったです永青文庫(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.02.23

みなさま、こんにちは。スタッフYです。

 

このところの状況下でやはり都内へいくことは、なかなかかなわず、がっかりしておりましたら、いつもの東京支部(家族です)から、可哀そうに思ってくれたのか写真を送ってきてくれました。

 

 

 

今回訪れたのははなかなかの通の美術館でありまして、それゆえに絶対に訪れたかったのですが、これまたかなわず。そちらが、永青文庫であります。

 

簡単にご説明いたしますね。

都内目白界隈は昔からの武家屋敷の名残が諸所あり、現在もその跡地に大学やホテルや研究機関やはたまた政財界の名だたる方のお屋敷があったりと当時の面影を垣間見ることができます。

 

永青文庫は、今は遠き武蔵野の面影を止める目白台の一画に、江戸時代から戦後にかけて所在した広大な細川家の屋敷跡の一隅にある小さな美術館なのでありますが、やはりそのコレクションたるやなかなかのものがございます。

 

東京には財閥、財界の一族のコレクションの美術館も結構あるのですが、こちらは武家の細川家のコレクションが江戸の細川家の武家屋敷跡地の目白に永青文庫として保存そして展示をしております。

 

 

 

 

 

 

 

細川家は室町幕府三管領の一つとして武門の誉高い家柄で、現在の細川家は藤孝(幽斎)を初代として戦国時代に始まります。武人藤孝は優れた歌人・国文学者として、また、信長の雑賀征伐に弱冠15歳で初陣し先駆けの功に輝いた忠興(三斎)は千利休の高弟の一人としても名高く、その室・明智光秀の娘玉は波乱の戦国時代を清冽に生きた武将の妻として、キリスト者としてガラシャの洗礼名をうけたことは歴史でお勉強致しましたよね。

 

そんな代々文武両道にすぐれた細川家は、多くの戦功を挙げて、3代忠利のとき肥後熊本五十四万石を与えられ、強力な外様大名として幕末に至りました。

 

そして、この家に伝来する歴史資料や美術品等の文化財を管理保存・研究し、一般に公開しているのが永青文庫であります。ここには欧州貴族にも優る七百年余の細川家の伝統が静かに息づいているのですが、こちらの細川氏、世界中を学者を同行させてコレクション行脚の旅を行っていたというのですから、静かどころかなかなかの活発なコレクターではないか。いやはや、当時はいかに世界の逸品をコレクションすることが上流階級のステイタスだったということでしょう。

 

コレクションも日本の物からヨーロッパ中近東と様々な国のものがあり、こちらのコレクション動物モチーフの物や細工が可愛らしいコレクションが多かったとの東京支部からの感想でありました。名家のコレクションにも訪れるとよくわかるのですが、何かしらコレクションする方の趣味や特徴が出ておりますよね。こちらの細川氏のコレクションは、よく拝見するとこれは面白い、すごいくないかといった、細やかなものがお好きだったようですね。

 

そのような中、永青文庫は昭和25年、斯界に著名な侯爵16代護立公によって、細川家に伝来する文化財の散逸を防ぐ目的で財団法人として設立されました。その名称は藤孝の養家の始祖細川頼有以後8代の菩提寺である京都建仁寺塔頭永源庵の「永」と藤孝の居城青龍寺城の「青」の二字をとって護立公が名付けたものでして、細川家の伝統を継承し、護り、誇りとするに相応しい名称と言えましょうか。

 

昭和47年から一般公開を始め、翌48年に博物館法による登録博物館となり現在に至っています。因に現在の建物は旧細川侯爵家の家政所(事務所)として昭和初期に建設されたものですので、元藩主細川家から旧細川侯爵家へと時代が移り変わった様子も感じ取れます。

 

所蔵品は護立公と17代護貞氏から寄付を受けたものであり、毎年テーマをかえて美術工芸品を中心に公開展示し、もちろん故郷熊本県立美術館にても年数回にわたり展示しているようです。また、熊本大学附属図書館に藩政資料等の古文書・典籍類を、慶應義塾大学附属研究所 斯道文庫に漢籍を、東洋文庫以前ご紹介いたしましたね)に欧州で刊行された東洋学研究書(コルディエ文庫)をそれぞれ寄託し、各界の研究にも役立ているようです。

 

そんな永青文庫位置ですが、前に東京カテドラル教会お隣が椿山荘と閑静な地区の中にひっそりと入り口がございます。とても国宝8件、重要文化財34件をふくむ、およそ6,000点の美術工芸品と88,000点の歴史文書を所蔵しているとは建屋から想像もつきませんが、驚きの所蔵品の多さ。

 

その永青文庫の収蔵品の代名詞ともいえますのが、

国宝 金銀錯猟銃文鏡 (中国・戦国時代  径17.5)

 

 

白銅質の鏡面と青銅製の鏡背から成る鏡。
鏡背には、三つの怪獣渦文の間に禽・獣・狩猟の文様が象嵌されており、中でも、剣を手にした馬上の人物と虎の極めて写実的な表現から「狩猟文鏡」と名づけられたようです。
河南省洛陽の金村古墳から出土。戦国時代に流行した、金属に模様を刻んで金・銀などをはめ込む技法(金銀錯)による鏡の最も優れた作例であり、世界的に「細川ミラー」の名で知られております。

 

今回は、この展示期間であったのですが、やむなく断念。ただただ訪れた本人に、感想を聞くのみでありました。

 

そしてお伝えしましたようにこの永青文庫の前には、東京カテドラル教会が。こちらは以前丹下健三展で模型にてご紹介いたしました東京カテドラル教会でありますが、ご参考までに前回の模型の写真も復活で掲載しておきますね。

 

 

 

 

からの、椿山荘の煙を眺めるというコースだったようです。TVロケでよく登場いたしますよね。

 

 

 

東京観光としては、地味ではありますが、幕末から明治期に入った日本の武家屋敷のその後の姿を静かに体感できるスポットとして個人的にはお気に入りですのではあります。内緒にしておきたいスポットではあるのですが、東京の名所や観光はひとしきりし尽くしたなという方でしたら是非訪れてほしい地区でございます。

 

それでは ごきげんよう。

 

 

Hello everyone. This is Staff Y.

It was difficult to go to Tokyo under these circumstances, and if I was disappointed, the usual Tokyo branch (my family) sent me a photo of how pitiful I was.

 

This time I visited a museum that is quite familiar, so I definitely wanted to visit it, but I couldn’t do it again. That is Eisei Bunko. I will explain briefly.

In the Mejiro area of ​​Tokyo, there are various remnants of samurai residences from ancient times, and even now, you can get a glimpse of the remnants of those days, such as universities, hotels, research institutes, and residences of famous people in the political and business world. I’m sorry.

 

Eisei Bunko is a small museum located in the corner of the vast Hosokawa clan’s mansion, which was located in the Mejirodai area from the Edo period to the postwar period. There is one.

There are quite a few museums in Tokyo that have collections of conglomerates and clan of the business world, but here, the collection of the Hosokawa clan of the samurai is preserved and exhibited as the Eisei Bunko in Mejiro, the site of the samurai residence of the Hosokawa clan in Edo. We are here.

The Hosokawa clan is one of the three territories of the Muromachi Shogunate, and is a prestigious

family of the Buke. Tadaoki (Sansai), who was a pioneer in the battle for Nobunaga’s conquest of Saiga at the age of 15, is famous as one of Sen no Rikyu’s high-ranking younger brothers.・ You learned from history that Akechi Mitsuhide’s daughter, Tadaoki, was baptized as a Christian as the wife of a military commander who lived in the turbulent Warring States period.

The Hosokawa clan, who excels in both Bunbu and Budo for generations, was given Higo Kumamoto 540,000 stones when he was the third Tadatoshi, and reached the end of the Tokugawa shogunate as a powerful Tozama Daimyo.

 

The Eisei Bunko, which manages, preserves and researches cultural properties such as historical materials and works of art that have been handed down to this house, and is open to the public, is 700 years old, which is superior to European aristocrats. The tradition of the Hosokawa family is still alive. It seems that he was collecting items from various countries from Japanese items.

 

Under such circumstances, Eisei Bunko was established in 1950 as a foundation to prevent the dissipation of cultural properties transmitted to the Hosokawa clan by the 16th Marquis of the Marquis. The name was taken from the two characters “Ei” of Kyoto Kenninji Tower Eigen-an, which is the 8th generation of the Bodhisattva Temple after Hosokawa Fujitaka, the founder of Fujitaka’s foster family, and “Blue” of Fujitaka’s residence, Seiryuji Castle. Is it a name that is suitable for inheriting, protecting, and taking pride in the tradition of the Hosokawa family?

 

It was opened to the public in 1972, and in 1948, it became a registered museum under the Museum Act and continues to this day. By the way, the current building was built in the early Showa period as a household affairs office (office) of the former Hosokawa Marquis, so you can feel that the times have changed from the former feudal lord Hosokawa family to the former Hosokawa Marquis family.

 

The collection is donated by Moritatsu Hosokawa and Mr. Morisada 17th, and it seems that the theme is changed every year and the arts and crafts are exhibited mainly, and of course, it is exhibited several times a year at the Kumamoto Prefectural Museum of Art. is. In addition, we introduced ancient documents and books such as feudal affairs materials to the Kumamoto University Library, and Chinese books to the Keio University Research Institute Sodo Bunko before the Toyo Bunko). It seems that (Cordie Bunko) has been deposited and is useful for research in various fields.

 

Eisei Bunko holds about 6,000 arts and crafts and 88,000 historical documents, including 8 national treasures and 34 important cultural properties, and there are many collections that cannot be imagined from the building. ..

 

It can be said that Eisei Bunko is synonymous with that.

National treasure gold and silver hunting gun mirror (China, Warring States period, diameter 17.5)

A mirror consisting of a cupronickel mirror surface and a bronze mirror back.
On the back of the mirror, patterns of birds, beasts, and hunting are inlaid between the three monster swirls. It seems that it was named.
Excavated from the Kanamura Tumulus in Luoyang, Henan Province. It is the best example of a mirror made by carving a pattern on metal and fitting gold, silver, etc. (gold-silver complex), which was popular during the Warring States period, and is known worldwide as “Hosokawa Mirror”.

 

This time, it was during this exhibition period, but I had to give up. Just ask the person who visited you for their impressions.

 

And, in front of this Eisei Bunko, there is the Tokyo Cathedral Church, which was also introduced as a model at the Kenzo Tange exhibition. For your reference, I will post the photo of the previous model in the resurrection.

 

It seems that it was a course to look at the smoke of Tsubaki Sanso.

 

Although it is sober for sightseeing in Tokyo, I personally like it as a spot where you can quietly experience the aftermath of the Japanese samurai residence that entered the Meiji era from the end of the Edo period, so it is also a spot that I want to keep secret.

 

 

**********************

 

まだまだ寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ