ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

季節の変わり目を発見することが好きです。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2021.09.05

皆さまこんにちは、スタッフYです。

 

古美術風光舎名古屋店のあります名古屋市千種区、先日からの雨の予報がはずれ、朝からすっきりとした青空がでてきました。

 

低気圧が去って、「いやぁ、いいお天気だ」と空を見上げたところ、先月の空と違い、こころなしか雲が上にあがっているような、「天高く馬肥ゆる秋」という言葉があるくらいなのだから、夏に比べてなんだか空が高くなったように見えますね。まだセミが鳴いていたりと季節はごちゃ混ぜの移行期間といったところですが、些細なところに季節の移り変わりが見えてきたりします。

 

先日の投稿にも綴りましたが、季節の変わり目がなんとなく好きで、結構五感を利かして探しているのですが、いや、無意識でしょうか。「むむっ」と、野生動物のように感知しようと?いや、感知してしまいます。

 

変わり目をいち早く見つけると「やったぜ」と、こぶしを密かに作って、小さな自己満足を得ており、今日は、心なしか高くなった空を見上げ、「みつけたぞ」と、こっそり満足いたしておりました。

 

そんな話はさて置き、

先日の秋の長雨と関係しますが、秋は移動性高気圧と低気圧が日本の上空に交互にやってきます。それゆえ天気が変わりやすく、時折その雨が長く居座ると秋雨となりますよね。

 

秋晴れの場合は移動性高気圧が生まれ故郷は中国大陸からの偏西風にのって日本上空にやってきます。大陸生まれのこの移動性高気圧は、夏に日本の上空にやってくる太平洋高気圧に比べ、含んでいる水蒸気の量が少ないので、つまり乾いています。秋晴れって、カラッとしていますものね。

 

また、大気中に水蒸気がたくさん含まれ、太陽の光の散らばり具合などから白っぽく見える夏の空ですが、秋の乾いた移動性高気圧に覆われるようになると、空の青い色がはっきりと濃く見えて空が高く感じられるということのようです。雲などが高く見え、空が本当に高いのではなくて、あくまでも高く感じられるだけのようですね。

 

もうひとつ。

夏は、強い日差しの影響で、大気の対流活動大気が上下に混ざりあい、それが活発になります。そうすると、もこもこっとした入道雲のような雲が発生しやすくなります。ですから湿った太平洋高気圧が日本上空を覆っている夏には、空の低い位置にもこもこっとした雲が発生しやすいのですが、秋になり、日差しもやや弱まってくると、この大気の対流活動も落ち着くのでもこもこっとした雲が減ってきます。それで空の高いところの雲まで見渡せるようになるというわけのようです。

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

In Chikusa-ku, Nagoya, where the antique art Fukosha Nagoya store is located, the forecast for rain from the other day was off, and a clear blue sky came out from the morning.

When the low pressure system left and I looked up at the sky saying, “No, it’s fine weather,” there is a word, “Autumn high in the sky,” which looks like clouds are rising above the sky, unlike last month’s sky. It looks like the sky is higher than in summer. The cicadas are still ringing and the seasons are still in a mixed transition period, but the change of seasons can be seen in trivial places.

 

As I spelled in my post the other day, I somehow like the changing seasons, and I’m looking for it with all my five senses, but is it unconscious? Trying to sense it like a wild animal? No, I will detect it.

When I found a turning point early, I secretly made a fist and got a little self-satisfaction. Today, I looked up at the sky that had risen in my heart and secretly satisfied that I found it. I was there.

 

Putting that story aside,

Although it is related to the long rains of autumn the other day, mobile high and low pressures alternate over Japan in autumn. Therefore, the weather is volatile, and if the rain is long, it will be autumn rain.

 

In the case of clear autumn, a mobile high pressure is born and the hometown comes over Japan by the westerlies from mainland China. This continent-born mobile high pressure contains less water vapor than the Pacific High, which comes over Japan in the summer, which means it is dry. It’s sunny in autumn and it’s crisp.

 

In addition, the atmosphere contains a lot of water vapor, and the summer sky looks whitish due to the scattering of sunlight, but when it is covered with the dry mobile high pressure in autumn, the blue color of the sky looks clearly dark. It seems that the sky feels high. Clouds and the like look high, and the sky is not really high, it just feels high.

 

Another.

In summer, due to the strong sunlight, the convective activity of the atmosphere mixes up and down, making it more active. Then, clouds like cumulonimbus clouds are likely to occur. Therefore, in the summer when the moist Pacific High covers the sky over Japan, cloudy clouds are likely to occur even in the lower part of the sky, but in the fall, when the sunlight becomes a little weaker, this atmospheric convection As the activity calms down, the muffled clouds will decrease. It seems that you will be able to see the clouds in the high places of the sky.

 

 

ではなぜ、今日は空が高いなと気づいたのかと申しますと…。古城好きのみなさま、画像投下いたします。ここで、気づきましたよ。

 

古美術風光舎名古屋店のすぐ裏手にあります、城山八幡宮、末森城空堀跡からの空。

 

The sky from Shiroyama Hachimangu Shrine and Suemori Castle Remains, located just behind the antique art Fukosha Nagoya store.

 

こちら、末森城の以前ブログでお伝えしましたが、現在は城山八幡宮が遷座されておりまして、お参りをすると、もれなく城址跡を体感することが出来ます。その一つが、写真の空堀跡です。スタッフY調べによりますと、散策しますと、末森城は小高い山に位置するのですが、空堀跡は城をかこむように他の箇所にも残っております。

 

ここ末森城は天文16年(1547)織田信長公の父、織田備後守信秀公が東山丘陵の南端に位置するこの地に本城として築城し古渡城から移ったところから始まっており、ここには、信秀公・土田御前・信行(信勝)公・信包公・秀孝公・お市の方・お犬の方等が共に過ごしたとも伝えられております。織田家の本城であります。

 

「200万人都市に残された奇蹟の遺跡」とも呼ばれる末森城は標高43メートル、東西約200メートル、南北約160メートルの平山城で、麓からは約20メートルの高さがあり、この空堀からもわかるように見晴らしはとても良いところに。本丸・二の丸を中心に二重堀をめぐらし複雑な遺構をなしてたようで、名古屋市内ではもっともよく戦国期の状態が残る城址として知られ、現在も殆ど原形に近い姿を伝えております。『末森村古城絵図』(蓬左文庫蔵)によれば、現神門前の南側広場が本丸址、昭和塾堂付近が二の丸曲輪址である。又、本丸を巡る内堀北の虎口には「三日月堀」と称される半月形の丸馬出しがあり非常に珍しいものであったが、今は存在しないようですね。また、城址東南の山麓の城下(末森村)を囲んで堀を巡らした「総構え」の形になっていたとのことですが、現在みられる遺構は1584年頃のもののようで、当時尾張を支配していた織田信雄が小牧・長久手の戦いに備えて整備したものと考えられてたようです。

 

実際に来られた方なら分かると思いますが、戦国時の城址がいきなり街の中に残っていますので、本当に街中から一気にタイムトリップしたような不思議な感覚になりますね。

 

So why did you realize that the sky is high today? For those who like old castles, we will drop the image. I noticed here.

 

 

As I mentioned in the previous blog of Suemori Castle, Shiroyama Hachimangu is now relocated, and if you visit, you can experience the ruins of the castle without exception. One of them is the remains of Kubori in the photo. According to Staff Y’s research, Suemori Castle is located on a small mountain when you take a walk, but the remains of Sorabori remain in other places as if surrounding the castle.

 

Suemori Castle started here in 1547 when Oda Nobunaga’s father, Oda Nobuhide Oda, built it as the main castle in this area located at the southern end of the Higashiyama hill and moved from Koto Castle. It is also reported that Nobuhide, Dota Gozen, Nobuyuki (Nobunaga), Nobunaga, Hidetaka, Oichi, dogs, etc. spent time together. It is the main castle of the Oda clan.

 

Suemori Castle, also known as the “miracle ruins left in a city of 2 million people,” is Hirayama Castle, which is 43 meters above sea level, 200 meters east-west, and 160 meters north-south. As you can see from the view, the view is very good. It seems that it made a complicated remains around the double moat centering on Honmaru and Ninomaru, and it is known as the castle ruins where the state of the Warring States period remains most well in Nagoya city, and it still conveys the appearance close to the original shape. .. According to “Suemori Village Kojo Ezu” (Hoza Bunko), the south side square in front of the current Shinto gate is the Honmaru ruins, and the vicinity of Showa Jukudo is the Ninomaru Kuruwa ruins. In addition, there was a half-moon-shaped round horse-shaped horse called “Mikazukibori” at the Koguchi in the north of Uchibori, which goes around the main enclosure, which was very rare, but it seems that it does not exist now. In addition, it is said that it was in the form of a “total stance” that surrounded the castle (Suemori Village) at the southeastern foot of the castle ruins and went around the moat, but the remains that can be seen now seem to be around 1584, and at that time Owari was dominated. It seems that it was thought that Nobukatsu Oda, who had been doing this, prepared for the battle between Komaki and Nagakute.

 

As anyone who actually came will know, the ruins of the castle during the Warring States period suddenly remain in the city, so it really feels like a time trip from the city.

 

で、こちらは城山八幡宮の狛犬さんといっしょに空を眺めている写真。

 

And here is a picture of the sky with the guardian dog of Shiroyama Hachimangu.

 

 

とまぁ、話はとっ散らかってしまいましたが、季節の変わり目、いろいろ五感を研ぎ澄まして何かしら変わり目を探すと、いつもの景色も不思議と違って見えてもきますね。

それにしても、空がきれい。

 

Well, the story has become confusing, but if you sharpen your five senses and look for something different at the turn of the season, the usual scenery will look different. Even so, the sky is beautiful.

 

 

**********************

 

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ