ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ブログカメラマンYの腕前。(ご容赦ください。)(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.04

みなさまこんにちは。スタッフYでございます。

 

先日久しぶりに、富山県の実家へお墓参りをしてまいりました。この連休中に久しぶりのご実家のお墓参りをされている方も多いのではないでしょうか。久しぶりの故郷は皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

ご実家の両親や親せき友人などに久しぶりに再会をされた方も多いのでは。恐る恐るではありますが、自由に動けることや自由に人と会えることが、こんなに嬉しいことだと私も大変実感致しました。

 

さてさて、連休時分の富山への訪問は本当に久しぶりでして、お天気もまずまず。たった一日ではありましたが、こうなるとせっかく訪れたのだからといろいろ行ってみようかと検索をしておりますと、出てきましたよ。

 

私のお気に入りの方のInstagramに先日行かれた「散居村の風景」が。

散居村、よくカレンダーなどに写真が掲載されていたりしますが、富山県西部に位置する砺波(となみ)平野のあたりには屋敷林に囲まれた約7000戸の農家が50〜100メートルほど離れて点在する散居村が広がっておりまして、それぞれの農家が自分の家の周りの土地を開拓して米作りこうした広大な散居村が生まれたのですが、その屋敷林は家を夏の日差し、冬の厳しさから守るために原生林を残したのが起源だといわれております。

 

特に5月上旬の田植えの時期には、水が張られたきらきらと光る田んぼに夕日が差し込み、黄金色に染まる幻想的な田園風景を見ることができます。夕日に照らされ静謐(せいひつ)でいて茜色に染まった水田風景が眼下に広がるということなのですが、何十年も富山県にお墓参りに訪れているにもかかわらず、「それはどこだ?」とずっと思っておりました。

 

今回思い立ったのが神のお告げなのか笑、時期的にも時間的にも天候もこの三拍子がそろいまして、急に向かうことにいたしました。砺波市内から、国道346号に入り、となみ夢の平スキー場辺りを目指します。

 

思った通りの3ケタ国道でして笑、崖っぷちと対向車を気にしながら、道はあっているのか不安になりなりながら行きますと、ちょうど峠を登り切った辺りが開けて景色が良くなりました。そして、そのあたりから路上の脇にたくさんの停まった車を発見。

 

 

 

 

ちょうど登り切った辺りに展望台がありまして、富山県らしからぬ大渋滞と大混雑が起こっておりました。

時間も差し迫っていることもあり、この一瞬を狙おうとプロアマ問わずカメラマンが早くも好位置を確保しております。私もせめてプロカメラマンの確保した好位置の後ろ辺りから、スマホカメラで狙おうと随分前からはっておりましたが、なにせ太陽が、ここ!という瞬間を待たなければなりません…。そして、待つこと30分。

 

太陽が傾き、眼下の風景が辺り一面照らされる水田の中に、光の道のようなものがきらきらと現れた瞬間に、カメラマンの皆さんが一斉にシャッターを切り始めました。その瞬間、私も「あ、今なのね笑。」と、一緒にシャッターを切り始めました。

 

 

 

 

これがブログカメラマンYの限界ですが、スマホカメラの限界。お写真は、本当にご容赦ください。

光の道のようなもの、お分かりになりましたでしょうか。

 

しばらくシャッターを切っていますと、陽がだんだんと静かになり、散居の家々が深い色に沈んでいきます。そして、鏡のような水田が、静かに夕闇の中へと溶けていくようでした。気が付くと、陽は山へ沈み、辺りは一気に薄暗くなっておりました。

 

ほんとうに瞬間でしたね。

 

写真ではこの時間と景色と移り変わりを見ることはできませんから、これを見るには実際に来れてよかった思う瞬間でありました。その瞬間だけは光が沈む静かな水田の村の風景に大勢の人が静かに見守り、山の中にシャッターの音だけが響き、それは大変印象的でありました。

 

限られたシーズンですのみの景色ですので、機会のございます方は、是非国道346号を越えて訪れてみてくださいませ。きっと、またとない一瞬が待っております。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

 

 

Hello everyone. This is Staff Y.

The other day, after a long absence, I visited my parents’ house in Toyama prefecture. Many people may be visiting the grave of their parents’ home for the first time in a long time during this consecutive holiday. How are you doing in your hometown after a long absence?

Many of you may have reunited with your parents or close friends for the first time in a while. It’s scary, but I also realized that being able to move freely and being able to meet people freely is such a pleasure.

 

By the way, it’s been a long time since I visited Toyama during the holidays, and the weather is fair. It was only one day, but when I was searching for something to do because I visited there, it came out.

 

The “landscape of the dispersed village” that I went to on my favorite Instagram the other day.

Pictures are often posted on dispersed villages and calendars, but around the Tonami Plain located in the western part of Toyama Prefecture, about 7,000 farmhouses surrounded by mansion forests are about 50 to 100 meters away. There are many scattered villages scattered around, and each farmer cultivated the land around his house to grow rice. Such a vast scattered village was born, but the mansion forest made the house sunshine in the summer. It is said that the origin is that the primeval forest was left to protect it from the harshness of winter.

 

Especially during the rice planting season in early May, you can see the fantastic countryside that is dyed in golden color as the setting sun shines into the glittering rice fields filled with water. It is said that the rice fields that are quiet and dyed in madder red under the setting sun spread out below you, but despite having visited Toyama Prefecture for decades, “Where is it?” I’ve always thought.

 

I wondered if it was God’s announcement that I came up with this time, and I decided to go suddenly because of the time, time, and weather. From Tonami City, take National Highway 346 and aim for the Tonami Yumenotaira Ski Resort.

I laughed at the three-digit national highway as I expected, and while worrying about the cliffs and oncoming cars, I was worried whether the road was right, and when I went, the area just climbed the pass opened and the scenery became better. I did. Then, from that point, I found a lot of parked cars on the side of the road.

There was an observatory just up the climb, and there was heavy traffic and congestion that was not typical of Toyama Prefecture.

 

As time is imminent, photographers, regardless of professional or amateur, have already secured a good position to aim for this moment. I had been trying to aim with a smartphone camera from behind the good position secured by a professional cameraman for a long time, but the sun is here! I have to wait for that moment … And wait 30 minutes.

 

At the moment when the sun was tilted and the scenery under my eyes was illuminated all over the paddy field, something like a path of light appeared, and the photographers started to release the shutter all at once. At that moment, I also started to release the shutter together, saying, “Oh, that’s right now.”

 

This is the limit of blog cameraman Y, but the limit of smartphone cameras. Please forgive the photo.

Did you see something like a path of light?

 

After releasing the shutter for a while, the sun gradually becomes quieter and the scattered houses sink into deep colors. And the mirror-like rice fields seemed to melt quietly into the dusk. When I noticed, the sun had set in the mountains and the area was dim at once.

 

It was really a moment.

 

I can’t see this time, the scenery, and the transition in the photos, so it was a good moment to actually come to see this. Only at that moment, many people quietly watched over the scenery of the quiet paddy village where the light set, and only the sound of the shutter echoed in the mountains, which was very impressive.

 

The scenery is limited to a limited season, so if you have the opportunity, please go over National Highway 346 to see it.

 

Well then, good luck.

 

*********************

 

GWでございますね。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ