ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

おうちで楽しめますように(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.07.22

 

上の画像に写っております器は、明治期の伊万里・六角大平皿__

菊の花や御所車の車輪の紋様などが描かれており、縁起が良いとされています。

お正月やお祝い事、季節行事のお料理などを盛り付けると、存在感のあるこのお皿がより華を添えてくれそうですね。

染付青磁の色合いが夏向きでもあると思い、ここ風光舎のすぐお隣「ロンドンカップケーキ」さんのカップケーキとパシャリ。

このようにザ・洋菓子との異文化コラボでもよく合います。

そしてイギリスといえば、アフタヌーンティーの習慣でしょうか。

イギリスの方たちの1日は紅茶とともにある_皆さまもよくご存じのことかと思います。

今は日本でもカフェやホテルのラウンジでのアフタヌーンティーが人気で、召し上がる時間よりもその可愛さをスマホに収める方に時間を掛けていらっしゃる方が多かったりして⁈

海外へ行けない時世でも、世界中のスイーツが味わえるのは気分を上げてくれます。

本場イギリスでは、朝起きてすぐにベッドの中で飲む紅茶をアーリーモーニングティーと言ったり、午前11時頃のちょっとした休憩に飲む紅茶はイレブンジズと呼ばれたり、飲む時間帯によって細かく呼び名が分けられているようです。

したがってアフタヌーンティーとは、午後4時頃に来客があり、ケーキやサンドウィッチ、スコーンといった軽食とともに紅茶を飲みながら楽しむという社交の場のことを言います。

ちなみに英国王室で用意されるサンドウィッチの形は、(日本では普通にありますが)四角形では柩の形に似ていて縁起がわるいという理由から、必ず角が落とされ八角形になっているとのこと。

アンティークのテーブルやミラーは八角形のものを見つけることが多いですが、サンドウィッチまで縁起のいいものに変えるとはさすがの徹底ぶりです。

ならば最初に述べた伊万里の六角皿なら、2角足りませんが大目に見て取り入れてくれるでしょうか笑。

 

The vessel shown in the image above is the Imari hexagonal flat plate in the Meiji era __

Chrysanthemum flowers and patterns on the wheels of the Gosho cart are drawn, and it is said to be auspicious.

If you serve dishes for New Year’s, celebrations, and seasonal events, this plate with a strong presence will add more glamor.

I think that the color of the dyed celadon is also suitable for summer, so the cupcakes and sushi rice of “London Cupcake” right next to Fukosha.

In this way, it goes well with cross-cultural collaboration with The Western Confectionery.

And speaking of England, is it the custom of afternoon tea?

The British people have a day with tea _ I think you all know well.

Afternoon tea in cafes and hotel lounges is now popular in Japan as well, and many people spend more time putting their cuteness on their smartphones than eating it.

Even when you can’t go abroad, you can enjoy sweets from all over the world.

In the UK, the tea you drink in bed immediately after waking up in the morning is called early morning tea, and the tea you drink for a short break around 11:00 am is called elevenges. It seems.

Therefore, afternoon tea is a social place where visitors come around 4 pm and enjoy drinking tea with light meals such as cakes, sandwiches, and scones.

By the way, the shape of the sandwich prepared by the British royal family is always octagonal with the corners dropped because it is similar to the shape of a coffin in a quadrangle (although it is common in Japan) and it is unlucky. ..

I often find octagonal antique tables and mirrors, but it’s a good idea to change sandwiches to auspicious ones.

Then, the Imari hexagonal plate I mentioned at the beginning is not enough for two squares, but will you take it in with a big deal?

 

 

お隣のロンドンカップケーキさんを見るといつも連想するのが、映画「マリー・アントワネット」(2006年)に出てくるパステルカラーのスイーツの数々です。

日本のお菓子ではあまり見かけない可愛い色合いが映えて、特に若い方たちに人気なのでしょう。

もっぱら、映画「マリーアントワネット」に登場するのですから、ロンドンカップケーキではなく、ラデュレのマカロンやルリジューズと呼ばれるスイーツなのですが…。

この映画は10年以上前に一度観たきりなのですが、それでも印象に残り、映画を象徴する冒頭シーンとなっているのが夢の世界のようなこぼれんばかりの美しいケーキの数々だと思います。

これぞ女子!と言わんばかりの帽子や扇、華奢な靴などの小物たちもパステルカラーの洪水だったと記憶しています。

残念ながら映画の内容自体は、アントワネットのイメージがまたも崩されたとの非難を浴びたようで…。

史実に基づいた作品というより、ひとつの娯楽として楽しむよう作られた意図があったのかもしれません。

 

Whenever I see the London Cupcake next door, I always associate the pastel-colored sweets from the movie “Marie-Antoinette” (2006).

The cute colors that are rarely seen in Japanese sweets shine, and it is especially popular with young people.

Since it appears exclusively in the movie “Marie Antoinette”, it’s not a London cupcake, but a dessert called Ladurée’s macaroons or Le Rejuze.

I only watched this movie more than 10 years ago, but it still left an impression on me, and I think that the opening scene that symbolizes the movie is a number of beautiful cakes that are spilling like a dream world. I will.

This is a girl! I remember that small items such as hats, fans, and delicate shoes were flooded in pastel colors.

Unfortunately, the content of the movie itself seems to have been criticized for destroying the image of Antoinette again …

It may have been intended to be enjoyed as an entertainment rather than a historical work.

 

 

カップケーキひとつから始まった今日の個人的空想トリップですが、イギリスからドーバー海峡を越えてフランスへ__

美術品がお好きな方、フランスといえばやはりルーヴル美術館でしょうか。

以前は人の波が有名で、一度では堪能しきれないので何度も訪れたくなる…魅了される名作が溢れる美術館ですが、今はおうち美術館で楽しむときです。

前にも紹介したかもしれませんが、ルーヴル美術館公式サイトを是非のぞいてみてください。

(今は一瞬で翻訳してくれるので身近に感じられ、ありがたいですね。)

おうちにいながらバーチャルツアーなど、いろいろな形で作品を楽しめるよう工夫されているので、ちょっとルーヴルの雰囲気をチャージしたい時にはいいかもしれません。

Podcastでの説明(物語)などもありますが、こちらはフランス語のみの配信のようなので、いくつかの単語しか知らないスタッフ I 、こういう時に悔やまれます泣。

 

ルーヴル美術館から派生し、いくつもの賞を受賞されている漫画家・荒木飛呂彦さんの超人気代表作『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの中に「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」(2011年)という作品があります。

ルーヴル美術館とフランスの出版社・フュチュロポリス社が2005年より実施してきたBD(バンド・デシネ)プロジェクトの第5弾として発表された荒木氏の初のフルカラー漫画作品であります。

(バンド・デシネとは、“第9の芸術”とも呼ばれ、フランス語圏で広く読まれる芸術性の高いストーリー漫画のことで、北米のアメコミなどとはちょっと性質が異なるようです)

ルーヴルからお声がかかるということは、荒木先生の作品はもはや芸術の域と捉えられている証拠でしょう。

独特の作風が年代を全く感じさせず、現代っ子たちからも支持されているのは秀逸な作品だけが成せるわざかと思います。

我が家のまだ大人ではない家族のひとりがノベライズ作品も含め”大人買い”するほどハマるジョジョの世界観。

この企画はBDという切り口を通して、より広くルーヴルの魅力を伝えようというプロジェクトだったとのことで、日本文化の偉業がさらに世界へ広がったことになりますね。

漫画はおうちでもどこでもすぐ手に取れるエンターテイメントかと思います。

真夏の暑い日でも、クリックひとつでスイーツでも漫画本でもなんでも自宅に届けてくれる有難いシステム。

工夫次第でちょっとした海外気分も味わえるかと…。

しかしここまで来たら、今年は何といってもTOKYOですね!会場での応援は叶わなくても、好きなものでいっぱい囲んで今夏の一大イベント”おうち観戦”を盛り上げたいです。

熱中症対策を十分なうえ、みなさまどうぞお身体ご自愛くださいませ。

 

Staff I

 

Today’s personal fantasy trip that started with one cupcake, but from England across the Strait of Dover to France __

For those who like art, France is probably the Louvre Museum.

In the past, the wave of people was famous, and I couldn’t fully enjoy it at one time, so I wanted to visit it many times … It’s a museum full of fascinating masterpieces, but now it’s time to enjoy it at my house museum.

As I mentioned before, please take a look at the official website of the Louvre Museum.

(Now, it translates in an instant, so I’m grateful that it feels familiar to me.)

It is devised so that you can enjoy the work in various ways such as virtual tours while staying at home, so it may be good when you want to charge the atmosphere of the Louvre a little.

There is also an explanation (story) on the podcast, but this seems to be delivered only in French, so Staff I, who knows only a few words, regrets at such times.

 

There is a work called “Going to the Louvre with Rohan Kishibe” (2011) in the super popular masterpiece “JoJo’s Bizarre Adventure” series by Hirohiko Araki, a cartoonist who has been derived from the Louvre Museum and has won several awards. ..

This is Mr. Araki’s first full-color manga work announced as the fifth BD (Bande dessinée) project carried out by the Louvre Museum and the French publisher Futuropolis since 2005.

(Bande dessinée, also known as the “9th art,” is a highly artistic story manga that is widely read in the French-speaking world, and seems to be a little different from the American comics in North America.)

The fact that the Louvre calls out is proof that Dr. Araki’s work is no longer regarded as a realm of art.

His unique style does not make you feel the age at all, and I think that it is only excellent works that are supported by modern children.

Jojo’s world view is so addictive that one of my family members who are not yet adults buys “adults” including novelized works.

It is said that this project was a project to convey the charm of the Louvre more widely through the perspective of BD, which means that the feat of Japanese culture has spread to the world.

I think manga is an entertainment that you can easily get at home or anywhere.

Even on a hot summer day, a system that delivers sweets, comic books, and anything else to your home with a single click.

I wonder if I can enjoy a little overseas feeling depending on my ingenuity.

However, if you come this far, this year is TOKYO! Even if the support at the venue does not come true, I would like to enliven the big event “House watching” this summer by surrounding it with something I like.

Please take sufficient measures against heat stroke and love yourself.

 

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方もいらっしゃると思います。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ