ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

刈谷のSAへお野菜を買いに行くという笑。(愛知県千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2021.07.07

こんにちは、スタッフYです。

こちら名古屋も激しい雨が降り始めてきました。

まずは、熱海市伊豆山地区の皆さまにおかれましては、心よりお見舞い申し上げます。災害に遭われた方の心中をお察しいたしますと大変辛く、現在安否不明の方々のご無事を祈るばかりです。また、梅雨末期に入り、線状降水帯が停滞している地区の皆さま、各地区の今後の情報に注意してお過ごしくださいませ。

 

 

このところの長雨でお野菜の高騰が気になるところですが、トウモロコシの食べ比べにはまっております(そろそろ旬も終わりでしょうか)。朝どれははずせない、とやか、去年ここで買ったピュアホワイトがたしか美味しかったとか、ささやかな沼にハマっており、「そうだ、あそこまだチェックしてなかったわ。」と、先日、まあまあご近所へ野菜を買いに行ったわけです。

 

 

そう、「刈谷ハイウェイオアシス」まで。

 

先日の写真は悪天候のため、爽快な観覧車の写真とはいきませんでしたが、ご参考までに掲載致しました。今にも、雨が降りそうな天候ですね。

 

こちらの刈谷ハイウェイオアシス、ご存じの方もいらっしゃると思われますが、高速道路からも一般道路からもアクセス可能なレジャーエリアでありまして、伊勢湾岸自動車道の刈谷PAと岩ケ池公園が隣接する人気複合施設が多数揃っている一大エリアでございます。高速道路を利用される方は、ご存じではないでしょうか。伊勢湾湾岸自動車道を走らせていますと、観覧車が遠くに見えてきまして、観覧車が目印。そうこちらのSA、なんと観覧車がございます。まだ乗ったことはないのですが。

 

SAに立ち寄りますと、エリアの中はとても広く、東海地方の人気店が集結するフードコートや東海地方の名品が揃うおみやげコーナー、地元の取れたて新鮮野菜が揃う産直市場、地下1200mから湧き出される天然温泉など施設も充実。観覧車やゴーカートなどのアトラクションもあり1日楽しめ、高速道路と一般道路の両方から入場できる利便性の良さも魅力的でして、ドライブスポット情報や雑誌にはよく掲載されております。

 

テレビや雑誌などにも取り上げられた「デラックストイレ」は、女性用トイレの床は絨毯張りで、フラワーアレンジメントの装飾などもあり、豪華な装い。ソファーセットもあり、SAのトイレにしてはゆっくりとくつろげる空間となっていまして、なんだか不思議ですがまぁいいでしょう。

 

他にもお伝えしたい情報はたくさんあるのですが、これだけは必須。岩ケ池公園内のメリーゴランドやゴーカートなどアトラクションはなんと、50円~100円で楽しめ、また大型複合遊具など無料で楽しめるとのこと。遊具が充実していることは、お子さん連れのファミリーには有名でして、週末などにはお子さん連れの方でいっぱいになるのですが、本日は悪天候そして、平日ということもあり空いておりましたので、乗り物乗りたいちびっ子、チャンスでしたよ。

 

 

(何もない平原に突如メリーゴーランドが)

 

 

また、夏場は足元から噴き出す小噴水や霧状のミスト噴水が涼し気な空間を演出し、お子さんも安全に遊ぶことができる「じゃぶじゃぶミスト噴水」でも楽しむことができます。昨日も小さなお子さんが早速ミストに大はしゃぎしておりました。(じゃぶじゃぶミスト噴水運転期間:4月~10月)その向こう側に、2019年の春に「ちびっこ広場」が新登場し、無料で遊べるとあり大人気のエリアがさらに拡大されました。

広場内のテント広場は人工芝が敷き詰められているので寝転がったり、遊んだり、お弁当を食べたりとのんびりした空間を満喫できます。ご近所の方ですと、ここで遊んだ記憶のあるお子さんは多いのではないのかな。

 

で、私はといいますと、お野菜を調達しにこちらのSAまでやってまいりました。地味な目的ではありますが、(トウモロコシが)気になって仕方なかったので、お1人様にて参戦。週末は駐車場待ちがあるのを知っていたので、あえて平日にずらしたのですが、結構な買い物の人で賑わっているではないですか笑。

地元の農家さんの搬入されたお野菜、お魚、お肉や地域の特産品などがあり結構な売り場面積そして品揃えなので、ご近所の方はよく利用されているでしょうから想定内ではありましたが。

はたまた、わざわざお遠方から高速を使って、お子さんと遊びにこられ、そのまま食事をしていったり、ついでに市場で買い物していったりして一日中過ごす方も居られます。高速、一般道両方からの乗り入れがありますので、ことに週末の渋滞はまあ致し方ありませんね。

 

 

(こちらは、高速道からの方のためのパーキング)

 

昨日も、フードコートには、若い大学生のお友だちメンバーで高速ドライブだったのしょうか、楽しそうに珈琲のオーダー待ちをしているグループや、ラーメンを食べている家族連れや、とまあ、老若男女問わず楽しめるスポット。でも、SAの中ですので高速下りなくていいんですよ。便利ですね。高速で移動される皆さま、一度寄り道、いや、立ち寄りしてみてもよいお薦めスポットですので、是非どうぞ。

 

ということで、無事トウモロコシを手に入れることができ、にわか取材までもできましたので、私はこれにて帰路につきます。

 

 

 

Hello, this is Staff Y.

It’s starting to rain heavily here in Nagoya as well.

First of all, I would like to express my deepest sympathies to everyone in the Izusan area of ​​Atami City. It is very painful to take a look at the hearts of those who have suffered a disaster, and I just pray for the safety of those who are currently uncertain. Also, please pay attention to the future information of each district, if you are in the district where the linear rain zone is stagnant at the end of the rainy season.

 

I’m worried about the soaring prices of vegetables due to the long rains these days, but recently I’ve been addicted to eating corn. I’m addicted to the small swamp, such as which one shouldn’t be in the morning, or the pure white I bought here last year was delicious. “Yes, I haven’t checked it over there yet,” said the other day, so I went to a neighborhood to buy vegetables.

 

Yes, until “Kariya Highway Oasis”.

Today’s photo did not look like a refreshing Ferris wheel photo due to bad weather, but I have posted it for your reference. It’s going to rain at any moment.

As some of you may know, this Kariya Highway Oasis is a leisure area that can be accessed from both highways and general roads. It is a large area with many popular complex facilities adjacent to Kariya PA on the Isewangan Expressway and Iwagaike Park. Do you know those who use the highway? When you drive on the Isewangan Expressway, you can see the Ferris wheel in the distance. The Ferris wheel is a landmark. Yes, there is this SA Ferris wheel. I haven’t got on it yet.

When you stop by SA, the area is very large, and the food court where popular shops in the Tokai region are gathered, the souvenir corner where you can find the specialties of the Tokai region, the direct market where you can find fresh local vegetables, and 1200m underground. Facilities such as natural hot springs are also substantial. There are attractions such as a Ferris wheel and a go-kart, so you can enjoy it all day long, and the convenience of being able to enter from both the highway and the general road is attractive, and it is often published in drive spot information and magazines.

 

The “Deluxe Toilet”, which has been featured on TV and magazines, has a luxurious look with carpeted floors for women’s toilets and decorations for flower arrangements. There is also a sofa set, which makes it a relaxing space for an SA toilet, which is strange, but it’s okay.

There is a lot of other information I would like to share, but this is essential. It is famous for families with children that attractions such as merry-go-round and go-karts in Iwagaike Park can be enjoyed for 50 to 100 yen, large compound play equipment can be enjoyed for free, and there are plenty of play equipment. It is full of people with children on weekends, but today was a bad weather and it was a weekday, so it was a chance for the little child to ride.

(Suddenly a merry-go-round on an empty plain)

 

Also, in the summer, the small fountain that spouts from your feet and the mist-like mist fountain create a cool space, and you can enjoy it at the “Jabujabu Mist Fountain” where children can play safely. Yesterday, a small child was flirting with the mist. (Jabujabu Mist Fountain Operation Period: April-October) On the other side, “Chibikko Square” will be newly introduced in the spring of 2019, and it is very popular because it can be played for free. The tent plaza is covered with artificial turf, so you can lie down, play, eat lunch, and enjoy a relaxing space. I think there are many children in the neighborhood who remember playing here.

So, staff Y says, to procure vegetables. It’s a simple purpose, but I couldn’t help but be worried about (corn), so I ran the car by myself. I knew that there was a parking lot waiting on weekends, so I dared to shift it on weekdays, but it seems that it is crowded with a lot of shoppers lol. There are vegetables, fish, meat and local specialties brought in by local farmers, and the sales floor area is quite large, so it is used by the neighbors. There are also people who come all the way from afar to play with their children, eat as they are, or shop at the market all day long. There are both highways and general roads, so there is no choice but to deal with traffic jams on weekends.

(This is parking for people from the highway)

Yesterday, at the food court, maybe it was a high-speed drive with a friend member of a young college student, a group happily waiting for an order for coffee, a family eating ramen, and so on. A spot that can be enjoyed by both men and women. But since it’s in SA, you don’t have to go down at high speed. It’s convenient. If you are traveling at high speed, this is a recommended spot that you can take a detour, no, stop by.

I was able to get the corn safely, and I finished the interview, so I’m on my way home.

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

10: 00-17: 00 OPEN

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ