ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ベストセラーの裏側(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.04.27

 

皆さま、こんにちは。

巷では、米ロサンゼルスで行われたアカデミー賞の授賞式が話題のひとつでしょうか。

大御所アンソニー・ホプキンスが『羊たちの沈黙』以来、2度目のオスカー受賞。

83歳での主演男優賞受賞は史上最高齢の快挙とのことですが、今回のハプニングから察するに、ご本人は気にも留めていなかったご様子。

(予想されていなかったので⁈本人は欠席、名誉ある受賞に誰も壇上に登場することなく突然の幕切れだったとのこと)

他にも中国出身のクロエ・ジャオ監督がアジア系女性監督では史上初の受賞や、韓国出身の俳優がこちらも史上初の演技賞受賞の快挙ということでアジアの勢いが話題になっていますね。

当然コロナ禍での開催とあっては会場や進行など様々な構成変更をしなければなりませんし、従来とは違う形ではなおさら予期せぬ出来事は起こるものですね。

時には政治や社会問題を持ち込まれ何かと話題をさらうアカデミー賞ですが、私は純粋に作品を楽しみたいなと吞気なことを思ってしまいます。

 

先日、スタッフ I は1年以上前に公開された『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(2019)を鑑賞。

フランス・ベルギー合作のスリラー映画でありますが、ダン・ブラウン原作の小説『ロバート・ラングトン』シリーズの4作目『インフェルノ』出版の際、海賊行為と違法流出を恐れた出版元が著者ブラウンの同意のもと、各国の翻訳家を地下室に隔離して翻訳を行ったとの実話をベースにしている__ミステリーさが興味をかき立てられる内容なんです。

(ダン・ブラウン作品の多くは日本だと越前敏弥氏が翻訳を担当されていることが多いですが、越前氏も果たしてその境遇に置かれていた⁈とはちょっと考えられませんが…う~ん、そこは定かではありません)

もちろんそんな出版秘話を知る由もなく、私は一読者としてその推理にわくわくしながら『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズを読破していました。

まずこの映画を観ると、日本と海外とでは翻訳という職業はちょっとリスペクト具合が違うことがわかります。

欧米では翻訳家の名前がクレジットされないことも多いようです。

一方日本では、必ずというほど翻訳家の略歴も名前とともに載っていますよね。

現に、文豪・潤一郎さん(スヌーピーと仲間たちの「ピーナッツ」の翻訳は有名ですね)や、ユーモア小説を機知に溢れた翻訳で楽しませてくれる森村たまきさん、モンゴメリ作品のファンなら知らない方はいない「赤毛のアン」シリーズの翻訳家・村岡花子さんなど、日本が誇る名翻訳家はたくさんいらっしゃいます。

翻訳家さんによって、そのお話の持つ印象まで変わってくるのでとても重要だなと私は思っているのですが…

 

そして、超人気作品が世に出される陰には、

”HBO(アメリカのケーブルテレビ放送局)はハッカーたちによって「ゲーム・オブ・スローンズ」を脅かされたと、サイバー攻撃があったことを認めている”

”金を支払わなければ、作品をオンラインで公開するとディズニーを脅迫した”

などといった様々な犯罪に巻き込まれる事案がいくつもあるようです。

やはり金銭の支払いを拒めないという場合が必ず起こっているのですね…

ハッカーさんたち、そんなに天才ならもっと他のことに労力を費やせばいいのにといつも思いますが…

全てをかけエンターテインメントを創作する方々を思うと悔しすぎます(泣)

 

ちょっと重くなってしまったので明るい方へシフトして、この映画の監督はヒット作『タイピスト!』のレジス・ロワンサル。

そして音楽担当はこれまた日本が誇る作曲家・三宅純氏であります。

(『人間失格 太宰治と3人の女たち』のサントラもこの方)

スタイリッシュな全編の音楽がミステリー感を格上げしています。

 

なにはともあれ、個人的に翻訳家というお仕事をされている方、尊敬です。

一時期、全巻を繰り返し読むほどハリポタ狂であった我が子に、ハリーポッターの洋書が欲しいと言われ、逆翻訳戦法で英語の学習かぁと親としては喜んで早々に取り寄せてみたものの、はて、新品のまま一年以上飾ってある次第です。笑

期待したのも束の間、いやいや子供らしい予想通りの反応です。

日本人向けにわかりやすく、ぐいぐい引き込ませてくれる日本語訳、世界を広げてもらって本当にありがたいです。

原文を自分なりの解釈で読めたらさぞ面白いだろうとは思うのですが、私もまだまだ勉強不足…(汗)

今回の連休はもっぱら英語漬けで追い込んでみようかと思ったのも一瞬。

休みの日こそ頭を解放したくなるまだまだ甘い自分でした。笑

(風光舎は連休中も営業しております。お電話お待ちしております。)

 

Hello everyone.

Is the award ceremony of the Academy Awards held in Los Angeles, USA one of the topics in the streets?

Anthony Hopkins, the mogul, won the Oscar for the second time since “The Silence of the Lambs”.

It is said that winning the leading actor award at the age of 83 is the oldest achievement in history, but from this happening, it seems that he did not even notice.

(Because it was not expected,⁈ he was absent, and it was a sudden end without anyone appearing on the stage for the prestigious award)

In addition, the momentum of Asia has been talked about because director Chloe Zhao from China won the first Asian female director’s award, and the actor from South Korea also won the first acting award in history. ..

Of course, when the event is held in Corona, we have to make various structural changes such as the venue and progress, and even more unexpected events will occur in a different way than before.

Sometimes it’s an Academy Award that brings in political and social issues and gets a lot of attention, but I’m sick of purely wanting to enjoy the work.

 

The other day, Staff I watched “The Translators Captive Best Sellers” (2019), which was released over a year ago.

It is a thriller movie co-produced by France and Belgium, but when the fourth work “Inferno” of the novel “Robert Langdon” series based on Dan Brown was published, the publisher who feared piracy and illegal leakage agreed with the author Brown. Originally, the content is interesting because it is based on the true story that translators from each country were isolated in the basement and translated.

(Most of Dan Brown’s works are translated by Toshiya Echizen in Japan, but I can’t think that Mr. Echizen was in that situation too … Hmm, I’m not sure there)

Of course, without knowing such a secret story of publication, as a reader, I was excited about the reasoning and read through the “Da Vinci Code” series.

First of all, when you watch this movie, you can see that the profession of translation is a little different between Japan and overseas.

In Europe and the United States, translators’ names are often not credited.

On the other hand, in Japan, the biography of translators is almost always included with their names.

In fact, literary master Junichiro (the translation of Snoopy and his friends’ “peanuts” is famous), Tamaki Morimura who entertains humorous fiction with witty translations, and those who are fans of Montgomery’s work do not know. There are many famous translators that Japan is proud of, such as Hanako Muraoka, a translator of the “Akage no Anne” series.

I think it’s very important because the impression of the story changes depending on the translator .

 

And in the shadow of the super popular works being released to the world,

“HBO (American cable television station) admits that there was a cyberattack, saying that hackers threatened the” Game of Thrones “.”

“If you don’t pay, you threatened Disney to publish your work online.”

It seems that there are many cases involved in various crimes such as.

After all, there are always cases where you do not refuse to pay money .

Hackers, I always think that if you’re such a genius, you should spend more effort on other things .

It’s too regrettable to think of people who put everything into creating entertainment (crying)

 

It got a little heavier, so I shifted to the brighter side, and the director of this movie was the hit movie “Typist! 』Regis Roinsal.

And the musician is Jun Miyake, another Japanese composer.

(This is also the soundtrack to “No Longer Human Osamu Dazai and the Three Women”)

The stylish full-length music enhances the mystery.

 

Anyway, I personally respect my job as a translator.

For a while, my child, who was so crazy about reading the whole volume repeatedly, was told that he wanted a foreign book of Harry Potter, and as a parent I was happy to order it as soon as possible as a parent learning English with reverse translation tactics. , It depends on having been displayed as new for over a year. Lol

What I expected was a fleeting, no, childish, expected reaction.

I think it would be interesting if I could read the original text in my own way, but I’m still lacking in study . (sweat)

For a moment, I thought I’d try to drive in English during the Golden Week holidays.

I was still sweet when I wanted to release my head on my days off. Lol

(Fukosha is open even during consecutive holidays. We look forward to your call.)

 

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方もいらっしゃると思います。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are organizing important items as their lifestyle changes.

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ