ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ふと気になったこと(愛知県名古屋市千種区姫池通 覚王山 古美術風光舎 名古屋店 骨董買取いたします)

2021.09.24

 

みなさん、こんにちは。スタッフmです。

 

 

風光舎の道を挟んだはす向かいにはガソリンスタンドがあります。そこでよく目にするのが、洗車している場面です。ガソリンスタンドのスタッフさんたちがテキパキと働いている姿がとても清々しいなぁ、と思って見ています。今日もなんとはなしにそちらを見ていると、白い車ばかりが立て続けに3台洗車しているのが目に入ってきました。「白い車ばかりだなぁ。白は汚れが目立つから、頻繁に洗車しないといけないんだろうな…。」なんてことを考えていると、今度は道を走る車の色が気になり始めました。風光舎の目の前には、片側2車線、計4車線の交通量の多い道路がありますが、試しに5分間、車の色の調査をしてみました。すると、片側2車線の道路を走る車の色の割合は、白色が46%、続いて黒色が30%、その次に多かったのがシルバーで10%、そのほかは青色、赤色、茶色、黄色などのカラフルな色の車が約7%だということがわかりました。日本で人気の車の色といえば、このように白色、黒色、シルバーだと思いますが、世界的に見るとどんな色が人気を集めているのか、私の中の興味の塊がうずうずしてきました。

 

 

というのも、私は以前、大学生の頃にアメリカの片田舎に短期留学したことがあるのですが、その時にも、走っている車の色について興味を持ったことがあったのです。それは、日本とアメリカでは、走る車の色が全然違うとカルチャーショックを受けたからです。アメリカでは、日本であれほどよく見かけた白い車が極端に少なくて、シルバーやベージュなどあまり主張のない色が多かったのです。どうしてか気になったのでホストマザーに尋ねると、「白い車はアメリカでは霊柩車として使われるので、あまり自家用車としては乗らないわ。」とのこと。個人的な見解でしょうが、なろほどなぁ、と納得しました。その後で、カナダに留学にいった友人にも車の色ってどんなだった?と尋ねてみました。すると、「気にして見ていないからはっきりとは分からないけど、カナダでは自然と調和するような色が多かった気がする。緑とかベージュとかシルバーのような色。」との回答。たまたま私が行った場所や友人が行った場所が、田舎だったこともあるでしょうが、白や黒などのはっきりした色ではなく、シルバーやベージュなどが多かったようなのです。

 

 

20年以上昔のことを思い出し、では今インターネットで調べてみると、世界の事情がわかるかも!と思い早速調べてみました。本当に便利な世の中ですね。(笑) すると、毎年「世界自動車人気色調査報告書」を発表しているアクサルタコーティングシステムズ合同会社というのものを発見しました。そこに載っていた、エリアや国ごとの人気の車の色(ボディーカラーというみたいです)を紹介します。

 

2020年に行われた最新の調査で、世界全体の人気ボディーカラートップ3は1位が白(38%)、2位が黒(19%)、3位がグレー(15%)という結果が発表されています。どの国や地域ごとのデータを見ても白の占める割合は高く、とくに中国では新車の57%が白という結果でした。世界的な人気色である白、黒、シルバー、グレーはいずれも傷や汚れが目立ちにくく、飽きにくく、中古車の下取り価格も高い定番色だからでしょうかね。

 

白は世界的に見ても、何年も1位が続いているようですが、それ以前はシルバーの時代が続いたみたいです。人気の色が白に変わった理由として、Apple社の存在があることを指摘している評論家もいるようです。iPhoneやiPadなどApple社の製品には白を基調としたものが多く、それまで家電製品に多かった白に「デジタル」や「最先端」といったイメージが加わったからだとか。普段からよく使う携帯電話などからは、視覚的にも影響を与えられるのですね。

 

では、アジアで人気の色が気になりませんか?地域ごとの特徴を見てみると、アジアは白が48%と圧倒的に人気が高いことがわかります。そんな中、唯一、インドだけはシルバーが1位になっています。さらに日本、韓国、中国に注目してみると、それぞれの傾向が透けて見えて興味深いのです。韓国と日本の共通項として、青が4位(8%)と他国に比べて高いことが挙げられます。でも理由は少し違うようで、日本では近年販売台数の多いスポーツタイプのハイブリッドカーも、「海」や「水」を連想させる青が好まれるからか、イメージカラーにしているようですが、韓国では昔から大空に対して敬意を払う文化があるため、ブルーは「天青色」とも呼ばれ、好む人も多いみたいです。また、中国ではイエロー・ゴールド系が4位(5%)にランクインしています。世界全体でみると、白、黒、グレーといったモノトーン系定番色に続いてブルーやレッドが人気を集める傾向がある中、珍しい結果となっています。中国では古くから黄色が高貴な色として文化に根付いているからのようですよ。

 

一方、車大国の北米では、デジタル時代が始まった当初から人気だったメタリックなシルバーは2001年から2005年にかけて1位の人気でしたが、近年黒やトレンドの白(25%)にその座を譲り、2016年は1998年以後最低の11%で4位となりました。国旗に使われる赤(10%)や青(8%)も一定の人気を保っているようです。ヨーロッパも北米と同じ傾向で、白が27%、黒が20%でそのあとをグレー(17%)が追随します。二酸化炭素排出量への意識が高いヨーロッパでは、クリーンなイメージの青(9%)も人気が高いようです。南米でも白が41%で1位です。近年は白単色よりもパールホワイトなどの光沢のあるものが好まれるようになってきています。また、緑も5%と比較的多くなっており、これはロシアと南米に特有の傾向のようです。アフリカでは白(47%)とシルバー(16%)で全体の半数以上を占めています。外気温の高い地域なので、太陽の熱を吸収しやすい黒をはじめとするダークカラーはあまり好まれないとも言われています。

 

 

車の色について調べてみましたが、国によっても文化的な背景が違うので、好まれる色が少しずつ違うことがわかりました。でも、インターネットの普及によって選ばれる色や物など、少しずつ世界共通になってきているような感じもします。自国にいながら、他国の文化などを一瞬にして知ることができる便利な世の中になりましたが、自国の文化も大切にしていきたいなぁ、とぼんやり思いました。

 

お読みくださり有難うございました。

 

(スタッフm)

 

Hello everyone. It is staff m.

 

There is a gas station across the road from Fukosha. I often see the scene of washing the car there. I think it’s very refreshing to see the staff at the gas station working hard. When I was looking at it today, I noticed that only white cars were washing three cars in quick succession. When I was thinking, “Only white cars. White is conspicuously dirty, so I think I have to wash the car frequently …”, this time I started to worry about the color of the cars running on the road. rice field. In front of Fukosha, there is a road with a lot of traffic, 2 lanes on each side, 4 lanes in total, but I tried to investigate the color of the car for 5 minutes. Then, the color ratio of cars running on a road with two lanes on each side was 46% for white, followed by 30% for black, 10% for silver, and the others were blue, red, brown, yellow, etc. It turns out that about 7% of the cars are colorfully colored. I think that the colors of cars that are popular in Japan are white, black, and silver, but I’m curious about what colors are gaining popularity worldwide. rice field.

 

After all, when I was a college student, I had a short-term study abroad program in a rural area of ​​the United States, and at that time I was also interested in the color of the car I was driving. That’s because I was shocked by the culture that the colors of the cars running in Japan and the United States were completely different. In the United States, there were extremely few white cars that were so common in Japan, and there were many unclaimed colors such as silver and beige. I was curious about it for some reason, so when I asked my host mother, he said, “The white car is used as a hearse in the United States, so I don’t ride it as a private car.” It’s my personal opinion, but I’m convinced that it’s true. After that, what was the color of the car for a friend who went to study abroad in Canada? I asked. Then, he answered, “I don’t know for sure because I haven’t looked at it, but I think there were many colors in Canada that were in harmony with nature. Colors like green, beige, and silver.” It happened that the place I went to and the place my friend went to was in the countryside, but it seems that there were many silver and beige colors instead of clear colors such as white and black.

 

Recalling more than 20 years ago, if you look it up on the Internet now, you may find out about the world situation! I immediately investigated it. It’s a really convenient world. (Laughs) Then, I discovered an Axalta Coating Systems GK that publishes the “World Automobile Popular Color Survey Report” every year. Introducing the popular car colors (like body colors) for each area and country listed there.

The latest survey conducted in 2020 announced that the top three most popular body colors in the world are white (38%), black (19%), and gray (15%). It has been. Looking at the data for each country and region, the proportion of white is high, especially in China, 57% of new cars are white. The world-famous colors white, black, silver, and gray are all standard colors that are less noticeable in scratches and stains, less likely to get tired, and have a high trade-in price for used cars.

 

White seems to have been number one for many years in the world, but before that it seems that the era of silver continued. Some critics have pointed out that Apple is the reason why the popular color has changed to white. Many of Apple’s products such as iPhone and iPad are based on white, and it is said that the image of “digital” and “state-of-the-art” has been added to the white that was often used in home appliances. You can visually influence it from your mobile phone, which you often use.

So don’t you care about the popular colors in Asia? Looking at the characteristics of each region, we can see that white is overwhelmingly popular at 48% in Asia. Meanwhile, silver is the only one in India. Looking further at Japan, South Korea, and China, it is interesting to see each trend through. One thing that Korea and Japan have in common is that blue ranks 4th (8%), which is higher than other countries. However, the reason seems to be a little different, and it seems that sports-type hybrid cars, which have been sold in large numbers in Japan in recent years, are also made into an image color, probably because blue, which is associated with “sea” and “water”, is preferred. Blue is also called “heavenly blue” because of the culture that pays homage to the sky from ancient times, and it seems that many people like it. In China, yellow and gold are ranked 4th (5%). Looking at the world as a whole, blue and red tend to be popular following the standard monotone colors such as white, black, and gray, which is a rare result. It seems that yellow has long been rooted in culture as a noble color in China.

On the other hand, in North America, a car powerhouse, metallic silver, which was popular from the beginning of the digital era, was the most popular from 2001 to 2005, but in recent years it has become black and trendy white (25%). In 2016, it was ranked 4th with the lowest 11% since 1998. Red (10%) and blue (8%) used for the national flag also seem to maintain a certain degree of popularity. Europe has the same tendency as North America, with 27% white, 20% black, followed by gray (17%). In Europe, where awareness of carbon dioxide emissions is high, the clean image of blue (9%) seems to be also popular. Even in South America, white is number one with 41%. In recent years, glossy materials such as pearl white have come to be preferred over monochromatic white. Also, green is relatively high at 5%, which seems to be a tendency peculiar to Russia and South America. In Africa, white (47%) and silver (16%) account for more than half of the total. It is said that dark colors such as black, which easily absorb the heat of the sun, are not very popular because the outside temperature is high.

 

I researched the colors of cars and found that the colors preferred are slightly different because the cultural backgrounds differ from country to country. However, I feel that the colors and things that are selected due to the spread of the Internet are gradually becoming common throughout the world. It has become a convenient world where you can instantly learn about the cultures of other countries while you are in your own country, but I vaguely thought that I would like to cherish the cultures of my own country as well.

Thank you for reading.

(Staff m)

 

**********************

 

少しずつ涼しくなってまいりました。

何をするにもいい季節にお家のお片付けをされていらっしゃる方も

おいでではないでしょうか。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ