ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

こどもの日(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.05

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

ゴールデンウィークも折り返しを迎え、昨日から高速道路のUターンラッシュが始まりました。

ニュースだけ見ていると、30km以上の渋滞など見ているだけで息が詰まってしまいそうになります…

運転されている方や、お出かけされている方はお家に着くまでが旅なので最後まで気を抜かず頑張ってください。

 

 

そんなゴールデンウィーク最後の今日は「こどもの日」。

外を歩いていると、大きく立派な鯉のぼりから小っちゃくて可愛らしい鯉のぼりまで、様々な鯉のぼりが色鮮やかに飾られていました。

 

 

そもそも5月5日は「端午の節句(たんごのせっく)」で、男の子の健やかな成長や幸せを祈って、お祝いをする日でした。

それから1948年に、5月5日を「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と決められてから、端午の節句の日が、「こどもの日」にもなったそうです。

 

そのため本来は男の子のための日でしたが、今では子供たちみんなをお祝いすること、そして子供のお祝いだけではなく「お母さんに感謝する」という意味もあるようです。

5月のはじめは”母に感謝する週”でもあるんですね。

 

そもそも「端午の節句」についてですが、ずっと昔から行われている行事のことで、もともとは病気や災い(悪いもの)を避けるための行事だったそうです。

その行事のために使っていた「菖蒲(しょうぶ)」が武士の言葉や道具に似ていることから、だんだんと男の子の行事になっていったという話があります。

また「菖蒲」の持つ強い香りが邪気を祓うとされていたため、邪気払いに「菖蒲」が使用されていたようです。

 

話が逸れてしまいましたが、次に鯉のぼりを飾る由来について紹介したいと思います。

ご存知の方も多いかもしれませんが、「鯉」は流れが速くて強い川でも元気に泳ぎ、滝をものぼってしまう魚です。

そんなたくましい鯉のように、子どもたちが元気に大きくなることをお願いする意味が込められているそうです。

ネットで調べてみると、「鯉のぼりがよく泳ぐエリア」についても書いてあり、今日5月5日は北日本エリアが風が強く吹き鯉のぼりが元気に泳ぐそうです。

 

 

「こどもの日」について調べていると、いろいろな可愛らしい情報がたくさん出てくるので優しい気持ちになりました。

そんな今日は「こどもの日」にちなんで、家に帰ったら柏餅をいただいて、ゴールデンウィーク中の疲れをとるためにも「菖蒲湯」にゆっくり浸かりたいと思います。

 

改めて、日本の節句や記念日っていいですよね。

ずっとこの先も引き継いでいきたいです。

 

Hello everyone. This is Staff M.

Golden Week has also come back, and the U-turn rush on the highway has started yesterday. If you only look at the news, you may feel like you’re suffocating just by looking at traffic jams over 30km … If you are driving or going out, it is a journey until you get home, so please do your best until the end.

 

The last day of Golden Week is “Children’s Day”. As I walked outside, I saw a variety of carp streamers, from large and magnificent carp streamers to small and cute carp streamers.

In the first place, May 5th was “Tango no Sekku”, a day to celebrate the healthy growth and happiness of boys. Then, in 1948, May 5th was decided as a holiday to “respect the personality of the child, to improve the happiness of the child, and to thank the mother”, and then the day of the festival was “Children’s Day”. It seems that it also became.

So it was originally a day for boys, but now it seems to mean celebrating all the children and not only celebrating the children but also “thank you mom”. The beginning of May is also a “week to thank my mother”.

 

In the first place, regarding “Dragon Boat Festival”, it is an event that has been held for a long time, and it seems that it was originally an event to avoid illness and disaster (bad things). There is a story that the “iris” used for the event resembled the words and tools of a samurai, so it gradually became a boy’s event. In addition, it seems that “irises” were used to dispel evil spirits because the strong scent of “irises” was said to extinguish evil spirits.

 

The story is off, but next I would like to introduce the origin of decorating carp streamers. As many of you may know, “carp” is a fish that swims well even in a fast-flowing and strong river and climbs a waterfall. Like such a strong carp, it seems to have the meaning of asking children to grow up energetically. When I looked it up on the internet, it also wrote about “the area where carp streamers often swim”, and it seems that the northern Japan area is windy and the carp streamers swim well today on May 5th.

 

When I was researching “Children’s Day”, I found a lot of cute information, which made me feel kind. Today, after “Children’s Day”, I would like to have Kashiwamochi when I get home and soak in “Ishoyu” slowly to get rid of the tiredness during Golden Week. It would be nice to have Japanese festivals and anniversaries again. I want to continue to take over from now on.

 

*********************

 

GWでございますね。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ