ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ワイン、地上から宇宙まで(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.06.22

 

皆さまは、おうち時間で楽しまれていることはおありでしょうか。

スタッフ I 、先日お店でふと手にしたワイン…当たりでした!

素人の私は、ワインの種類が多すぎて、なにを選んだらよいものか迷うこと多々あります。

(迷うのも好きな時間ではありますが…)

いつも、好きな産地・お店の方のおすすめ・あとはジャケ買いに頼る(これが1番多い⁈)がほとんどです笑。

それこそラベルやボトルデザインも豊富で感心してしまいます。

ラベルがお洒落なワインは総じて中身のレベルも高いと聞いたことがありますが、ホームパーティーなどでワインの持ち寄りがあった場合にはセンスが問われるので、ラベルデザインがクリエイティブっぽいものを選んでおけば間違いないでしょうか笑。

 

肝心な、今回当たりだったというものはスペインの白ワイン「チャコリ・プリモ・サラウツ」という名前です。

スペインはブドウの栽培面積が世界1位、ワイン生産量世界3位という巨大ワイン生産地の一つであります。

スペイン全土でワインが造られていますが、赤ワインは「リオハ」、カヴァ(スパークリングワイン)は「ペネデス」が有名な産地とされています。

その中でも今回選んだものは、スペイン屈指の美食の地・バスク地方で造られたもの。

海の影響を受けたミネラル感溢れる産地「リアス・バイシャス」、内陸部屈指の人気を誇る”ベルデホ”の産地「ルエダ」とともに、白ワインの銘醸地と呼ばれているようです。

私は初めてこの名前を知ったのですが、このワインは「チャレッロ」というブドウ品種が使われているとのこと。

チャレッロ(Xarello)とは、パレリャーダ・マカベオと並んでカヴァ生産の三大主要品種として知られており、60%以上がスペインが誇るカヴァに使用されている品種のことだそうです。

(名前にある”チャコリ”は、「オンダラビ・スリ」というブドウ品種を使用が主要とのこと。)

キレのよい酸味とレモンやライムなどの香りが特徴とのことで、納得です。

私はハイボールにもスライスしたライムを入れて飲まないと物足りないので、このワインの味を当たりと感じたのも当然でしょうか。

ほのかにプチプチと感じる微発泡さは、プチプチとストレスも消してくれます笑。

いやいや、夏らしく爽やかな気分にしてくれます。

この安うまワイン、今夏はリピート決定でございます!

皆さまももし見つけたら、一度お試ししてみてください。

 

Have you ever enjoyed your time at home?

Staff I, the wine I got at the store the other day .it was a hit!

As an amateur, there are so many types of wine that I often wonder what to choose.

(Although I like to get lost .)

Most of the time, I usually buy it from my favorite production area, recommended by the shop, and buy jackets (this is the most⁈) lol.

That’s what impresses me with the abundance of labels and bottle designs.

I’ve heard that wines with stylish labels generally have a high level of content, but if you bring wine at a home party etc., your sense will be asked, so choose one with a creative label design. Is it correct?

 

The important thing that was hit this time is the name of the Spanish white wine “Txakoli Primo Zarautz”.

Spain is one of the largest wine producing regions in the world with the largest grape cultivation area and the third largest wine production in the world.

Wine is made all over Spain, but red wine is famous for “Rioja” and Cava (sparkling wine) is famous for “Penedes”.

Among them, the one I chose this time was made in the Basque Country, one of the best gastronomy areas in Spain.

It seems that it is called a famous white wine brewery along with “Rias Baixas”, a production area full of minerals influenced by the sea, and “Rueda”, a production area of ​​”Verdejo”, which is one of the most popular inland areas.

I first learned this name, but it is said that this wine uses a grape variety called “Xarello”.

Xarello is known as one of the three major varieties of Cava production along with Parellada Macabeo, and it is said that more than 60% of the varieties are used in Cava, which Spain is proud of.

(The name “Txakoli” mainly uses the grape variety “Hondarrabi Zuri”.)

I am convinced that it has a sharp acidity and aromas such as lemon and lime.

I’m not satisfied unless I put sliced ​​lime in the highball and drink it, so it’s natural that I felt the taste of this wine was a hit.

The slight foaming that feels like bubble wrap will eliminate bubble wrap and stress lol.

No, it makes me feel refreshed like summer.

This cheap horse wine will be repeated this summer!

If you find one, please give it a try.

 

 

話し変わりまして、一昨日のスタッフ Y ブログにて綴られていました、宇宙エピソード。

ワインも宇宙滞在を経験し、無事帰還した話しをご存じでしょうか。

”米競売大手クリスティーズがプライベートセールで販売しているフランス・ボルドー産ワイン、2000年の「ペトリュス」が、この世の物とは思えない味がしたら、国際宇宙ステーション(ISS)で14か月熟成されたからに違いない”と先月発表されていた記事です。

このペトリュスとは、欧州のスタートアップ「スペース・カーゴ・アンリミテッド」が、宇宙空間で飲食物がどのように成熟するかを調査する研究の一環で、宇宙に送り込んだ12本のうちの1本とのことです。

ワインは440日近くを宇宙で過ごし、今年1月に米宇宙開発企業スペースXの補給船ドラゴンで地球に戻ってきたそう。

ボルドーのワイン研究所で行われた試験によると、12本のワインは”準備や輸送、ISSでの保管などの全ての制約に問題なく耐えた”と判断されたようです。

文字通り、はるか宇宙の彼方では面白い研究がたくさんなされているのですね。

宇宙に行ったワインと行かなかった同等のワインのブラインドテイスティングも実施され、「色や香り、味の構成に著しい違い」が認められたと発表されています。

クリスティーズは、宇宙に行ったワインは「複雑な味を評価され、素晴らしいワインだと認められた」としており、その売却価格、なんと平均的な1本750mlのワインとしては過去最高の1000万ドル(約1億900万円)に達すると予想しているとのこと。

金額まで宇宙に届きそうな桁数です。宇宙熟成ワイン、恐るべしですね。

ちなみにワイン1本のこれまでの最高額は、2018年に競売大手サザビーズで販売されたブルゴーニュ産ロマネコンティの55万8000ドル(約6100万円)とのこと。

これを手にした方、なんとも言えないおうち時間が過ごせそうです。

 

By the way, the space episode that was spelled out on the staff Y blog the day before yesterday.

Did you know that Wine also experienced a stay in space and returned safely?

“Petrus, a 2000 Bordeaux wine sold on a private sale by Christie’s, a major US auctioneer, is aged for 14 months at the International Space Station (ISS) if it tastes unbelievable. It must have been because of this, ”was announced last month.

This Petrus is one of the 12 bottles sent into space by European startup Space Cargo Unlimited as part of a study investigating how food and drink mature in outer space. That is.

Wine spent nearly 440 days in space and returned to Earth in January this year on the US space development company SpaceX’s supply ship Dragon.

According to a test conducted at the Bordeaux Wine Institute, 12 bottles of wine were judged to have “sufficiently withstood all restrictions such as preparation, transportation and storage on the ISS”.

Literally, a lot of interesting research is being done far beyond the universe.

Blind tastings of wines that went to space and those that did not go to space were also conducted, and it was announced that “significant differences in color, aroma, and taste composition” were recognized.

Christie’s said that the wines that went to space were “valued for their complex taste and recognized as great wines,” and their selling price was a record $ 10 million for an average 750ml bottle ($ 10 million). It is expected to reach about 109 million yen).

It is the number of digits that is likely to reach the universe up to the amount. Space-aged wine is terrifying.

By the way, the highest price of a bottle of wine so far is $ 558,000 (about 61 million yen) of Romanée-Conti from Burgundy sold at Sotheby’s, a major auctioneer in 2018.

If you have this, you can spend your time at home.

 

******************************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方もいらっしゃると思います。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ