ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

雛のつるし飾り(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董・アンティーク 買い取ります 古美術風光舎名古屋店)

2022.02.11

みなさま、こんにちは。

先日、名古屋駅に用事でいきましたところ、マリオットアソシアホテルのロビーで可愛いおもてなしをうけました。

雛のつるし飾が入り口の正面に飾ってあったのです。

それがこちら。

つるし飾り(つるし雛)って可愛いですよね。

たくさんの可愛らしいお人形が吊るされていて、赤ちゃんをあやすベッドメリーのような、モビールのような、ゆらゆら揺れる姿も愛くるしいんです。

それはただ、女の子の誕生を祝い、健やかに成長することを祈って作られたであろうお人形が吊るされているのですが、色んな人からの愛が込められているのでとてもあたたかい存在で…。

みんなの想いをいっぱい詰め込んで作られたつるし雛は、昔から赤ちゃんの大事なお守りとして、とても大切にされてきたようですね。

 

 

ところで、お雛様といえば…。

実家にいた頃から合わせると、飾らなくなって早うん十年が経ちます。

嫁いでからも我が家には息子しかいませんので、とんと遠い存在になっていましたが、やはり女の子の私は久しぶりに見るお雛様にキュンとしました。

(女の子と自分で言うあたり、悲しくなってきますが、お許しくださいね。涙)

 

 

 

ホテルのロビーに展示してある中に入ると、つるし飾りの中に一つ、お雛様の段飾りがありまして、まるで異世界に迷い込んだ感覚になりました。

あの赤色の空間…。

なんて言い表せばいいのでしょうか。

雅なものであるけれども、それでいて魔物を寄せ付けない強さのようなものもあり、また妖艶でもある。

あの赤色の醸し出す空気感は本当に不思議です。

蜷川実花さんが表現する写真や映画の世界のような…。

 

 

ところで、先ほどから私が言っているこの赤色。

正確に言うと、緋色(ひいろ)というらしいのです。

お雛様に敷いてある赤いフエルトの絨毯を「緋毛氈(ひもうせん)」と言うことから知ったのですが。

緋毛氈の色は赤色の中でも、日本古来の「緋色」で染められています。

緋色はあかね草(温帯アジア原産の草)で染められる赤の中でも、最も鮮やかで紫色に次ぐ高貴な色とされているようです。

その歴史は古く、推古天皇の時代に定められた官位十二階の赤色は緋色と推測されているといいます。

 

 

でね、このような高貴な色の毛氈がいつから飾られるようになったのかといいますと、どうも江戸時代の後期からのようなんです。

江戸時代中期の浮世絵(享保年間)によれば、裕福な町人のようなお座敷で紗布(しゃぎぬ:手で押して柄を染めるもの)の上にお内裏様や雛道具をかざっている様子が描かれています。

その頃は、まだ赤の絨毯が一般的ではなかったようです。

 

それが、江戸時代後期(文久年間)の浮世絵を見ると、武家の姫君の雛飾りで、緋色の布地で雛壇を覆っているものがあるようなんです。

赤の毛氈が用いられるようになったのは、段飾りが生まれた頃のようですが、でもまだ特に赤の無地布と決められていたのではないようです。

それが次第に春の節句にふさわしい華やかな雰囲気を醸し出すものとして、じわじわと広まっていったようです。

そして、現代では赤の毛氈で雛壇を覆うのが一般的になってきたのですね。

 

赤は活力や生命力を表す太陽の色。

そして赤には魔除けの意味があります。

そのような意味があるので、神聖な場所を家の中に作り神様に来てもらう場所を作るためにひな人形に赤い毛氈を敷くようになったのでしょうね。

 

風光舎も今、緋色のひな人形の掛け軸を飾り、絶賛お雛祭り期間であります。

先日のスタッフYさんの記事にもありました、一刀彫のお雛様や、江戸時代の貝桶なども飾って

みなさまのご来店をお待ちしております。

よろしかったらお立ち寄りくださいませ。

 

(スタッフM)

 

Hello everyone.

The other day, when I went to Nagoya Station for business, I received a cute hospitality in the lobby of the Marriott Associa Hotel.

The hanging decoration of the chicks was displayed in front of the entrance.

Here is it.

Tsurushi decorations (hanging chicks) are cute, aren’t they?

A lot of cute dolls are hung, and the swaying appearance like a bed merry that comforts a baby, like a mobile is also lovely.

It just hangs a doll that would have been made to celebrate the birth of a girl and pray for her healthy growth, but it is a very warm existence because it contains the love of various people … ..

It seems that hanging chicks made with everyone’s feelings have been very important as an important amulet for babies since ancient times.

 

By the way, speaking of chicks …

It’s been 10 years since I was at my parents’ house.

Even after I got married, I had only a son in my house, so I was far away, but as a girl, I was sick of the chicks I saw for the first time in a long time.

(I feel sad when I say myself as a girl, but please forgive me. Tears)

 

When I entered the exhibition in the lobby of the hotel, there was one tsurushi kazari decoration, which made me feel as if I was lost in a different world.

That red space …

What should I say?

Although it is elegant, it has some strength that keeps monsters away, and it is also bewitching.

The feeling of air created by that red color is really strange.

Like the world of photography and movies expressed by Mika Ninagawa.

 

 

By the way, this red color that I have been talking about earlier.

To be precise, it seems to be scarlet.

I learned from the fact that the red felt carpet laid on the chicks is called “Himosen”.

The color of scarlet felt is red, but it is dyed with the ancient Japanese “scarlet”.

Scarlet is the most vivid and noble color next to purple among the reds dyed with Akane grass (a grass native to temperate Asia).

It has a long history, and it is said that the red color on the 12th floor of the official position, which was set during the time of Emperor Suiko, is presumed to be scarlet.

 

 

Well, when it comes to the time when such noble colored felts began to be displayed, it seems to be from the latter half of the Edo period.

According to Ukiyo-e (Kyoho era) in the middle of the Edo period, it looks like a wealthy tradesman holding a gauze cloth (shaginu: something that is pressed by hand to dye a pattern) with an inner lining and chick tools. It is drawn.

At that time, it seems that red carpets were not yet common.

 

Looking at the ukiyo-e prints from the latter half of the Edo period (Bunkyu era), it seems that there are some samurai princess dolls that are covered with scarlet cloth.

It seems that red felt was used around the time when the step decoration was born, but it seems that it was not decided to use plain red cloth yet.

It seems that it gradually spread as something that creates a gorgeous atmosphere suitable for spring festivals.

And in modern times, it has become common to cover the hinamatsuri with red felt.

 

Red is the color of the sun that represents vitality and vitality.

And red has the meaning of amulet.

Because of that meaning, I think I started to put red felt on the Hina dolls in order to create a sacred place in the house and make a place for God to come.

 

 

Fukosha is now decorating the hanging scroll of the scarlet dolls, and it is the period of the acclaimed Hinamatsuri.

The other day, staff Y’s article also decorated the one-sword carved chicks and the shellfish tub of the Edo period.

We look forward to your visit.

Please drop in if you like.

 

(Staff M)

**********************

 

まだまだ寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ