ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ご趣味は…?①(愛知県名古屋市千種区姫池通 覚王山 骨董買取致します 古美術 風光舎名古屋店

2021.09.12

突然ですが、みなさまは今、何か楽しんでいるご趣味はございますか?

 

古美術風光舎名古屋店のブログをお読みいただくみなさまですから、きっと美術鑑賞や骨董品をお集めになることなど、高尚なご趣味がおありだと思います。スタッフとして働きながら、古美術に関する知識がまだまだ乏しい私からしましたら、尊敬に値します。

 

なんて、お見合いのような始まりで書き始めたこのブログですが、今日は私の今ハマっている趣味についてお話させてください。

 

 

実は私、最近ゴスペルチームをつくりました。

 

そのきっかけは、「天使にラブソングを…」という映画です。確か、30年くらい前にやっていた映画で、テレビでも何度も放送していますので、ご存じの方も多いかと思います。

私も当時は子供でしたので、映画館ではなく家のテレビで見ていましたが、それは見ているだけですごくワクワクしました。

そして、素直に喜びや楽しさの感情を表現したり共有するアメリカの人たちの様子に、文化の違いを垣間見て、アメリカのことがとても羨ましくなったのを今でも覚えています。

私がアメリカに抱いた憧れは、思い返せば、良くも悪くも感情をありのままに表現できるところだったのかもしれないな、と今なら思います。

当時の日本人、というか私は、恥ずかしがり屋で内弁慶で、人前ではあまり感情を出さないのが普通だと思っていましたから。

こんな風に歌をうたって心を解放し、聞く人にも高揚感を与え、スタンディングオベーションの嵐が起こるなんて、日本にはないな・・・と。

 

 

そして、時がたち子育て真っ最中の10年くらい前。ゴスペルチームに入って歌っているという女性の特集番組をテレビで拝見しました。それを見て、子供時代のゴスペルへの憧れが再燃!

日本でもゴスペルってできるんだ!という、今考えたら当たり前かもしれませんが、田舎に住んで子育てまっしぐらだった私にとっては、そんなことができるなんて考えもしなかったので、目から鱗が落ちる思いでした。

 

 

その後で、都市部に引っ越したことで、ゴスペルチームが見つけやすくなってきました。でも、いざ入るとなると、勇気がいるもので、一先ず息子をあるゴスペルチームに入れました。そこは大人の部と子供の部があるところで、コンサートを開催する時は全員が出演するので大人の様子も見られます。息子はそこには合っているようでしたが、私にはまだ心の余裕がなかったので、その時は入るのを見合わせました。

 

 

また時がたち、息子の中学のママさんコーラスの募集を目にしました。歌をうたうことに違いはないから、入ってみようかと軽い気持ちで入りましたが、ゴスペルを歌いたい私と、コーラスを歌うグループでは歌の方向性や、態度が少し違っていました。それでも、なんだかんだと5年近くは続けてはいましたが...。しかし、仕事が忙しくなりいよいよ続けられなくなったため、やめることにしました。

 

 

その後はしばらく歌っていなかったのですが、最近になって、やはり歌いたい!と思うようになりました。それは、もしかしたら、コロナの影響で、みんなでカラオケに行きにくくなったからだとか、色々な我慢が重なった結果かもしれません。

 

できればゴスペルを歌ったことがないけれど挑戦してみたいという、私と同じ気持ちを持った方たちでグループを作りたい、という気持ちが湧いてきました。そして、奇跡的に歌を披露する場が出来たんです。

これはゴスペルチームの立ち上げをやらない手はないな、と流れに乗って軽く募集をかけてみました。

 

するとすぐに、私が考えていたくらいの人数のかたの応募があり、ピアノ伴奏者もすんなり決まりました。ただ、住んでいる地域が日本全国ばらばらの方ばかりなので、リモートで練習するしか方法がありません。そこで、得意のzoomを利用し、練習を開始しました。

 

zoomは離れた場所に住む人たちでも簡単に会えるというメリットがありますが、歌をうたうのに最大のデメリットもあるのです。

それが、わずかな時差が発生するということです。2人くらいならまだ許せますが、10人とか大人数になると歌声はカオスです。バラバラと全くそろわないので、とにかく聞いていて気持ちが悪い!

 

そんなデメリットもあるけれど、違う面でカバーしていこうと今は模索中です。

 

その様子は、また次の私の回でお話しさせていただきますね。

お読みいただきありがとうございました。

(スタッフm)

 

 

 

Suddenly, do you have any hobbies that you are enjoying now?

As you read the blog of the antique Fukosha Nagoya store, I’m sure you have a noble hobby, such as appreciating art and collecting antiques. It is worthy of respect for me, who works as a staff member and has little knowledge of antique art.

I started writing this blog at the beginning like a matchmaking, but today I would like to talk about my hobby that I am addicted to.

 

Actually, I recently created a gospel team.

The trigger was the movie “Love Song for Angels …”. Certainly, it was a movie that was done about 30 years ago, and it has been broadcast on TV many times, so I think many of you know it.

I was a kid at the time, so I watched it on my home TV instead of in the cinema, but it was really exciting just watching it.

And I still remember that I was very envious of America when I got a glimpse of cultural differences in the appearance of Americans who honestly express and share feelings of joy and enjoyment.

In retrospect, I think that my longing for America may have been the ability to express emotions as they are, for better or for worse.

The Japanese at that time, or rather, I was shy and Uchibenkei, and I thought it was normal for me not to express much emotion in public.

There is no such thing as a standing ovation storm in Japan that releases the heart by singing songs like this, giving the listener a feeling of exhilaration.

 

And about 10 years ago, when the time was right, I was in the middle of raising my child. I watched a special program on TV about a woman who joined the gospel team and sang. Seeing that, my childhood longing for gospel rekindled!

You can do gospel in Japan too! It may be natural to think about it now, but for me, who lived in the country and raised children, I never thought that I could do that, so I thought that the scales would fall from my eyes.

 

After that, moving to an urban area made it easier for the gospel team to find it. But when it came time to get in, I had the courage to put my son in a gospel team. There is an adult section and a children’s section, and when a concert is held, everyone will appear, so you can see the adults as well. My son seemed to fit in there, but I couldn’t afford it yet, so I forgot to enter at that time.

 

Over time, I saw a recruitment of my son’s junior high school mom chorus. Since there is no difference in singing songs, I entered with a light feeling to try, but the direction and attitude of the song was a little different between me who wants to sing gospel and the group who sings the chorus. Even so, I had been doing it for almost 5 years. .. .. .. However, I decided to quit because my work was so busy that I couldn’t continue.

 

I haven’t sung for a while after that, but recently I still want to sing! I came to think so. Perhaps it was because of the influence of Corona that made it difficult for everyone to go to karaoke, or because of various patience.

If possible, I have never sung gospel, but I want to try it, and I want to form a group with people who have the same feelings as me. And there was a place to miraculously perform the song.

I tried to recruit lightly by following the flow, saying that there is no way I can not do this without starting the gospel team.

Immediately after that, there were as many applications as I had expected, and the piano accompaniment was decided smoothly.

However, since I live in different areas all over Japan, I have no choice but to practice remotely.

So, I started practicing using my favorite zoom.

Zoom has the advantage of being easy to meet even for people living in remote areas, but it also has the biggest disadvantage of singing songs.

That is, there is a slight time difference. I can still forgive about 2 people, but when it comes to 10 people or a large number of people, the singing voice is chaos.

It doesn’t come together at all, so it feels bad to hear it anyway!

 

Although there are such disadvantages, I am currently looking for ways to cover it in a different way.

I will talk about that situation again in my next episode.

Thank you for reading.

(Staff m)

 

**********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL;  052(734)8444

MAIL;   fuukousya@gmail.com

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ