ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

耳なじみのよいベートーヴェン(古美術 風光舎より)

2021.01.26

 

先日、何気なく流していたベートーヴェンのプレイリスト。

すると交響曲でもない、弦楽四重奏でもないベートーヴェンっぽくない曲調が聴こえてきました。

ピアノ主体のクロスオーバーというジャンルのような…

 

それは、ドイツ(生まれはテヘラン)出身のアラシュ・サファイアンという作編曲家による「Una fantasia」という曲でした。

『This is (Not)Beethoven』(2020年)というアルバムの中の一曲です。

某サブスク音楽サイトによると、

”『月光』をモチーフにしたピアノと管弦楽のための優美な楽曲「Una fantasia」でスタートするこのアルバムは、ベートーヴェンの偉大な作品とともに、時空を超えて自由に飛び回る音楽の旅へとリスナーを連れ出してくれる。__楽曲を手掛けた Arash Safaian にとって、ベートーヴェンのハーモニーやモチーフが、彼の驚異的なイマジネーションと創造を生み出す端緒となっている。 ”との解説が。

 

つまり、現代のリスナーの耳になじむようにベートーヴェン作品を再構成したもの。。

ほどよい劇的さでとても聴きやすいです。

聴き流しにも丁度いいです。

モノクロのミュージックビデオもつけ流しにはいいかもしれません。

 

もっぱら、朝の支度の時間などは洋楽ヒットチャートを聴きながら、テンポアップして準備をするのが常のスタッフ I ですが、寒い日のおこもりには、お気に入りのカップと温かい飲み物をおともに大人しい⁈ベートーヴェンと静かな時間を過ごすのもいいなあと思いました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ