ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

おうち時間に映画鑑賞(愛知県名古屋市千種区姫池通 買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2021.08.21

皆さま、こんにちは。

 

 

最近は毎日雨が降り、天気があまりよくありませんね。感染者数も増加しているので、必然的に家で過ごすことが多くなっています。おうち時間ということですね。

考えてみれば、昨年の夏休みも自粛要請などがあり家に引きこもっていたような気がします。昨年の夏休みは、わたしはずっと本を読んでいた記憶があります。ですから、本当に一日中自室にこもるという感じでしたね。

今年は去年に比べ、夏休み中にあまり本を読みたいという気持ちはありません。

きっと、昨年は新しい環境に慣れるのに大変で普段本を読むことができていなかったので、夏休みを使ってその欲求を解消していたんですね。今年は、心に余裕ができ読みたいときに読めていたので、今あまり読みたいという欲求がないのかもしれません。

本を読まない分、その空いた時間に映画を観ました。もちろん家でなのですが、最近は動画配信サービスで月々の料金を払ってしまえば見られる作品が多くあるので便利ですね。

そのアプリの中に観たい作品などを、チェックしておくウォッチリストというものがあるのですが、わたしはそこに色々なジャンルがたくさん保存されています。保存ばかりしているので、減らずに増えていく一方でそろそろ消化して(見て)いかないとと思っております。

 

先日は、「モリのいる場所」という画家の熊谷守一を主人公に描かれた作品を見ました。熊谷守一と言えば、わたしがぱっと思いつくのは愛知県美術館です。愛知県美術館には展覧会が開かれるとよく行くのですが、最後に常設展を見る時にいつも熊谷守一の絵が展示されており、いい絵だな~と思い見ています。熊谷守一の絵は、作風というのか、見て分かりやすいですよね。あ!これは熊谷守一の絵だ!となります。きっと熊谷守一の絵が好きな方は多いですよね。(私の友人にも多いです)

 

「モリのいる場所」は、2018年の10月29日に公開されていて、見よう!と思ったのですが、自分の都合が合わず見に行くことができませんでした。レンタルしようと思ったのですが、見事忘れてしまいました。今になっても思い出せるくらい、当時は楽しみにしていましたね。楽しみにしていた理由に、熊谷守一だからというだけではなく、俳優さんも入っています。予告映像を見たときに、俳優さんの演技に驚かされました。熊谷守一を山崎努さん、妻の秀子を樹木希林さんが演じています。加瀬亮さんという俳優さんも出てくるのですが、この方は別の映画を観たときにすごくかっこよかったのを覚えています。

 

この映画は、「30年もの間、ほとんど自宅を外出する事なく庭の生命を描き続け、97歳で死去するまで生涯現役だった画家の熊谷守一を主人公に、晩年のある1日をフィクションで描いた作品」になります。ジャンルはドラマに入るのですが、コメディ要素がありクスッと笑ってしまうシーンがいくつもありました。少しファンタジー要素もありました。日常を描く映画は、淡々と進んでいくことが多く人によってはつまらないと感じてしまうことがあるかもしれませんが、これは面白かったです。(もしかしたら、そのコメディー要素が嫌だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…親近感は感じました)

 

熊谷守一は「画壇の仙人」と呼ばれ、本当に見た目も仙人のようですし、性格も極度の芸術家気質だったそうです。そんな彼を支え、色々なことがあったなかで何十年も人生を共にしてきた妻の秀子さんもすごいですね。

そして映画では、彼らの暮らす家と庭を中心に物語が進んでいきます。映画では、熊谷守一が30年もの間見続けた庭や、家を表現していて映画を観ている間ずっと癒されました。

普段映画を観ていて、虫が出てきたらうっ!となってしまいますが、この映画では一切そうなりませんでした。すべて美しく見えます。

ネタばれはしたくないので、映画を観て1番好きだったセリフを。

「よく見て。」

熊谷守一が、カメラマンの方に言った言葉です。わたしにはすごく刺さりました。セリフとシーンもよかったのですが、一日中庭にいる熊谷守一が、毎日そこで何をしていたのか分かる一言ですよね。

 

この映画は1時間39分と映画にしてはそんなに長くないので、もし熊谷守一に興味がある方は見てみて下さい。

 

 

Hello everyone.

It’s been raining every day these days and the weather isn’t very good. As the number of infected people increases, they inevitably spend more time at home. It’s home time.

When I think about it, I feel like I was staying at home during the summer vacation last year due to a request to refrain from doing so. I remember reading a book all the time last summer vacation. So it really felt like I was staying in my room all day long.

Compared to last year, I don’t feel like reading a book much during the summer vacation this year.

I’m sure last year it was hard to get used to the new environment and I couldn’t read books normally, so I used summer vacation to eliminate that desire. This year, I was able to read when I wanted to, so I may not have much desire to read now.

I watched a movie in my spare time because I didn’t read a book. Of course, it’s at home, but these days it’s convenient because there are many works that you can see if you pay a monthly fee for the video distribution service.

There is a watch list in the app that you can check the works you want to see, but I have a lot of various genres stored there. Since it is only being preserved, I think that it will not decrease and will increase, but it will not be digested (looked at) soon.

 

The other day, I saw a work by the painter Kumagai Morikazu called “Mori, the Artist’s Place”. Speaking of Kumagai Morikazu, the one that comes to my mind is the Aichi Museum of Art. I often go to the Aichi Prefectural Museum of Art when an exhibition is held, but when I see the permanent exhibition at the end, the painting of Kumagai Morikazu is always on display, and I think it’s a good painting. Kumagai Morikazu’s paintings are easy to understand, perhaps because of their style. a! This is a picture of Morikazu Kumagai! It will be. I’m sure there are many people who like Kumagai Morikazu’s paintings. (Many of my friends)

 

“Mori’s Place” was released on October 29, 2018, so let’s see it! I thought, but I couldn’t go to see it because it wasn’t convenient for me. I wanted to rent it, but I forgot it. I was looking forward to it at that time so that I could remember it even now. The reason I was looking forward to it was not only because it was Morikazu Kumagai, but also because there were actors. When I saw the preview video, I was surprised by the acting of the actor. Tsutomu Yamazaki plays Morikazu Kumagai, and Kirin Kiki plays his wife Hideko. There is also an actor named Ryo Kase, but I remember that he was really cool when I watched another movie.

 

This movie is a fiction of a day in his later years, with the main character being the painter Kumagai Morikazu, who continued to draw the life of the garden for 30 years without going out of his house and was active until his death at the age of 97. It will be a work drawn in. The genre goes into a drama, but there were many scenes that made me laugh because of comedy elements. There was also a little fantasy element. Movies that depict everyday life often go on in a straightforward manner, and some people may find it boring, but this was interesting. (Maybe some people don’t like that comedy element, but … I felt a sense of intimacy.)

 

Morikazu Kumagai was called a “painter’s hermit,” and he really looked like a hermit, and he had an extreme personality as an artist. His wife Hideko, who has supported him and has lived with him for decades, is amazing.

And in the movie, the story revolves around the house and garden where they live. In the movie, I was healed while watching the movie, expressing the garden and the house that Morikazu Kumagai had been watching for 30 years.

I usually watch movies, and when insects come out, I’m sorry! But that wasn’t the case in this movie. Everything looks beautiful.

I don’t want to spoil, so I watched the movie and liked the lines that I liked the most.

“Look closely.”

This is the word that Morikazu Kumagai said to the cameraman. It stabbed me very much. The lines and scenes were good, but it’s a word that tells you what Morikazu Kumagai, who is in the garden all day, was doing there every day.

 

This movie is 1 hour and 39 minutes, which is not so long for a movie, so if you are interested in Kumagai Morikazu, please take a look.

 

**********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ