ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

秋の長雨、季節は少しずつ移ろっていますね。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2021.09.03

皆さまこんにちは、スタッフYです。

 

 

本日、ここ名古屋は朝からどんよりしたお天気。出勤途中から小雨がちらついてもきました。皆様の地区のお天気はいかがでしょうか。

わたくしは、先日から夜には秋の虫たちが鳴き出し、朝も幾分すごしやすく目が覚めることができました。やはり、季節は少しずつ秋にむかってるようで、少しほっとした9月を迎えております。

 

天気予報によると、このお天気は、秋の長雨に入ったということ。

いつだったか、梅雨についてブログを投稿いたしましたが、今日は別の記事を投稿しようと思っていたのですが、朝、お店へきて秋の長雨、秋雨について書きたくなり、急遽変更。

 

秋の長雨、こちらも素敵な呼び方が数々あり、秋霖(しゅうりん)、秋雨(あきさめ)、すすき梅雨、秋湿り、秋入梅(秋黴雨)(あきついり)などともよばれたりも致します。イメージとしてはしとしとと静かに降るイメージが浮かんできますよね。

 

秋の長雨は、梅雨入り宣言のように、はっきりと気象庁が発表することはありません。

梅雨は昔から田植えとかの農作業と深い関連があったので、梅雨入り宣言や梅雨明け宣言があったようですが、秋雨の頃にはもうイネもかなり育っているので、あまり関係ないようです。また、秋雨前線は梅雨前線に比べて秋雨前線は規模が小さく、勢いも小さいので「宣言」をだす必要性がなかったからでしょうか。天気予報の予報文でも「曇りや雨の日が多いというあいまいな表現がされる程度です。天気予報の解説では「秋雨」という言葉が使われるようですね。しかし、秋は台風も多発…。

 

 

 

 

そんな折、先日ニュースで知ったのですが、東日本では,太平洋高気圧が後退することにより、北東の冷たい空気が流れ込みやすくなるので、秋雨前線の活動が活発になり、雨量が多くなる傾向にとのニュースが。

 

このため、梅雨期の雨と秋雨期の雨を比べると、西日本では梅雨期の雨の方が多いのですが、東日本では台風も相まって秋雨期のほうが雨量が多くなるらしいとのこと。東日本は梅雨より秋雨の方が降水量が多いとは、意外や意外でしたね。

 

たしかに、秋雨前線が日本付近に停滞している時に台風が南海上から北上してくる場合は、梅雨前線のときと同様に、台風のまわりの湿った暖かい空気が前線の活動を活発にし、特に大雨となったりもあったりもすることを鑑みますと、そのような感じがしてきましたし、データー的にもそう出ているようです。

 

降水量でいうと、秋雨の方が多いとのことですが、梅雨の時期が長いせいか、印象がついているせいか、6月のカレンダーは雨交じりの写真だっり、子どもたちの描く絵画はみんなてるてる坊主か、傘をさした絵だったりと、私たちの中では、イメージは「6月は雨の季節」と、固定しておりますよね。ところが、てるてる坊主はむしろ、東日本に限っては、秋のカレンダーだったのか…。まぁ、イメージはイメージ。

 

いずれにしても、ここしばらくは日本に秋雨前線が停滞し、秋の長雨らしい雨となりそうとのことです。そこに、毎年の事ながらこの時期は、暑いのか?寒いのか?のせめぎ合いが始まります。

 

かく言うわたくしはと言いますと、朝、お天気予報をみて、着るものを何度も変えてみたり、肌寒さ対策のカーディガンなどを鞄に忍ばせてみたり、この移ろいゆく時期の対策はまぁ忙しく迷走します。そして、何十年もこれを繰り返してはいるはずなのに、毎年「去年、何着てたっけ?」の、決まり文句を吐くというルーティーン。きっと、いつまでも学習することなく、これを来年もやってるんだろうなと思うと、我ながら呆れてきます。

 

このような感じで、今年は、この秋の長雨のお陰で、季節の移ろいがわかりやすかったので、次なる季節への気持ちの切り替えはつきやすく、心なしか秋への期待もありつつ雨ではありますが、清々しい気持ちで9月を迎えております。

 

ただ、先だっての夏の豪雨のような甚大な被害が、秋の台風などで出ることのないようにとだけは、切に願うばかりですね。

 

 

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

Today, the weather here in Nagoya has been overcast since the morning. Light rain flickers from the middle of my commute. How is the weather in your area? Rather, the autumn insects started crying from the other day to the night, and I was able to wake up a little easier in the morning. After all, the season seems to be gradually approaching autumn, and we are approaching September, which is a little relieved.

 

However, according to the weather forecast, this weather has entered a long autumn rain.

One day, I posted a blog about the rainy season, but today I was thinking of posting another article, but in the morning I came to the store and wanted to write about the long rain in autumn, so I changed it in a hurry.

 

It is also called autumn long rain, autumn rain, autumn rainy season, pampas grass rainy season, autumn dampness, autumn rainy season (autumn rainy season), etc. .. Unlike the declaration of the rainy season, the Japan Meteorological Agency does not announce it clearly.

Since the rainy season has long been closely related to rice planting and other agricultural work, it seems that there were declarations of entering the rainy season and the end of the rainy season, but by the time of the autumn rain, rice has already grown considerably, so it does not seem to have much to do with it. Also, because the autumn rain front is smaller and has less momentum than the Baiu front, is it because there was no need to make a “declaration”? Even in the forecast text of the weather forecast, there is only an ambiguous expression that “there are many cloudy and rainy days.” It seems that the word “autumn rain” is used in the explanation of the weather forecast. However, typhoons occur frequently in autumn.

 

Well, as I learned from the news the other day, in eastern Japan, the retreat of the Pacific High makes it easier for the cold air in the northeast to flow in, so the activity of the autumn rain front tends to become more active and the amount of rainfall tends to increase. For this reason, when comparing the rainy season rain with the rainy season rain, it seems that the rainy season rains more in western Japan, but in eastern Japan, the rainfall is heavier in the autumn rainy season due to the typhoon. It was surprising that autumn rain has more rainfall than rainy season in eastern Japan.

Also, if a typhoon moves north from the South Sea when the autumn rain front is stagnant near Japan, the moist and warm air around the typhoon activates the activity of the front, especially as in the case of the Baiu front. Considering that it may rain heavily, it certainly feels like that, and it seems that it is also in the data.

 

Maybe because the word “rainy season” has been used for a long time in June-July, the calendar is a picture with rain, and the paintings drawn by the children are all teru teru bozu or a picture with an umbrella. In our case, the image is certainly fixed as “rain”, but rather, was it the picture on the autumn calendar in eastern Japan? Well, the image is an image.

 

In any case, the autumn rain front has stagnated in Japan for a while, and it seems that it will be a long rain in autumn, so is it hot? Is it cold? The battle will begin.

 

As for me, in the morning, I look at the weather forecast, change what I wear many times, put a cardigan for chills in my bag, and so on. Stray And even though he should have been repeating this for decades, every year he vomits a cliché, “What did you wear last year?” I’m sure I’ll be doing this next year without learning forever.

 

With this kind of feeling, this year, thanks to the long rain of this autumn, it was easy to understand the change of seasons, so it is easy to switch feelings to the next season, and it is raining with expectations for autumn. There is, but we are welcoming September with a refreshing feeling.

 

However, I just hope that the heavy rains in summer will not cause great damage due to typhoons in autumn.

 

 

 

**********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ