ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ボードゲームが流行ってますよね。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋)店

2021.06.23

こんにちは、スタッフYです。

 

 

巣ごもり生活も年単位となりましたが、皆さまいろいろとお家時間を工夫されて上手に過ごされていることと思われます。旅行にも随分行ってないですし、海外旅行なんていつになったら行けるようになるのだろうか、早く自由に旅行に行ってみたいですね。私だったら、そう、ロンドンとかロンドンとか…。この巣ごもり生活やブログを綴っているうちに、妄想美術館巡りや勝手に名所観光大使になったりして、予習だけはかなりばっちりな状態になっているのは確かなのですが。

 

もし、大英博物館などにこの予習が出来た状態で今訪れることが出来たのなら、昔のように「あの展示物をスルーしてしまった!」などということもなかったでしょうし、他の名所も眺め方が違い、もう少し大事に大切に旅を味わえたかなと思えます。いつか行ける日がおとづれたのなら、その時は本当に有難く旅をしたいものですね。

 

ですが、私のように、ロンドンとかロンドンとかいきたいなぁと思って、もやもやしている皆さま、朗報です。今すぐにロンドンを訪れて市内を駆け巡ることがでるというんです。そう、ボードゲームの「スコットランドヤード」で。

 

 

 

 

とまぁ、強引な勧誘ですが、最近ボードゲームが老若男女問わず流行っておりまして、ボードゲームカフェなるものも、そここにオープンしておりますよね。中には、ご自分でボードゲームを作成する方強者もみえます。といいましても、このスコットランドヤード、ボードゲーム界隈でもまあまあ古い方に入りまして、1983年にドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)を受賞したりとなかなかのゲームであります。

 

 

それでは、ロンドンへ行きたくてもやもやしている皆さま、「スコットヤード」でのロンドン疑似体験のための準備を致しましょう。

 

その前に、本来の「スコットランドヤード」とは何だという話ですが、スコットランドヤード( Scotland Yard) は、イギリスの首都ロンドンのほぼ全域を管轄する警察組織、ロンドン警視庁 (Metropolitan Police Service, MPS) の本部を指す換喩(メトニム)である。公式にはニュースコットランドヤード (New Scotland Yard) というとのこと。この名称は、ロンドン警視庁本部の初代庁舎がホワイトホール・プレイス4番地に所在していた頃、その裏口がグレート・スコットランドヤードという通りに面していたことに由来するのですが、この裏口はロンドン警察への一般入口になり、時を経て、この通りの名がロンドン警視庁と同義となったわけです。

日本の刑事ドラマで「はい、桜田門です。」と刑事が電話に出ますよね、警視庁を「桜田門」と呼びますが、それはスコットランドヤードと同じようなノリの通称の呼び名といったところでしょうか。

 

「スコットランドヤード」の意味がわかりますと、ゲームの内容はうっすらわかってきたのではないでしょうか。

舞台はロンドン、市街地に潜む怪盗Xとそれを追う刑事たちが縦横無尽に駆け巡るという、ペーパー式バーチャル刑事もしくは追われる怪盗の体験のできるゲームなのです。

1人は怪盗Xとしてゲームボードに示されたゲームボード上のどこかに潜伏し、いろいろな乗り物を使って市内を移動していき、他のプレーヤーは刑事として怪盗Xを追います。怪盗Xから示された移動手段などをヒントに、怪盗Xのいると思われる位置を考えて居場所を突き止めます。こうして逃げ切った場合は怪盗X側の勝ち、途中で刑事の誰かが怪盗Xを捕まえた場合は刑事側の勝ちとなるというのが大まかなルール。

 

この捕物帳の舞台がリアルのロンドンということで、本来ならば真面目に推理して怪盗Xの居場所を突き止めなければならないのですが、「折角ロンドンに来たのだから、大英博物館は行っときたいな。」とか「バッキンガム宮殿で記念撮影はしなくては。」とか「ビッグベンはインスタにあげないとね。」とかふざけた刑事になってしまうこともあり、怪盗Xの居所をなかなか突き止めることができなくなることも。

 

移動手段には、タクシーとバス、地下鉄があり、チケットを使用して移動しますので、。刑事側が使ったチケットは怪盗X側に渡るので、怪盗X側が移動手段に困ることはあまりありません。逆に刑事側はチケットが有限のため、後半になるにつれ移動先が制限されていきます。また、怪盗X側には専用の船という移動手段もあります。私は、テムズ川クルーズは移動距離も稼げますし、何より妄想で乗ってみたいので必ず使う交通手段ではありますが、開示時に怪盗Xがとんでもなく離れたところにいる恐れもあるというハイリスキーな交通手段でもあります。

 

 

怪盗Xが移動した情報は基本的には開示されませんが、24回のターンのうち5回だけ居場所を公開する必要があります。移動手段と居場所情報を頼りに、刑事側は怪盗Xを追い詰めていくことになります。

刑事が置いたコマの場所に怪盗Xがいる場合、逮捕となって刑事側プレーヤーが勝利します。24回のターンを凌ぎきって捕まらなかった場合は怪盗Xプレーヤーが勝利するという、時間勝負の戦い。

 

居場所を突き止める推理力とヒントから導き出される心理戦が物をいう1対多の対戦ゲームですので、刑事側のメンバー何人かで結託して推理するのも良し、少人数で刑事コマを複数使ってプレイするのも良しなので、いろいろな楽しみ方ができます。移動した内容を怪盗Xが控えているので、捕まらずに怪盗Xが逃げ切った時には、刑事役メンバーの反省会が始まり、それが結構楽しいところでもあります。

 

その際、刑事役スタッフYの不要不急なテムズ川クルーズがメンバーにばれ、「はて?」と問われることが。その際は、「船に乗ってみたかった…。」と、申し訳なさそうに素直に伝えることも。他の刑事メンバーの方、その節はチームの輪を乱し大変反省しております。

 

このスコットランドヤード、スイス編(日本で入手不可能)トウキョウ編も出ております。スイスでも刑事になりたいものですね。

 

Hello, this is Staff Y.

 

I have been living in a nest on a yearly basis, but I think that everyone is spending their time well by devising their home time. I haven’t traveled a lot, and I wonder when I’ll be able to travel abroad, so I’d like to go on a trip as soon as possible. For me, yes, London or London … While writing this nesting life and blog, I’m sure that the preparations are in a pretty perfect state, such as visiting the delusional museum and becoming a tourist attraction ambassador without permission.

If I could visit the British Museum now with this preparation done, I wouldn’t have said “I’ve passed through that exhibit!” Like in the past, and other things. The view of the famous places is different, so I think I was able to enjoy the trip with a little more care. If the day you can go is over, then you really want to travel.

However, good news for everyone like me who wants to go to London or London. You can visit London right away and run around the city. Yes, in the board game “Scotland Yard”.

 

Well, it’s a forcible solicitation, but recently board games have become popular regardless of age or gender, and a board game cafe is also open here. Some of them are strong people who create their own board games. Even so, it’s a pretty game, such as being in the old Scotland Yard and board game area and winning the German Annual Game Awards (Spiel des Jahres) in 1983.

 

If you’re wondering if you want to go to London, let’s get ready for a simulated London experience at Scotland Yard.

Before that, what is the original “Scotland Yard”? The Scotland Yard is the headquarters of the Metropolitan Police Service (MPS), a police organization that has jurisdiction over almost the entire area of ​​London, the capital of the United Kingdom. It is a metonymy that refers to. Officially, it’s called New Scotland Yard. The name comes from the fact that the back door of the Metropolitan Police Headquarters was located at 4 White Hall Place, and its back door faced the Great Scotland Yard. It became a general entrance to the police, and over time, the name of this street became synonymous with the Metropolitan Police Department. In a Japanese police drama, the detective answers the phone saying “Yes, it’s Sakuradamon.” The Metropolitan Police Department is called “Sakuradamon,” but is that the common name for Nori, similar to Scotland Yard?

If you understand the meaning of “Scotland Yard”, you may have come to understand the contents of the game.

The stage is London, a game where you can experience a paper-type virtual detective or a chased phantom thief, in which the phantom thief X lurking in the city and the detectives chasing it run around endlessly.
One hides somewhere on the game board shown on the game board as Phantom Thief X, travels through the city using various vehicles, and the other player chases Phantom Thief X as a detective. Using the means of transportation indicated by Kaito X as a hint, think about the position where Kaito X seems to be and locate it. The general rule is that if you escape in this way, the phantom thief X wins, and if someone catches the phantom thief X on the way, the detective wins.

Since the stage of this catch book is real London, I have to guess first and find out the whereabouts of Kaito X, but “I came to London, so I want to go to the British Museum. “.” Or “I have to take a commemorative photo at Buckingham Palace.” Or “I have to give Big Ben to Insta.” It may disappear.

There are taxis, buses, and subways as means of transportation, and you can use your ticket to move. Since the ticket used by the detective side goes to the phantom thief X side, the phantom thief X side does not have much trouble with transportation. On the other hand, the detective side has a finite number of tickets, so the destination will be restricted in the second half. In addition, there is also a means of transportation called a dedicated ship on the Phantom Thief X side. I can earn a long distance on the Thames cruise, and above all, I want to ride with delusions, so it is a means of transportation that I always use, but at the time of disclosure, Phantom Thief X may be ridiculously far away, which is a high risky means of transportation. But there is also.

 

The information that Kaito X has moved is basically not disclosed, but you need to disclose your whereabouts only 5 times out of 24 turns. The detective side will hunt down Kaito X, relying on the means of transportation and whereabouts information.

If there is a phantom thief X in the place of the piece placed by the detective, it will be arrested and the detective player will win. A time-based battle in which the Phantom Thief X player wins if he is not caught after surpassing 24 turns.

It’s a one-to-many battle game where the psychological warfare derived from the reasoning power and hints to find out where you are is a one-to-many battle game, so it is good to collude with some members of the detective side and make inferences, using multiple criminal pieces with a small number of people It’s good to play, so you can enjoy it in various ways. Since Kaito X is refraining from the moved contents, when Kaito X escapes without being caught, a reflection meeting of the detective members starts, which is also quite fun.

At that time, an unnecessary and unurgent Thames river cruise of detective staff Y was exposed to the members and asked “Hate?”. I’m sorry to say, “I wanted to get on the boat …”. For other detective members, that section disturbs the circle of the team and I am very sorry.

 

This Scotland Yard, Swiss edition (not available in Japan) Tokyo edition is also available. I want to be a detective in Switzerland as well.

 

***********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

10: 00-17: 00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ