ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

至近距離での春のニュースを探してみました。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.02.27

皆様こんにちは、スタッフYでございます。

 

 

 

本日はですね、なんと世間より一足お先に店舗にてお花見をしております。

 

そうなんです。いよいよ店内の東海桜が開花いたしました。桃と桜のWお花見になりまして、嬉しさもWでございます。そんな小ネタを含め、わたくしの至近距離で見つけました春の情報を本日はリレー形式でお届けいたします。

 

まずは、店内の桜。実は先日の桃の開花日の夕方、桜がささやかに咲き始めびっくりいたしました。朝はたしか、まだ蕾は固かったのですが、店内の温度の変化を感知したのでしょうか気が付いたら咲いていたという。桃の花よりも少し淡いピンクの八重花弁で、桃よりも花弁の辺が外向きに散らした様子なるほど咲いてみると桃との違いは歴然ですね。それにしても、最初の花の開花を見逃すとは、出産に間に合わなかったお父さんのような気分でありましょうか笑。

 

さてさて、こちらも春のニュースの一つになるのでしょうか、通勤する際にいつも名古屋大学の正門前を通り過ぎるのですが、先日はちょうど二次試験の試験日。

すでに試験は始まっている時間ではありましたが、取材の方でしょうか、家族、関係者の方々が、正門前ではいつもより多かったような気がいたします。

この校舎の中ではここまで頑張ってきた受験生たちが試験にむかっていることでしょうか。今年も体調管理そして落ち着かない状況の中、本当に大変だったと思いますが頑張れ!と、車の中からささやかではありますがエールを送りながら通勤をしてまいりました。いやあ、そばを通るだけでわたくしも緊張致しますが、受験生の皆さんの本当の「桜咲く」を心より願っておりますね。

 

そんな中、先日一刀彫のお雛様についてのブログや写真をSNSなどに掲載いたしましたら、大変ご興味を持ってくださったお客様がご来店そして購入をしていただきました。誠にありがとうございます。

一刀彫の魅力が少しでも伝わったのでしたら、これ幸いでございます。

 

そんな我が家もいよいよ先日お雛様を飾りまして、私のお悩み案件もひとつ解消いたしました。といいましても、えいや!と、お雛様の箱を取り出し行動するのみなのですが笑。やはり飾ってみますとよかった。の一言でございます。

 

一年に一度お会いする皆様(?)と「お久しぶり」と挨拶を交わし、優しく定位置へお迎えして、調度品を丁寧に飾り、全て整え静かに眺めておりますと、また季節がひとつすすんだ実感と、このお雛様の持ち主の家族の顔を思いうかべたりと穏やかな時間にしばし浸ることができました。

ド直球の春のニュースのようでしたが、ただの私のお悩み案件解消のニュースでもありましたね。失礼いたしました。

 

そして、こちらはこれからのおススメ情報であります。名古屋市天白区の名古屋市農業センターでは、春の訪れを告げるしだれ梅が開き始めているというニュースが。全国屈指の規模となる、12種類およそ700本のしだれ梅が植えられた天白区の名古屋市農業センターですが、今年は寒さの影響で開花が例年より10日ほど遅れていて、まだほとんどの木で花は開いておりませんが、先日の23日は祝日ということもあり朝から親子連れなどが訪れて、梅の花を堪能した様子です。

 

まだまだこれから満開を迎える名古屋市農業センターのしだれ梅は今週末に本格的に咲き始め、3月上旬に見ごろを迎えるということでしたが、実は先日かすかな期待を込めて、こちらへ参戦いたしました。

 

結論から申し上げますと…、開花はもう少し先といったところでしょうか。ただ一つ咲いておりました品種「ソシンロウバイ(素心蝋梅)」に、みなさんカメラをむけておりましたが、他の梅木のまだ蕾は固い様子でありました。残念ですが、あたたかくお天気もよく散歩もできたといことでここはまあよしといたしましょう。ただ満開の梅は是非とも拝見せねばと密かにリベンジは決め込んでおりますよ。

 

 

 

今回は至近距離での一足早い春のニュースでしたが、結構見つかりました。

 

さ、私いえいえ皆様が心待ちにしております冬から春へのこの時期がやって参りました。

季節感知センサーの感度をいつもより上げて、風をきって3月を迎えると致しましょう。

 

それでは、ごきげんよう。

 

    花の写真、何気に難しい…。

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

Today, we are having a cherry-blossom viewing at the store ahead of the rest of the world.

That’s right. The Tokai Sakura in the store has finally blossomed. I am happy to see the cherry blossoms of peaches and cherry blossoms. Today, we will deliver the spring information that we found at a close distance to me, including such small stories, in a relay format.

 

First of all, the cherry blossoms in the store. Actually, I was surprised that the cherry blossoms started to bloom in the evening of the other day when the peaches bloomed. It was true that the buds were still hard in the morning, but when I realized that I had sensed a change in the temperature inside the store, it was in bloom. The pink double petals are a little lighter than the peach blossoms, and the petals are scattered outwards rather than the peaches. Even so, if you miss the first flowering, do you feel like a father who missed the birth?

 

By the way, I wonder if this will be one of the spring news, I always pass in front of the main gate of Nagoya University when I commute, but the other day is just the exam day of the second exam.

It was time for the exam to start, but I think there were more family members and people involved in the interview than usual in front of the main gate.

I wonder if the students who have worked so hard in this school are preparing for the exam. I think it was really difficult this year in the physical condition management and restless situation, but do your best! I commute from inside the car while sending a small ale. Well, I’m nervous just passing by, but I sincerely hope that all the examinees will have a true “Sakura bloom”.

 

Meanwhile, the other day, when I posted a blog and photos about Ichitobori no Hina on SNS etc., customers who were very interested came to the store and made a purchase. Thank you very much.

I would be happy if you could convey the charm of one-sword carving even a little.

 

The other day, my family finally decorated the chicks and solved one of my worries. But no! I just took out the chick’s box and acted, but lol. After all it was good to decorate it. This is just one word.

We exchange greetings with everyone who meets once a year (?), “It’s been a long time”, gently welcome you to the fixed position, carefully decorate the furnishings, arrange everything and look quietly, there is one season again. I was able to immerse myself in a calm time for a while, thinking about the feeling of progress and the face of the family of the owner of this chick.

It was like the news of the spring of the fastball, but it was just the news of solving my problem. excuse me.

 

And here is the recommended information from now on. At the Nagoya City Agricultural Center in Tempaku-ku, Nagoya, there is news that weeping plums are starting to open, announcing the arrival of spring. The Nagoya City Agricultural Center in Tempaku Ward, where about 700 weeping plums of 12 types are planted, which is one of the largest in Japan, but this year the flowering is delayed by about 10 days due to the cold weather, and most of the trees are still there. The flowers are not open, but the other day, the 23rd is a holiday, so it seems that parents and children visited from the morning and enjoyed the plum blossoms.

 

It was said that the weeping plum blossoms at the Nagoya City Agricultural Center, which is still in full bloom, will begin to bloom in earnest this weekend and will be in full bloom in early March. rice field.

From the conclusion, is flowering a little further? Everyone was looking at the camera for the only one blooming variety, “Soshinroubai”, but unfortunately the buds of the other Umeki still seemed to be hard. It’s a pity, but let’s say it’s okay here because the weather was warm and we were able to take a walk. However, we have secretly decided to revenge that we should show the plum blossoms in full bloom.

 

This time it was news of early spring at a close distance, but I found quite a few.

Now, this time of year, my favorite winter to spring, has arrived. Let’s assume that the sensitivity of the seasonal sensor will be higher than usual, and the wind will be cut off to reach March.

 

Well then, good luck.

 

 

 

 

**********************

 

いよいよ3月。まだまだ寒い日が続いておりますが、

ご自宅のお片付けなどをお考えの方も見受けられます。

また、生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ古美術風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ