ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ご趣味は…?②(愛知県名古屋市千種区姫池通 覚王山 骨董買取致します 古美術 風光舎名古屋店)

2021.09.14

みなさま、こんにちは。スタッフmです。

 

前回のブログでは、趣味のゴスペルチームを作り、zoomで練習をはじめたという話をいたしました。

さて今回も、趣味のゴスペルの話を少々…。もしよろしければ、お付き合いください。

 

 

まずはゴスペルとは、なんぞや?から。

ゴスペルとは、福音(キリストの教え)や福音書という意味の英語で、イエス・キリストの言葉や、イエス・キリストの生涯が書かれた本のことを言うそうです。でも、ここでいうゴスペルとはゴスペル音楽のことを指し、アメリカ発祥の音楽の一ジャンルのことを言います。ゴスペルは黒人が奴隷だった時代に歌ったスピリチュアルズ(黒人霊歌)が元となり誕生した音楽のスタイルです。

 

 

黒人はその当時、アフリカから奴隷としてアメリカに渡り、人間としての扱いを受けず、過酷な環境下で働かされていました。その奴隷制の下で黒人は聖書を知り、そこに出てくる「自由」「解放」という言葉が彼らにとって「奴隷制からの解放」という希望となりました。黒人たちは夜な夜な主人の目を盗んでひっそりと集まり、自分たちだけで歌って踊れる場を作るようになりました。建物も何もないこの集会は「見えない教会」と呼ばれ、彼らにとっては宗教的な役割だけでなく、悲劇的な境遇を耐え忍び、お互いを支え合う地域コミュニティーそのものとなったようです。

 

奴隷制という苦しみからの解放を願い、歌い踊ったのが元となり、このようにしてゴスペル音楽ができました。今でもこのゴスペルが人気があるのは、時代や状況は違えど、今生きていることが辛かったり苦しかったり、何かから解放されたい人々の心をグッと掴むようなソウルを感じるからではないでしょうか。人種や国籍、宗教さえも越え、世界中の人々が高らかに歌っているのがその大きな証拠です。

 

 

では、今回私が募集をかけたゴスペルチームに応募してきてくれた方々は、なぜゴスペルを歌いたかったのでしょうか。これは私なりの解釈ですが、募集するときに強調したのが「歌うことで自分を解放しよう!」ということです。今の世の中が特にそうかもしれませんが、いつ明けるのかわからない闇の中のような状況です。誰もが日常生活のさまざまな場面で我慢を強いられます。特に女性は…。コロナの影響で自殺者が増えていますが、女性の自殺率がとても上がったという悲しいニュースを目にした方も多いでしょう。そういうことから、女性を少しでも解放したいと思ったんです。その方法として思いついたのが、ゴスペルです。時代は違うけれども、苦しい状況下でも歌うことで何とか支え合い、辛さを忘れ、心を保ってきた歴史のあるゴスペルは、今の状況にカチッとはまるのではないかと。

 

また、歌うことは日本人が大好きだというのも理由の一つに挙げられます。その昔、日本を訪れた西洋人が、日本人の生活の隅々にまで「歌」があることに驚いたといいます。「民謡」「作業歌」「祝い唄」など、世界的に見ても歌が非常に豊富な国だったようです。私もそのような話は聞いたことがあります。名古屋城に行った時の話ですが、お城を築くための石垣の石がものすごく大きくなことに驚き、どうやって運んだのか気になり尋ねてみました。すると、車などない昔の人たちだから、人力しか手段がなかったそうですが、その際にみんなで一緒に歌を歌って運んだようなんです。歌うことで人間の計り知れない力が湧いてきて、運ぶのが不可能と思われるほどの大きな石も運べたようなのです。それくらい、歌には不思議な力があるようです。

 

そんな歌が日常生活に根付いていた日本人ですが、西洋化の波と共に、民衆の歌のほとんどが姿を消してしまいました。そしていつしか歌は「プロ」のもので、そのレベル以下のものはカラオケでプロの歌真似をしていればいい、という風潮に変わってきたようです。そのカラオケも、今や緊急事態宣言で閉鎖され、日本人からは歌が完全に奪われてしまっています。でも、本来日本人のDNAの中に刻まれている歌が大好きという部分は、どうやっても消せない気がします。歌うことで元気になり、笑顔になり、楽しくなる。生きる気力も湧いてくるし、辛いことも忘れられる。しかも、歌うのには道具もなにもいらないのです。また、歌は一人で歌っても楽しいし、二人で歌ってもハーモニーが楽しめる、たくさんで歌ったら、その声の力に心が震えるような体験もできます。歌うことは、メリットしか思いつきませんね。(笑) でも、それくらい素晴らしい。だから、人は歌うんでしょうね。

 

私はこのような状況下だからこそ、ゴスペルを歌おうと思いました。歌うことで困難な状況を打破したいから。覚悟を決めて動くと、自ずと結果がついてきます。だからきっと、このゴスペルもうまくいくと信じています。

 

また状況報告など、書きたいと思います。その時は懲りずに、お付き合いくださいませ。

 

(スタッフm)

 

 

Hello everyone. It is staff m.

In the previous blog, I talked about creating a hobby gospel team and starting practicing at zoom.

By the way, this time too, I would like to talk a little about my hobby, gospel. If you don’t mind, please go out with me.

 

First of all, what is gospel? from.

Gospel is an English word that means the gospel (the teaching of Christ) or the Gospel, and is said to mean a book that describes the words of Jesus Christ and the life of Jesus Christ. However, gospel here refers to gospel music, which is a genre of music that originated in the United States. Gospel is a style of music that originated from the spirituals sung when blacks were slaves.

 

At that time, blacks traveled from Africa to the United States as slaves, were not treated as humans, and were forced to work in harsh environments. Under that slavery, blacks knew the Bible, and the words “freedom” and “liberation” that appeared there became their hope of “liberation from slavery.” Blacks began to steal the eyes of their masters at night and gather quietly to create a place where they could sing and dance on their own. This rally, with no buildings, was called the “Invisible Church,” and for them it seems that they have become not only a religious role, but also a local community that endures tragic circumstances and supports each other.

Gospel music was created in this way, based on singing and dancing, hoping for relief from the suffering of slavery. This gospel is still popular, not because it’s hard or painful to live in different times and situations, and it feels like a soul that grabs the hearts of people who want to be freed from something. Is not it. The great proof is that people all over the world are singing high, regardless of race, nationality, or even religion.

 

So why did the people who applied for the gospel team I recruited this time want to sing gospel? This is my interpretation, but when I recruited, I emphasized “Let’s release myself by singing!”. This may be especially true in today’s world, but it’s like a darkness where you don’t know when it will dawn. Everyone is forced to put up with various aspects of their daily lives. Especially for women … The number of suicides is increasing due to the influence of the corona, but many of you may have seen the sad news that the suicide rate of women has risen significantly. For that reason, I wanted to free women as much as possible. Gospel came up as a way to do this. Although the times are different, gospel with a history of supporting each other by singing even in difficult situations, forgetting the pain, and keeping the heart, may fit into the current situation.

Another reason is that Japanese people love singing. A long time ago, Westerners who visited Japan were surprised to find “songs” in every corner of Japanese life. It seems that the country was rich in songs such as “folk songs,” “work songs,” and “celebration songs.” I have heard such a story. When I went to Nagoya Castle, I was surprised that the stones in the stone wall for building the castle were so big that I was curious about how I carried them and asked. Then, since they were old people who didn’t have cars, they had no choice but to use human power, but at that time, it seems that everyone sang and carried them together. It seems that singing gave rise to the immeasurable power of human beings, and could carry large stones that seemed impossible to carry. It seems that the song has a mysterious power.

Such songs have taken root in everyday life, but with the wave of westernization, most of the popular songs have disappeared. And it seems that the trend has changed to the trend that songs are “professional” songs, and those below that level should just imitate professional songs at karaoke. The karaoke has now been closed due to a state of emergency, and the songs have been completely deprived of the Japanese. However, I feel that I can’t erase the part that I love the songs that are originally engraved in the DNA of Japanese people. Singing makes you feel better, smiles, and makes you happy. The energy to live will spring up, and the pain will be forgotten. What’s more, you don’t need any tools to sing. Also, singing alone is fun, and you can enjoy harmony even if you sing together. If you sing a lot, you can experience the power of your voice. Singing can only come up with merits. (Laughs) But that’s wonderful. That’s why people will sing.

I decided to sing gospel because of this situation. I want to overcome difficult situations by singing. If you are prepared and move, the results will come naturally. So I’m sure this gospel will work too.

I would also like to write a status report. At that time, please do not be disciplined and keep in touch.

 

(Staff m)

 

**********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL;  052(734)8444

MAIL;   fuukousya@gmail.com

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ