ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

やっぱり本物はよかったです。(愛知県名古屋市千種区風光舎名古屋店より 買取しております。))

2021.03.13

 

みなさまこんにちは。今日は、スタッフYの趣味の話に少しだけお付き合いください。

先日、長年お知り合いのピアニストの方のリサイタルへ、行かせていただきました。

ここ一年くらい、直に会場で音楽を聴いたり、イベントに参加したりがなかったせいか、久しぶりのホールで聴く生のピアノの音色が、全身に沁みました。本物の音色がやっぱりいいいなぁとあらためて感動。そして、会場での久しぶりのお友達や知り合いの方々との再会。色々な意味で、こういう場面てやっぱりいいなぁと、またまた感動しました。このところ、パソコンや携帯の画面や、スピーカー越ごしの生活に少しずづ慣れよう慣れようと言い聞かせて、少し慣れてきたような気がしていた昨今ですが、広いホールで生のピアノの音色を何も介さない本物の音を聴き、いや、体感ですね体感すると、

「やっぱりこれよ。こうでなくっちゃ。」と、私、納得してしまいました。

 

 

それもそのはず、その日のプログラムは、私の大好きなラフマニノフの『楽興の時第3番、4番』が入っておりまして、ピアニストのI先生(なんで、私の聴きたかった曲がわかったのかな?)と、心の中で呟いてました。

 

ラフマニノフというと、みなさんきっと浅田真央さんのバンクーバーオリンピックで使われた曲『前奏曲 嬰ハ短調』、別名『鐘』は作品の中ではとても有名な曲ですのでご存知ですよね。

『楽興の時』は全6曲からなる楽曲ですが、『鐘』同様、ロシア出身の彼らしいどこか哀愁のある旋律でして、ことに、4番は是非本物のピアノで直に聞いてほしい1曲です。何度も迫りくる荒々しい波のように何度も押し寄せてくる左手の動きが、『こんなの弾けるわけないわよ!』といった、お家事情がバレないようになるまで相当弾きこまなくてはならないし、あくまでも主役は右手のメロディ。その美しい波の中から湧き上ってくる右手のメッセージを体感してほしいです。

私的には『鐘』よりしびれます。

 

Ladies and gentlemen, Hello. Today, let’s talk a little about Staff Y’s hobbies.

The other day, I went to a recital of a pianist I have known for many years.

It’s been a while since I haven’t listened to music or participated in events directly at the venue for the past year or so.

The sound of the live piano I listened to was soothing to my whole body. I was impressed once again that the real tone was good. And

Reunion with friends and acquaintances after a long absence at the venue. In many ways, I think this kind of scene is just right.

I was impressed.

At this point, tell them to get used to the screens of computers and mobile phones and the life through speakers.

Nowadays, I feel like I’m getting used to it, but I listened to the live piano tone again in a large hall, and nothing happened.

When you hear the real sound and experience it, no, it feels like

I was convinced, “This is it. It must be like this.”

 

That should be it, the program of the day includes my favorite Rachmaninoff’s “Six Moments Musicaux No. 4”.

I muttered in my heart with pianist I-sensei (why did you find the song I wanted to hear?).

 

Speaking of Rachmaninoff, I’m sure Mao Asada’s song used at the Sochi Olympics is “Prelude, C # Short”.

You know that “Key”, also known as “Bell”, is a very famous song in the work.

“Six moments musicaux” is a song consisting of 6 songs, but like “Bell”, it is a melody with some melancholy from Russia.

Especially, No. 4 is one song that I really want you to listen to directly on a real piano.

The movement of the left hand, which rushes over and over like a rough wave approaching over and over, says, “I can’t play like this! 』\

You have to play a lot until your family situation isn’t over, and the main character is the right hand.

Rody. I want you to experience the message of your right hand that springs up in the beautiful waves. Personally, I’m more numb than “bell”

I will.

ところで、ラフマニノフはとても大きな人でした。身長は193cmあったと言われています。身長が大きいということは手も大きかったということですよね。

とんでもなく大きな手を持っていたと言われていて、12度を押さえられたそうです。リストも手が大きいことで知られていますが、彼は10度を押さえられたと言われています。リストよりもさらに大きな手。彼は作曲家でもありピアニストでもあったので、この大きな手は彼の曲に反映されており、こんなの届く訳ないじゃん…という箇所がいくつも出てきます。

随分と横道にそれましたが、ラフマニノフの『楽興の時』、是非一度ご視聴ください。

聴き比べもおススメです。

 

それから、リサイタルのアンコールが『鐘』でしたこともご報告しておきます。感涙。

 

 

By the way, Rachmaninoff was a very big person. He is said to have been 193 cm tall. He is tall

He said that he had a big hand.

He was ridiculously said to have had a big hand and he was held down 12 degrees. The list is also big

Known for, he is said to have been held down 10 degrees.

An even bigger hand than the list. He was both a composer and a pianist, so this big hand is reflected in his songs

It has been done, and there are many places where it is not possible to reach this.

It’s been a long way off, but please watch Rachmaninoff’s “Six Moments Musicaux” once.

It is also recommended to listen and compare.

 

I also report that the recital encore was a “bell”. tears of gratitude.

 

*********************

 

春は転居などの方も多くいらっしゃる季節ですよね。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

Spring is the season when many people move.

At Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Su.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

I’m sorry.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will travel to Aichi prefecture, Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures as well as the neighborhood.

First of all, we are waiting for your call.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ