ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

春節(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董・古道具 買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.02.01

みなさま、こんにちは。

今日2月1日は旧暦の新年ですね。

そして、年末まであと333日なんですって。

なんだか、これはこれで、素敵な日ですね。

 

中国では旧暦の新年を春節と呼びます。

この日は全世界の華人にとって最も大切で伝統的な祝日なんだそうです。

確かに、この時期になるとニュースでは中国の映像で花火や爆竹をしている様子が流れますし、コロナ前でしたら、中国の方が日本にたくさんいらして春節の休みに「爆買い」される様子が放送されていましたもんね。

 

 

でも、春節についてそこまで知識がない私は少し調べてみました。

すると、グーグルの画面上には花火が打ちあがりました。

春節のワードを検索するたびに、花火の打ちあがる映像が出てきて、なんだかお祝いムードが伝わってきました。

 

 

「春節」とは、中国で一番盛り上がる時期のようで、春節の数日前から春節に向けての準備が始まります。

ちなみに今年は2月1日(火曜日)が春節で、休み期間は1月31日から2月6日まで7連休になるんですって。

地方により、龍の舞や獅子舞など祝い方もあるようですが、全国各地でやっている最も伝統的な祝い方は、赤い灯篭、春聯など縁起物を飾りつけたり、爆竹や花火を打ち上げたり、「団欒飯」という大晦日に食べる夕食を楽しんだり、お年玉をあげるんだそうです。

 

 

日本では12月31日の深夜0時を挟む時間帯に寺院で撞かれる除夜の鐘を聞きながら新年を迎えるように、中国では魔除けとして除夕(大晦日)の12時に爆竹を盛大に鳴らし、花火を楽しみなが新年を迎える習慣があるようです。

ですが、今年はオリンピックを控え、コロナの蔓延防止のため政府が爆竹を禁止しているようですよね。

 

 

春節には「団欒飯」というものが食べられるようです。

これは、春節期間中、特に大晦日の夕食に提供され、来年の幸運をもたらすと考えられているようです。

(日本で言えば年越しそばのようなものでしょうか。)

伝統的な春節の食べ物は、その発音や見た目に基づいていて、 料理自体が重要であるだけでなく、準備も重要であり、提供と食事の方法にも意味があるようです。

その最も一般的な旧正月の食べ物で、日本でもなじみのあるものはというと、「餃子」「春巻き」「柚子(みかん)」などです。

まずは「餃子」。

こちらは、800年以上の歴史を持つ食べ物で、中国では正月の定番の幸運な食べ物であり、特に中国北部で広く人気のある旧正月に食べられる伝統的な料理なんですって。

餃子の形が「元宝」(中国昔の貨幣)のようですから、春節餃子を食べるのは富をもたらすという意味があります。

餃子を作る時には、なつめ、落花生、栗の実、硬貨などを餡に入れます。

なつめを食べる人は、新年を甘く感じさせ、幸せな日々を送ることができます。

落花生を食べる人は健康長寿を象徴し、硬貨を食べる人は金もうけの運に恵まれます。

また、大晦日の日に家族団らんで餃子を作ることが伝統で、餃子を包む際には、生地を折る回数が多いほど縁起が良いとのこと!

 

 

「春巻き」

春巻きは、春祭りの期間中に伝統的に食べられるため、その名前が付けられています。

江西、江蘇、上海、福建、広州、深セン、香港など、中国東部で特に人気のある旧正月料理です。

春巻きは昔の人から見ると、春の象徴です。

春巻きは、野菜や肉などの甘いものを詰めた円筒形のロールパンの広東点心料理です。

肉と野菜を包んだ黄金色の縁起の良い食べ物を、頭から尾まで食べ、終始一貫縁起良くという意味があるようです。

 

そして幸運な果実「柚子」

中国の旧正月には、みかんやオレンジ、柚子などの特定の果物が食べられます。

これらの果物は、特に丸くて「黄金色」で、「豊か」「幸運」や「成功」を意味しています。

中国語でみかん・オレンジは「橙 (chéng)」や「桔(jú)」と書き、その発音が「成(chéng)」と「吉(jí)」という文字と似ていることから、みかんやオレンジを食べたり、飾ったりすることは、「幸運」や「成功」をもたらすと信じられているようです。

柚子の中国語(柚yòu/ yo /)は(有yǒu)のように聞こえ、柚子を食べることは継続的な繁栄をもたらすと考えられています。
伝統的なことわざにあるように、食べれば食べるほど多くの富がもたらされる、とのことです。

 

 

日本でもお正月にはおせち料理をいただきますが、やはり中国にも春節を祝う特別な料理があるのですね。

そして、年の初めは家族団らんで、美味しくて縁起のいいものをいただくというのは、全世界共通なんですね。

 

 

中国の方、改めまして、あけましておめでとうございます。

2022年が全世界的に平和で安寧な年になりますよう、今一度お祈り申し上げます。

 

(スタッフM)

 

 

February 1st is the new year of the lunar calendar.

And there are 333 days left until the end of the year.

Somehow, this is a wonderful day.

 

In China, the New Year of the lunar calendar is called the Chinese New Year.

It is said that this day is the most important and traditional holiday for Chinese people all over the world.

Certainly, at this time of year, the news shows that fireworks and firecrackers are being broadcast in Chinese images, and in front of Corona, many Chinese people came to Japan and were “bombed” during the Chinese New Year holidays. The state was being broadcast.

 

 

However, I didn’t know much about Chinese New Year, so I did some research.

Then, fireworks were set off on the screen of Google.

Every time I searched for the Chinese New Year word, a video of fireworks rising came out, and I felt a festive mood.

 

 

“Chinese New Year” seems to be the most exciting time in China, and preparations for the Chinese New Year begin a few days before the Chinese New Year.

By the way, this year, February 1st (Tuesday) is the Chinese New Year, and the holiday period is 7 consecutive holidays from January 31st to February 6th.

Depending on the region, there are ways to celebrate dragon dances and lion dances, but the most traditional way of celebrating all over the country is to decorate lucky charms such as red lanterns and spring lanterns, launch firecrackers and fireworks, and “group”. He says he enjoys a dinner called “rice” on New Year’s Eve and gives him a new year’s gift.

 

 

Just as in Japan, the New Year is celebrated while listening to the bells of the New Year’s Eve struck at the temple during the time between midnight on December 31, and in China, firecrackers are rang loudly at 12:00 on New Year’s Eve as a ward off evil, and you can enjoy the fireworks. It seems that there is a custom of celebrating the New Year.

However, it seems that the government has banned firecrackers to prevent the spread of corona ahead of the Olympics this year.

 

 

It seems that you can eat something called “Danshohan” during the Chinese New Year.

It is offered during the Chinese New Year, especially for New Year’s Eve dinner, and is believed to bring good luck next year.

(Is it like Toshikoshi soba in Japan?)

Traditional Chinese New Year food is based on its pronunciation and appearance, and not only is the food itself important, but the preparation is also important, and the way it is served and eaten seems to make sense.

The most common Lunar New Year foods that are familiar in Japan are dumplings, spring rolls, and oranges.

 

First of all, “Gyoza”.

It’s a food with a history of more than 800 years, and it’s a classic New Year’s lucky food in China, especially a traditional dish that can be eaten during the Lunar New Year, which is widely popular in northern China.

Since the shape of the dumplings is like “Genho” (an old Chinese currency), eating Chinese New Year dumplings means bringing wealth.

When making dumplings, add jujube, peanuts, chestnuts, coins, etc. to the bean paste.

Those who eat jujube can make the New Year feel sweet and have happy days.

People who eat peanuts symbolize good health and longevity, and people who eat coins are fortunate to make money.

Also, it is a tradition to make dumplings with a family on New Year’s Eve, and when wrapping dumplings, the more times you fold the dough, the better the auspiciousness!

 

 

“Spring roll”

Spring rolls are named because they are traditionally eaten during the spring festival.

It is a Lunar New Year dish that is especially popular in eastern China, such as Jiangxi, Jiangsu, Shanghai, Fujian, Guangzhou, Shenzhen and Hong Kong.

Spring rolls are a symbol of spring when viewed from old people.

Spring rolls are a Cantonese dim sum dish of cylindrical rolls filled with sweets such as vegetables and meat.

Eating golden auspicious food wrapped in meat and vegetables from head to tail seems to mean consistently auspicious from beginning to end.

 

And the lucky fruit “Yuzu”

During Chinese New Year, certain fruits such as mandarin oranges, oranges, and citrons are eaten.

These fruits are especially round and “golden”, meaning “rich”, “luck” or “success”.

In Chinese, oranges and oranges are written as “orange (chéng)” and “ki (jú)”, and their pronunciation is similar to the characters “chéng” and “jí”. Eating and decorating oranges seems to be believed to bring “luck” and “success”.

Yuzu’s Chinese (Yuzu yòu / yo /) sounds like (Yuyǒu), and eating Yuzu is thought to bring about continuous prosperity.

As the traditional saying goes, the more you eat, the more wealth you bring.

 

 

Even in Japan, we have New Year’s dishes, but there are also special dishes in China that celebrate the Chinese New Year.

And at the beginning of the year, it is common throughout the world to have a family group and receive delicious and auspicious food.

 

 

Happy New Year to Chinese people.

I pray once again that 2022 will be a peaceful and peaceful year worldwide.

 

**********************

 

このところの寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ