ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

帰省した時の不思議なタイムトリップ。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2021.08.08

こんにちは皆さま、スタッフYです。

 

 

 

このところの状況下ですが、久しぶりに帰省をされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。私も実は、遠方帰省組でして、なかなか移動がままならない状況ではあります。帰省を考えられている方、どうぞ道中お気をつけて移動なさってくださいませ。

 

それはそうと。久しぶりに実家に帰った時に、ことに遠方でなかなか帰る機会の少ない方ならお分かりいただけるかと思われますが、本日は、久しぶりの実家に戻る時につつまれる不思議な感覚について、だらだらと綴っていきたいと思っております。

 

まずは、遠方の帰省民にとって、帰省への戦闘モードは随分前から始まっています。

 

帰省した際のお土産、いろいろな外出や遊びに供えた服装やグッズなどの準備、帰る際の交通機関の予約や準備、長期不在によるスケジュールや住まいの対応などなど結構めんどくさい。家族連れの方だと、これまた家族分の準備や体調に気を使ったりと、これまためんどくさい。

 

けれど、だんだんとめんどくさいをかき消すような久しぶりに会う親や親せき友人そして、故郷の風景へのわくわくした高揚感が入り混じった変な気分になってくるのです。帰省の日がいよいよ近づいてくると、ますます気もそぞろになって、前日は大概、準備で寝てない人も多いのではないでしょうか。そして、変な帰省ハイみたいな感覚にはなってはいないでしょうか。

 

そして、やっと帰省の出発となるわけですが、考えてみたらなんなんでしょうか、ふと我に返ることがあります。そんな大変な思いをしてまでも、帰りたいそして会いたい親や実家や友人そして故郷の風景。それらから湧きだす、人の気持ちをも動こかし、帰ろうと思わせるすごいパワーは何なのだ。

 

はい、でもすぐにわかります。それは、〝愛〟の何ものでもないのではないでしょうか笑。おじいちゃん、おばあちゃん元気かな、親はどうしてるかな、友達の顔みたいな、あのお店まだやってるかな、あの景色みたくなったなどなど。これ、全部〝愛〟ですね笑。

 

そう思うと、帰省のラッシュがいつも愛おしいなぁと思えてきたりもします。私の帰省は車にて高速移動なのですが、昨日は遅くまでお仕事だったであろう帰省の大渋滞の高速のお隣の車のお父さんに、思わず、「お互いがんばろう泣」と心の中で呟いていたり。勝手ではありありますが、妙な連携感を感じていたりします。

 

そうやって、満員の交通機関を乗り継いだり、大渋滞の高速道路にどっと疲れながらも、多くの人がこの時期に人民大移動を行い、倒れ込むように実家へ帰りつきます。もうここですでにお疲れさまです。

 

そして、そこから、ゆっくりする間もなく、お墓参り、親戚へ顔出し、夏のイベント、みんなで食事の準備、親の愚痴聞き…などなど、帰省で休まる人って本当にいるのか、とも思えてきますが。

 

ですが、私、こんな大変な帰省の最中、唯一きまって必ずホッとする瞬間がなぜかあるのです。それは、昔の自分に触れる瞬間。帰省した際にはよく、昔使っていたものの片づけをしたりするのですが、それらに触れるとなぜかものすごくホッとして不思議な感覚になることがあります。

 

先日は、小学生の頃のノートが見つかりました。そのノートを見返していると、小学三年生の私のくだらない文章と、絵が。当時のスタッフY、毎日そんなエベントもなく普通の小学生、大して何もない日常に、なにを書くともなくくだらない文章を綴っておりました笑。今と、何ら変わってないですね。

 

ですが、そこにもどった自分だけは、自分時計が逆戻りして、当時に戻っていく感覚。懐かしいだけではまとまらないのです。その後、ふと顔を上げると、今の大人になった自分、それに親は以前より間違いなく歳をとってきているし、実家は古くなっているし、周りの状況の年月の時計は先に進んでいて、色々な時間軸が混沌となり、今、自分はどこにいるのかあちこちタイムトリップを瞬間にしている不思議な感覚が。

 

この感覚に名前をつけるとしたら、なんとつけようか。しっくりくるお名前ありましたら、どなたか教えていただきたいものです。

 

とはいえ、帰省のままならない昨今。今となっては、時間を行き来するあの不思議な感覚に、また遭いたいなと切に願うばかりですね。

 

 

 

Hello everyone, this is Staff Y

It was a recent situation, but I think many people will return home for the first time in a long time. Actually, I am also a distant homecoming group, and it is difficult to move. If you are thinking of going home, please be careful along the way.

 

Anyway. When you return to your parents’house for the first time in a long time, you may know if you are going back to your parents’ house in the distance, but today, I will write about the mysterious feeling that you get when you return to your parents’ house after a long time.

 

First of all, for distant returnees, the battle mode for homecoming has been around for quite some time.

It is quite troublesome to prepare souvenirs when returning home, clothes and goods for various outings and play, reservation and preparation of transportation when returning, schedule due to long absence and housing correspondence. If you are traveling with your family, it is awkward to pay attention to the preparation and physical condition of your family.

 

However, it gradually makes me feel weird with a mixture of parents, relatives, friends, and the excitement of the scenery of my hometown, which drowns out the annoyances I haven’t seen in a long time. As the day of returning home approaches, I feel more and more uncomfortable, and I think there are many people who haven’t slept in preparation the day before. And isn’t it feeling like a strange homecoming high?

 

And finally, it’s time to leave home, but when I think about it, I suddenly get back to myself. Even with such a difficult feeling, the scenery of parents, parents, friends and hometown who want to go home and meet. What is the tremendous power that moves the feelings of those who spring from them? Yes, but you’ll know right away. Isn’t it nothing of “love”? Grandpa, grandma, how are you, what are your parents doing, like the faces of your friends, are you still in that shop, you want to see that scenery, and so on. This is all “love” lol.

 

When I think about it, I always think that the rush of homecoming is adorable. My homecoming is a high-speed movement by car, but yesterday I muttered in my heart, “Let’s do our best, crying” to the father of the car next to the high-speed traffic jam that would have been work until late yesterday. Or something. Although it is selfish, I feel a strange sense of cooperation.

 

In that way, many people make a big move during this time and return to their parents’ homes as if they collapsed, even though they are getting tired of connecting to the crowded transportation system and the highway of the homecoming rush. Thank you for your hard work here. And from there, soon after, I wonder if there are really people who take a rest on their way home, such as visiting graves, visiting relatives, summer events, preparing meals together, listening to parents’ complaints, and so on.

 

However, for some reason, I always feel relieved during such a difficult homecoming. That is the moment when you touch yourself in the old days. When I go home, I often clean up the things I used in the past, but when I touch them, I sometimes feel very relieved and mysterious.

The other day, I found a notebook when I was in elementary school. Looking back at the notebook, I found my crappy sentences and pictures in the third grade of elementary school. Staff Y at that time, ordinary elementary school students without such an event every day, spelling crappy sentences when writing anything in everyday life with no big events lol. It hasn’t changed at all.

However, only for myself who returned there, I felt that my watch went back and returned to that time. Nostalgia is not enough. After that, when I suddenly raised my face, I became an adult now, and my parents are definitely older than before, my parents’ house is old and old, and the surrounding situation is the clock of the year and month. Going forward, various timelines have become chaotic, and I have a mysterious feeling that I am making time trips here and there where I am now.

 

If I could give a name to this feeling, how would I give it? If you have a name that suits you, please let me know.

 

However, these days I can’t stay home. Nowadays, I just hope that I will meet again with that mysterious feeling of going back and forth in time.

 

 

**********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

誠に勝手ながら、8月9日~16日まで、夏季休業とさせていただきます。

なお、電話での問い合わせは、随時承っておりますので、お気軽にご相談等ご連絡くださいませ。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ