ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

『忘筌』(ぼうせん)(愛知県名古屋市千種区 古美術風光舎 骨董買取)

2021.04.26

『得魚忘筌』(とくぎょぼうせん)

先日の茶道のお稽古場にかかっていた掛軸の言葉です。

 

うおを得えてせんわする」と訓読します。

四字熟語として調べると_

「魚を捕ると使っていた道具のことを忘れる」という意味で、

目的を達すると、その嬉しさで、それまでに役立ったものを顧みなくなることの喩え。

恩を受けて報いることを忘れるという意味でも用いる。_と出てきます。
 

しかしながら、禅語として読み解くときは、逆とも取れる解釈がなされます。


 
中国の古典、『荘子』外物篇より_がいぶつへん

 

せんうお
所以ゆえん、魚を得て筌を忘る。ていうさぎに在る
所以、兎を得て蹄を忘る。げんは意に在る所以、

意を得て言を忘る。

われいづくにか忘言ぼうげんの人を得て、

れとともに言わんや。

 

川に仕掛ける筌は、魚をとるための道具であり、

魚をとってしまえば、もはや用のないもの。

また、言葉や文字は、意、即ち心のあり方を説明する手段道具でしかないはずなのに、

言葉や文字を余りに重用しすぎて、「意」をないがしろにしている……

あくまでも筌は魚をとるための道具であり、

言は意を伝える手段でしかない。
 
「何が目的で、何が手段なのか、間違いのないように注意せよ」というわけです。

 

 
このお軸を前にしてスタッフTの心に中に浮かんできたのは、

京都・大徳寺にある孤篷庵こほうあんの茶室「忘筌ぼうせん」。

小堀遠州の名付けた茶室と言われています。

小堀遠州は茶人としては古田織部に就いて研鑚し、遠州流の開祖といわれるほどになります。

晩年に至っては作事奉行、造園奉行として各地に名園名建築を残した人物でもあります。
「綺麗さび」といわれる風致は、都会的な雰囲気の中で、もの静かな優雅を表現する所に特徴があり、

特に茶室の建築には、その家風がしのばれます。

大徳寺の龍光庵の密庵みつたん、南禅寺金地院の八窓の席、などが特に有名です。
後に徳川家光の茶道指南にもなったので名声が高まりますが、

正保四年(一六四七)

 

きのふといひけふとくらしてなすことも なき身のゆめのさむるあけぼの

 
と辞世の句を残して六十九年の生涯を閉じ、自らが開基となった孤篷庵に葬られます。
遠州は大切な茶室を「忘筌」と命名して、目的と手段を取り違えることなく、

茶道の原点に返る事を教えたのではないでしょうか。

 

茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて飲むばかりなる事を知るべし
                           千利休

 

 

実はもう一つ!お軸を前にして閃いたフレーズがあるんです。

ブルース・リーの映画の中の_

そう、あの有名な “Don’t think. Feeeel !” (←Feelじゃなくて、ここは敢えてFeeeee!で ^^)

「考えるな。感じろ!」ってヤツです。

 
そして、その後にこそ本当に大切な言葉が続くんですよね。

“ It’s like a finger pointing away to the moon.

Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.”

「それは月を指差すようなものだ。その月を示す指を見つめるのではなく、

指で示された月こそが目的である栄光なんだ」_といったところでしょうか。

    月=目標・結果・ゴール
    指=手段       

 
そこに到達するためには考えに考え抜かなければならないでしょう。

それさえも忘れるほどの境地に辿り着け!ということだと解釈してます。


 

自己の茶道歴を振り返ってみると…もう何も考えなくても

自然に出来るようになったことも、ある…一応あるんですよ。

でも基本の袱紗捌きは今一度、特訓中。

(以前の別の流派の作法が出てきてしまうんですね。

ある意味、手が覚えてしまって、無意識に出てくるんですが。

使い分けられるようにならないと...;)

今日もまだまだ手段に囚われて、

なかなか目的に到達できないスタッフTですね~。

 

“Tokugyobosen”

It is a word of a hanging scroll that was hanging on the tea ceremony lesson the other day.

 

If you look it up as a four-character idiom, _

In the sense that “when you catch a fish, you forget about the tools you used”

When you reach your goal, the joy of it is the metaphor of not looking after what has been useful until then.

It is also used to mean forgetting to benefit and reward. _ Will appear.

However, when it is read as a Zen word, it is interpreted in the opposite way.

The uke set in the river is a tool for catching fish,

Once you catch a fish, it’s no longer useful.

Also, words and letters should only be tools to explain the meaning, that is, the state of the mind.

I overuse words and letters and neglect “meaning” …

The uke is just a tool for catching fish,

Words are only a means of communicating.

Be careful not to make a mistake about what the purpose is and what the means is.

That’s why.

 

What came to the mind of Staff T in front of this axis was

Kohoan’s tea room “Oblivion Bousen” in Daitokuji Temple, Kyoto.

It is said to be a tea room named by Kobori Enshu.

As a tea master, he studied Furuta Oribe and is said to be the founder of the Enshu style.

In his later years, he was also a person who left behind famous buildings in various places as a magistrate and a landscaping magistrate.
The scenery called “beautiful rust” is in an urban atmosphere.

It is characterized by expressing quiet elegance,

Especially in the construction of the tea room, the style of the house is extended.

Mitsutan, a secret hermitage of Ryukoan in Daitokuji, and Hassō-an seats in Konchiin, Nanzenji, are especially famous.
Later, Iemitsu Tokugawa became a tea ceremony leader, so his fame increased, but

4th year of Shoho (1647)

 

You can also live with Kinofutoi Hikefu
Yume no Samuru Akebono without a body

 

After leaving the phrase of death poem, he closed his life of 69 years.

He is buried in Koho-an, where he was founded.
Enshu named the important tea room “Oblivion”

Without confusing the purpose and means

I think he taught me to return to the origin of the tea ceremony.

You should know that the tea ceremony is just boiling water, making tea and drinking.
Sen no Rikyu

 

Actually another one! There is a phrase that flashes in front of the axis.

_ In Bruce Lee’s movie

Yes, that famous “Don’t think. Feeeel!” (← Not Feel, this is Feeeee! ^^)

“Don’t think. Feel!”

 

Actually, important words follow after that.

“It ’s like a finger pointing away to the moon.

Do n’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory. ”

“It’s like pointing at the moon. Instead of staring at the finger that points to the moon,

The moon indicated by the finger is the glory that is the purpose. ”

Month = Goal / Result / Goal
Finger = means

You will have to think through your thoughts to get there.

You’ve reached a point where you can forget even that! I interpret it as that.

 

Looking back on my tea ceremony history … I don’t have to think about anything anymore

There are times when I can do it naturally …

However, the basic Fukusa handling is once again under special training.

(You’ve come up with another way of doing things before.

In a sense, my hand is remembered and it comes out unconsciously.

I have to be able to use it properly. .. .. 😉

I’m still trapped in the means today

It’s Staff T who can’t easily reach the goal.

*********************
大切な思い出の品物を整理しなければならないこと、ございますよね。
そんな時は古美術風向舎名古屋店までご相談下さい。
出張買取も致しております。

名古屋近郊だけでなく、愛知・岐阜・三重・その他の地域へも伺えますので、
先ずはご連絡をお待ちしあげておます。

古美術 風光舎 名古屋店(店舗営業時間10:00~17:00)
052-734-8444
*********************
You have to organize your memorable items,
In such a case, please contact the antique art Fukosya Nagoya.

We also do business trip purchases.
We can visit not only the suburbs of Nagoya but also Aichi, Gifu, Mie, and other areas.
First of all, we look forward to hearing from you.

Antique Art Fukosha Nagoya Store (Store business hours 10: 00-17: 00)
052-734-8444
*********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ