ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

昨夜の修二会の映像、綺麗でしたね(愛知県名古屋市千種区 古美術風光舎名古屋店 買取いたしております)

2021.03.14

みなさま、こんにちは。スタッフYです。

昨晩、NHKにて東大寺二月堂の修二会の放映をしておりましたね。

 

 

炎と闇の秘儀、素晴らしかったですね。撮影用のライトは一切使用せず、暗闇にともる炎のみの暗めの映像がとてもよかったんです。どうせなら自分も炎と闇に包まれようと、リビングの照明を全部消して、TV越しに修二会の体験をしました。

お恥ずかしながら、修二会のことはあまり知らずにここまで生きておりました。二月堂から、お松明の火の粉が降ってくる様子しかイメージがなく、お恥ずかしい限りです。今年は、一般の方が訪れることができないとのことでしたが、NHKでその儀式の間近に迫る映像の放映が、初心者に優しい解説付きで、私のような者にはとてもありがたかったです。

 

 

一つのおこされた神聖な炎を分け継ぎながら、やがてお松明となり、40キロのお松明を持つ童子らが火の粉のを降りかざしながら回廊を走る姿は圧巻。「やけどは大丈夫か?!」などと私のように、品のないことを口走ってはいけません。映像でなければ見れない間近の『お松明』の火の粉を浴びたような迫力に身の引き締まる思いでした。

 

ところで、14日間もある修二会の儀式のなかで、『走り』という、儀式があることをスタッフY、初めて知ったのですが、ご存知だったでしょうか。二月堂の本尊であられます十一面間観音像(絶対秘仏)の周りを最初11人の童子たちがぐるぐるとまわりはじめ、やがて童子がだんだんと減っていき、最後は二人の童子が走り出すという儀式。これは、兜率天の1日(人間世界の400年)に少しでも近づき追いつく為の儀式のようです。静かな暗闇と炎の世界の中、童子が次々に走る姿が映し出され、どこを切り取っても神聖な絵のようでした。また、儀式の中で発するお言葉や動作や儀式そのものが中国から伝わった仏教儀式の流れを汲んでいるのでしょうね、どことなく大陸を意識させられます。1270年前からの儀式ですので、その流れが色濃くのこっているのは、確か。修二会の儀式一つ一つに、1270年前へ時間旅行をした錯覚に陥ります。本当に、貴重な儀式ですね。

今年は、お水取りの儀式は中止となりましたが、こうして儀式を間近に静かで厳かな映像を見れたことは、それはそれでよかったと思うことにしました。

 

Ladies and gentlemen, Hello. This is Staff Y.

Last night, you were broadcasting the Shuni-e of Todaiji Nigatsudo on NHK

The mystery of fire and darkness was wonderful. I didn’t use any shooting lights, and I really liked the dark image of only the flames that accompany the darkness. In any case, I turned off all the lights in the living room and experienced the Shuni-e through the TV, so that I could be surrounded by flames and darkness.

I’m ashamed to say that I lived up to this point without knowing much about the Shuni-e. I can only imagine the sparks of torches falling from Nigatsudo, which is embarrassing. It was said that the general public could not visit this year, but NHK aired a video of the ritual approaching, with commentary that was kind to beginners, and I was very grateful to someone like me.

While sharing one sacred flame, it eventually became a torch, and the sight of children with 40 kilograms of torches running down the corridor while hanging down the sparks is a masterpiece. The upcoming “Omatsuaki” ritual, which can only be seen in the video, was projected on the flames. Staff Y first learned that there was a ritual called “running” during the 14‐day Shuni-e ritual, but did you know that? At first, 11 children started to go around the eleven-faced Kannon statue (absolutely secret Buddha), which is the principal image of Nigatsudo, and then the number of children gradually decreased, and finally the two children started running. The ritual. This seems to be a ritual to get closer and catch up with Tushita’s day (400 years in the human world). The ritual projected as a child running only with flames in the quiet darkness was like a sacred picture no matter where it was cut. Also, each of the words and actions that are uttered in the ritual may be drawn from the flow of Buddhist rituals transmitted from China, which makes me somehow conscious of the continent. It’s a ritual from 1270 years ago, so it seems that the flow is strong. Each Shuni-e ritual is packed with time travel 1270 years ago.

This year, the water removal ritual was canceled, but I was happy to see the quiet and solemn footage of the ritual up close.

 

修二会の行事は、東大寺が建立された約1270年前から続いています。東大寺の長い歴史にあって、二度までもその大伽藍の大半が失われてしまった時ですら、修二会だけは「不退の行法」として、1270余年もの間一度も絶えることなく、連綿と今日に至るまで引き継がれてきたと言われています。1270年の間には、疫病や飢饉、そして災害もあったでしょう。また、戦いの世もあったでしょう。どんな時代にも続けてきた先人のたくましさを思うと、昨今の緊急事態なんて、きっと自分たちも乗り越えられるに違いないと思いながら、暗いリビングで炎をみつめていました。

 

というわけで、スタッフYのやりたいことリストにまた一つ「修二会の儀式に訪れる」が加わりました。

 

The Shuni-e event has been going on since about 1270 years before Todaiji was built. In the long history of Todaiji Temple, even when most of the large cathedral has been lost twice, the Shuni-e is the only “unrelenting practice” that has never stopped for more than 1270 years. It is said that it has been handed down to this day with continuous cotton. During 1270 there would have been plagues, famines, and disasters. There would also have been a world of battle. Given the strength of our predecessors, who have continued in all ages, we were staring at the flames in the dark living room, thinking that we must be able to overcome the recent emergencies.

That’s why Staff Y has added another “Visit to the Shuni-e Ritual” to the list of things he wants to do.

 

*********************

 

3月ですね、お近くの大学の卒業式のはかま姿の女学生をお見掛けしました。

みなさん、ご卒業おめでとうごさいます。次なるそれぞれの道で頑張ってくださいね。

みなさんなら、大丈夫。

 

古美術風向舎 名古屋店では、ご自宅のお片付けの際に出ましたお品など買取いたしております。

迷っていらっしゃる方も、まずは、お気軽にご相談下さい。

 

名古屋市千種区 古美術風光舎 名古屋店

 

In March, I saw a female student wearing a hakama at the graduation ceremony of a university near you.

Congratulations on your graduation. Please do your best on each of the following roads.

All right.

At the antique art style building Nagoya store, we purchase items that came out when cleaning up your home.

If you are in doubt, please feel free to contact us.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ