ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

大仏さまの役割(愛知県名古屋市千種区「古美術 風光舎 名古屋店」より)

2021.03.11

 

皆さま、こんにちは。スタッフ I です。

 

突然ですが、東大寺 ”奈良の大仏さん”の名で親しまれている「盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)」は、現在の日本円でおよそ4657億円以上もの費用がかかった大事業だったとご存知でしたか?

(材料費、人件費、住居費などを含めます)

「盧舎那仏坐像」とは、経典『華厳経』で説かれる、宇宙を象徴した無限大の仏です。

仏教で世を守る「鎮護国家」の思想に基づき、聖武天皇の発願によって造像。

日本人なら誰でも知っている、あのお姿を見たら納得!とも思いますが、延べ260万人が関わり、7年もの造営期間をかけたという、まさに国を挙げての大プロジェクトだったのですね。

造立に至った理由… それは8世紀、平城京に都が置かれた奈良時代は、政変や疫病など相次ぐ災いを仏法の教えで打破しようと、天皇や貴族が仏像や寺院を建立していたことに始まるとのこと。

鎌倉時代、江戸時代には補修もされていますが、実用を超えた装飾美には圧倒的な生命力が宿るとも言われます。

この大仏さまを前にしたら泣く子も黙る、大人も黙る⁈ほどすべてを見抜かれているような、まさに宇宙をも支配しているかのような圧倒的存在を感じます。

単純に、大昔の人たちってすごいなと感心してしまいます。

 

日本では古代より美しい造形に対するこだわりをもち、貨幣でアートが取引されるより遥か昔、縄文時代から日本人は美に価値を見出してきたそうです。

約1万年続いた縄文時代の中で代表される「火焔型土器」は、口縁に複雑な飾りが施されています。

よく資料に載っているものですね。

当時は専門の職人はいなかったそう。

狩猟や採集のかたわら、土器づくりの腕とセンスが磨かれていったのですね。

そう思うと私たちのご先祖さまって素晴らしい!美的感覚遺伝子を残してくれてありがとう!と思います。

 

造立されてから現在まで、数多くの歴史や困難を見守ってこられた大仏さま。

あの日からちょうど10年という今日をどう感じておられるのでしょう…

被災された方々がこの10年間をどのような思いで過ごされてきたのかと思うと心が痛み、言葉もありません。

前を向いて進んでいらっしゃる皆さまが少しでも早く日常に戻れますよう_

今はただただお祈り申し上げるばかりです。

 

大きな大きな仏像や、お傍にいる小さな古美術品たちは、様々な時代を生き抜いてきた姿やパワーを感じてもらう役目もあるような気がしています。

そんな骨董・古美術たちを見て、皆さまがほっと一息、息抜きできる時間になれば幸いです。

 

 

Hello everyone. This is Staff I.

 

Suddenly, it is said that the “Rushanabutsuzazo”, which is known as “The Great Buddha of Nara” at Todaiji Temple, was a big project that cost more than 465.7 billion yen in the current Japanese yen. Did you know?

(Including material costs, labor costs, housing costs, etc.)

“Roshana Buddha sitting statue” is an infinite Buddha that symbolizes the universe, as explained in the scripture “Avatamsaka Sutra”.

Based on the idea of ​​a “guardian state” that protects the world in Buddhism, the statue was created at the request of Emperor Shomu.

Every Japanese person knows that, and I’m convinced when I see that figure! I think that it was a big project for the whole country, with a total of 2.6 million people involved and a construction period of 7 years.

The reason for the construction … In the 8th century, when the capital was located in Heijokyo, the emperor and aristocrats built Buddhist statues and temples in an attempt to overcome a series of disasters such as political changes and epidemics with the teachings of Buddhism. It will start.

It was repaired during the Kamakura and Edo periods, but it is said that the decorative beauty beyond practical use has overwhelming vitality.

In front of this Daibutsu, the crying child is silent, the adult is silent⁈, and I feel an overwhelming existence as if he is controlling the universe.

I simply admire the people of ancient times.

 

Since ancient times, Japan has been particular about beautiful modeling, and long before art was traded in money, the Japanese have found value in beauty since the Jomon period.

The “flame-type pottery” represented in the Jomon period, which lasted about 10,000 years, has a complex decoration on the rim.

It’s often mentioned in the materials.

At that time, there were no specialized craftsmen.

While hunting and collecting, your skill and sense of making earthenware were improved.

Thinking so, our ancestors are wonderful! Thank you for leaving the aesthetic gene! I think.

 

The Great Buddha has watched over many history and difficulties since it was built.

How do you feel about today, just 10 years from that day …

When I think about how the people affected by the disaster have spent the last 10 years, my heart hurts and I have no words.

I hope everyone who is looking forward can return to their daily lives as soon as possible _

Now I just pray.

 

I feel that the big big Buddha statues and the small antiques by the side also have the role of letting you feel the power and appearance of surviving various times.

We hope that you will have a relaxing time to take a break after seeing such antiques and antique art.

 

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

転居される方も多くいらっしゃる時期ですね。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

先日は京都のお客様より買受させていただきました。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

It’s a time when many people are moving.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

The other day, I bought it from a customer in Kyoto.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ