ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ジブリパーク開園が楽しみですね。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.02.13

皆様、こんにちは。スタッフYでございます。

 

 

愛知県の名古屋に住むようになって十五年以上たちまして。(いまさらどうした。)思っていたよりも住みやすくなかなか快適な暮らしができており、私もいよいよ名古屋人になってきたのでしょうか。

 

そんな愛知県のイメージですが、よく街頭インタビューなどで「味噌!名古屋めし」とか「車!」とか「ど派手、見張り!」「金のちゃちほこ!」などど、いろいろ癖の強いコメントがでてまいります。普段名古屋で暮らしておりますと、あまり見ないし、そういう感じはしないのですが、私があまりにも馴染みすぎて気づかずに暮らしているだけなのでしょうか。

 

ですが、これだけはちょっと感じでおります。

「愛知って何にもないよね。」というコメント。「何」て、なんだ?。たしかに、まあまあ各地を転々とした経験として、愛知県や名古屋は暮らしてみると渋滞はないし、鉄道もまあまあ通ってるし、名駅、栄あたりに行きますと大体のショップはあるし特別なブランド以外ははだいたい手に入るし、ショッピングモールどこに行こうかくらいたくさんあって迷うし、大変暮らしやすい土地ではないか。

 

ただですね、他県の友人などをおもてなししようとしてもどこにお連れしようか?と、しばし考えるということが多いような。熱田神宮も名古屋城ももう連れて行ってあげたしなぁ…と、毎度「何」に頭をひねります。

 

そのイメージは明らかなランキングにもでておりまして、平成30年度に観光文化交流局が行った「都市ブランドイメージ調査」によると、名古屋市は札幌市・東京23区・横浜市・京都市・大阪市・神戸市・福岡市の全8都市中、魅力のある都市ランキングの最下位という、なんとも不名誉な結果に終わりました。実はこれ、初めてではなく2年連続なのであります。住んでいる人々にとっては、そんなことないのだがと思っており、残念でなりませんが致し方ないのか。

 

この結果から、「何」とは観光名所を含めた「街の魅力」のようでして、そんなランキングなんて出されると、ますます名古屋は「魅力に乏しい街」というイメージが強くなってしまうというではないかと危惧してしまい。「名古屋で魅力を感じる部分」の質問に対しても、名古屋城の次に来るのが「特にない」「思いつかない」というコメントですから、いかに愛知県の存在感が薄いのかが、残念ながらわかってまいり、そこだけは言われたくなった!とは少々感じております。

 

ですが、本当に愛知県って魅力がない街と言われるのかと言われると、そうでもなくて決して観光地が少ないわけではありませんよ。名古屋城、熱田神宮に、シャバーニのいる東山動物園、シャチのいる名古屋港水族館、三重県ですが近くにアトラクションの聖地ナガシマリゾートだってありますし。

 

一説によると、名古屋、愛知県は企業数が多く経済も安定しているため、わざわざ観光で盛り上げる必要がないとおっしゃる方もいらっしゃいます。故に、「観光都市の魅力調査で愛知へ県が最下位だったことについてどう思う?」という問いに対しても「仕方がないと思う」「そうでしょうね」と答えている市民が非常に多いようですし、きっと、私のように「え?そうなの?暮らしやすいけどなにか?」と、言う方は多いような。捉え方もいたってナチュラルなのでしょうか。

 

そんな長い前置きはさておき、「何もない」とディスられまくっている愛知県に、嬉しいニュースが。いよいよ例のテーマパーク開園のニュースが飛び込んでまいりましたよ。

 

なんと、スタジオジブリの世界観を再現した

「ジブリパーク」が11月1日に開園いたします。

 

場所は、皆様懐かしい愛・地球博記念公園内の未使用地。愛・地球博が閉会された後、どのように利用するかしばらく時間がかかっておりましたが、地元ではジブリパークの噂は兼ねがねあがっておりました。

 

そんな「ジプリパーク」では、国内外で多くの人に親しまれてきたスタジオジブリ作品の世界観を表現することを目指しており、パーク内は大きなアトラクションや乗り物はないとのこと。スタジオジブリ作品の世界観を忠実に再現した美術品やセットを配置し、来場者は映画の主人公になったような気分で原寸大のジブリの世界を体験することができるまさにパークになるのではないかと。そんな新しいスタイルのテーマパークいえいえ、私は勝手にあえて「パーク」ととらえておりまして、その完成が楽しみで仕方ありません。

 

27日に行なわれたメディア向け説明会にて、スタジオジブリの宮崎吾朗監督はジブリパーク設立の経緯について説明しており、

「スタジオジブリには元々テーマパークを作らないかという提案は各所からあったが、ジブリ作品はファンタジーの側面をもちつつも現実に立脚していることから、テーマパークというありかたについては違和感があった。パーク内には大きなアトラクションや乗り物はなく、森や道をそのまま自分の足で歩き、スタジオジブリの世界観を体験することができる。」とのこと。

 

そこに、愛知県からの提案をうけ、公園として愛・地球博記念公園内の未利用地に整備することになったという経緯が。未利用の土地を使ったのは、既存の愛・地球博記念公園に思い入れがある人達の気持ちを壊したくないためとしており、たしかに万博の思い出も、こと愛知県民には大切な思い出でありますものね。

 

先日はジブリパークのサイトも開設され、情報はこれから徐々に明らかになっていくと思われますが、まずは、「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」が2022年11月1日(火)に開業を迎えます。その後おおむね1年の時を経て「もののけの里エリア」と「魔女の谷エリア」が順次2023年に開業予定だそうですので、パークががどんどんと成長していく様子も大変楽しみでもあります。

 

話は元に戻るのですが、そもそも先ほどの愛知県の魅力を伝えるとするならば、「愛知県に観光にいらしてください。」というアピールではないような気がだんだんしてまいりました。

名古屋城、熱田神宮、東山動物園、名古屋港水族館、三重県ですがナガシマリゾート、名古屋めし、モーニング…そして新たにジブリパーク、「愛知県には体験しに来てください。」だなと、勝手にひとり観光大使は、勝手にキャッチコピーを作っておくことに致しました。

 

それではごきげんよう。

あ、名古屋にお越しの際は、古美術風光舎名古屋店にも是非お越しくださいませ。

 

 

 

Hello everyone. This is Staff Y.

 

It’s been ten years since I started living in Nagoya. (What happened now?) It’s easier to live than I expected, and I’m living a comfortable life, so I wonder if I’m finally becoming a Nagoya person.

 

It’s an image of Nagoya, but in street interviews, I often get comments with strong habits such as “Miso! Nagoya food”, “Car!”, “Gaudy lookout!”, “Kin no Chachikoho!” I will. When I usually live in Nagoya, I don’t see much and don’t feel that way, but I wonder if I’m so familiar that I just live unnoticed.

 

However, this is just a little feeling.

The comment “Nagoya is nothing.” What is “what”? .. Certainly, as an experience that has changed from place to place, there is no traffic jam when I live in Aichi prefecture, Nagoya, there is a fair amount of railroads, and when I go to Meieki Sakae, there are mostly shops and other than special brands. It’s usually available, and I’m wondering where to go to the shopping mall, so it’s a very comfortable place to live.

But where should I take you to entertain friends from other prefectures? It seems that I often think about it. I’ve already taken Atsuta Jingu and Nagoya Castle, and every time I twist my head.

 

The image is clearly shown in the ranking, and according to the “Urban Brand Image Survey” conducted by the Tourism and Culture Exchange Bureau in 2018, Nagoya City is Sapporo City, Tokyo 23 Wards, Yokohama City, Kyoto City, Osaka. Of all the eight cities of the city, Kobe, and Fukuoka, the result was a disgraceful result, being the lowest in the attractive city rankings … Actually, this is not the first time, but the second consecutive year. For the people who live, I think that’s not the case, and I’m sorry, but I can’t help it.

 

From this result, “what” seems to be “the charm of the city” including tourist attractions, and when such a ranking is given, the image of Nagoya as “a city with little charm” becomes stronger. I’m a little worried that it might be, but when asked about the “parts that appeal to me in Nagoya,” the comments that come next to Nagoya Castle are “nothing in particular” and “I can’t think of anything,” so how does Nagoya exist? Unfortunately, I will understand whether the feeling is weak. I’m a little disappointed as a person living in Nagoya.

 

However, when it comes to saying that Nagoya is really an unattractive city, that is not the case, and there are not a few tourist destinations. At Nagoya Castle and Atsuta Jingu, there are Higashiyama Zoo with Shabani, Port of Nagoya Public Aquarium with Shabani, and Nagashima Resort, a sacred place for attractions in Mie Prefecture.

 

According to one theory, there are many companies in Nagoya and Aichi prefectures, and the economy is stable, so some people say that there is no need to bother with sightseeing. Therefore, it seems that there are a large number of citizens who answered “I think it can’t be helped” or “I think so” when asked “What do you think about Nagoya being the lowest in the tourist city attraction survey?” However, I’m sure there are many people like me who say, “What? Is that so? It’s easy to live in, but what?” Is it natural to think of it?

 

Aside from that preface, there is good news in Aichi prefecture, which is being dismissed as “nothing”. The news of the opening of the theme park has finally arrived.

The “Ghibli Park”, which reproduces the world of Studio Ghibli, will open on November 1st.

 

The place is an unused land in the nostalgic Aichi Expo Memorial Park. After the Aichi Expo was closed, it took a while to figure out how to use it, but there were rumors about Ghibli Park in the local area.

At such “Ghibli Park”, we aim to express the world view of Studio Ghibli works that have been familiar to many people at home and abroad, and there are no big attractions or vehicles in the park. By arranging works of art and sets that faithfully reproduce the world view of Studio Ghibli works, visitors will be like a forest where they can experience the world of full-scale Ghibli as if they were the main characters of the movie. I imagine that it might be. Such a new style theme park No, I think of it as a park without permission, and I can’t help but look forward to its completion.

 

At the media briefing held on the 27th, Studio Ghibli director Goro Miyazaki explained the background of the establishment of Ghibli Park.

“Although there were proposals from various places to create a theme park for Studio Ghibli, Ghibli’s work has a fantasy aspect but is based on reality, so there is a sense of discomfort about the theme park. There were no big attractions or vehicles in the park, so you can walk the forests and roads with your own feet and experience the world of Studio Ghibli. ”

 

There, in response to a proposal from Aichi Prefecture, it was decided to develop the park as an unused land in the Aichi Expo Memorial Park. The reason for using the unused land is that we do not want to break the feelings of those who have a feeling for the existing Aichi Expo Memorial Park, and the memories of the Expo are certainly important memories for the people of Aichi Prefecture. Hey.

 

The site of Ghibli Park was opened the other day, and information is expected to be gradually revealed, but first of all, “Youth Hill Area”, “Ghibli Large Warehouse Area” and “Dondokomori Area” will be in 2022. It will open on Tuesday, November 1st. About a year later, the “Mononoke no Sato Area” and the “Witch Valley Area” are scheduled to open in 2023, so I’m looking forward to seeing the park grow steadily.

 

Returning to the story, if you want to appeal to Aichi prefecture in the first place, I gradually feel that it is not “Please come to Aichi prefecture for sightseeing.”

Nagoya Castle, Atsuta Jingu, Higashiyama Zoo, Port of Nagoya Public Aquarium, Nagashima Resort in Mie Prefecture … and a new Ghibli Park, “Please come to Aichi Prefecture to experience it.” I decided to make a catch copy in Nagoya.

 

Good luck.

Oh, when you come to Nagoya, please come to the antique art Fukosha Nagoya store.

 

**********************

 

まだまだ寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ