ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

愛知県美術館が好き!(古美術・骨董 風光舎より)

2021.02.21

皆さま、

春が訪れたような日曜日の昼下がり、

いかがお過ごしでしょうか?

本日店舗には、散歩や買い物の途中にお立ち寄りいただくお客様が

ちらほらとお見えになっております。

 Staff Y’s Books

さて、今回は 昨日のスタッフOさんへのアンサーブログです。

世界三大美術館、いいですね!
ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、エルミタージュ美術館・・・

ぜひ現地に行って、美の殿堂で芸術品の数々に圧倒されたいです。

パリの主な美術館はほぼ訪れましたが、それ以外は未踏です。

こんな時期ですので、バーチャルで訪れてみます。

(ウエブサイトで旅行できるなんて、本当にいい時代になりましたね~。)

 

見たい_というか何度でも見に行きたい絵画は、クリムトの「人生は戦いなり(黄金の騎士)」です。

風光舎名古屋店のある地元、愛知県美術館の所蔵品ですので、

名古屋市近郊にお住いの美術愛好家の皆さまにはおなじみでしょうか?

スクエアな画面に、華やかな色彩で、金色の甲冑を着けた騎士が黒馬に跨る姿を描いた油彩画です。

 

ちなみに以下、スタッフTの好きな画家の変遷でございます。

中学生時代はマリー・ローランサン。

高校時代は日本画を書き始めたこともあり上村松園。

画学生時代はクリムトの色彩、シーレの線_を目指しておりました。

その後、家庭を持って、子どもを育てることも創作活動なのだと知りました。

個人的にはそこにあるべきものを再現していくのが作家なんだと思います。

作家というのは何もないところから総てを創り出すようにみえて、

実は仲介者なんだという気がしています。

Everyone,

Sunday afternoon, like spring has come. How are you doing?

At today’s shop, there are some customers who stop by for taking a walk or on the way shopping.

Please visit us!

 

By the way, this is the answer blog to the staff O yesterday.

The three major museums are nice!

I want to go there and be overwhelmed by the masterpieces of art in the Beauty Hall of Fame.

Most of the museums in Paris have been visited, but everything else is unexplored.

It’s such a time, so I’ll visit it virtually.

(Even if I have the opportunity, I really don’t have the energy to go to the site and conquer it. )

The painting I want to see again, or the one I go to see again and again, is Klimt’s “Life is a battle (golden knight)”.

Since it is a collection of the Aichi Prefectural Museum of Art,

Is it familiar to art lovers living in the suburbs of Nagoya?

An oil painting depicting a knight wearing a golden armor straddling a black horse in gorgeous colors on a square screen.

The painting I want to see again, or the one I go to see again and again, is Klimt’s “Life is a battle (golden knight)”.

Since it is a collection of the Aichi Prefectural Museum of Art,

Is it familiar to art lovers living in the suburbs of Nagoya?

An oil painting depicting a knight wearing a golden armor straddling a black horse in gorgeous colors on a square screen.

By the way, the following is the transition of Staff T's favorite painter.

Marie Laurencin in junior high school.

Uemura Shoen I started writing Japanese paintings in high school.

When I was a college student, I was aiming for Klimt's color and Schiele's line.

I learned that having a family and raising children is also a creative activity.

The artist is the one who reproduces what should be there.

Personally, the writer seems to create, and I feel that he is actually an intermediary.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ