ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ムーラン(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取致します 古美術風光舎)

2022.08.10

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

8月に入って、一つ目の台風「ムーラン」が南シナ海で発生したそうです。進路を西よりにとってベトナム方面に進み、勢力を落として熱帯低気圧になる予想のため、日本への直接の影響はなさそうですね。

 

ところで、台風にはいつも番号と名前が付けられていますよね。今回の台風7号は「ムーラン」。その前の台風6号は「トローセス」と名付けられています。

私にとって番号の方が馴染み深いので、名前をあまり意識したことはありませんでしたが、(名前の存在も最近までは知りませんでした。)気象庁での公式サイトや天気予報などでは台風の番号と同時に名称も公表しているんです。

 

番号と共に、名前を付けるようになった由来はアメリカから伝わったとか…

アメリカではハリケーンに人名(女性名)をつけることが慣例となっていて、国土交通省によると、「1946年から1952年までの6年間はアメリカの占領下に置かれていたため、その慣例にならい、台風にも番号のほかに英語名をつける」ということになっているそうです。

 

その後も台風に名前を付けるという慣習は続きましたが、北西太平洋や南シナ海で発生した台風防災に関する各国の政府間組織として位置づけられている”台風委員会”が2000年から、この領域で発生する台風に共通のアジア名を付けるということで統一されました。

台風委員会では、加盟している14ヵ国などから提案された名前を一覧として140個の名称をリストにしたものが用意されています。実際にこのリストの1番から順番に、台風が発生した際の名前を付けていくそうです。

アジア名として採用する基準として「文字数が多くないこと」「音節が多くなくて発音しやすいこと」「他の加盟国や地域の言語で感情が害すような意味を持たないこと」などが条件のようで、ちなみにこのリストの中には日本から提案された10個の名称もあります。

・コイヌ

・ヤギ

・ウサギ

・カジキ

・カンムリ

・クジラ

・コグマ

・コンパス

・トカゲ

・ヤマネコ

これらはすべて「星座名」で、理由は特定の個人や法人の名称、商標、地名、天気現象名ではない「中立的」な名称で、かつ自然の事物であって比較的利害関係が生じにくく、天空に大気現象である台風にイメージ上の関連があり、人々に親しまれていることが挙げられています。

 

これらの名称は繰り返し使われていますが、被害が大きかった場合などは、被害発生後に別の名称をつけることがあるそうです。

 

台風にもそれぞれ呼び方があることを知ってから、台風第○○号、と番号だけでなく、名前まで確認してしまう癖がついてしまいました。今回の台風「ムーラン」は、中国が用意した名前で花の名前に由来されているそうです。

 

名称は可愛らしくて、馴染みがあっても、台風はとても危険な災害ですので、やはり常に情報を確認しながら、外の様子などを見て早めに命を守る行動を心掛けなければいけません。

また現在、北日本の停滞前線の影響で大雨が続いている地域の方、とても心配です。皆様どうかお気をつけてお過ごしください。

 

そして早い方は明日からお盆休みに入られるのではないでしょうか。今年のお盆もとっても暑くなりそうなので、熱中症対策を万全に楽しくお過ごしください。

 

では。

 

 

 

Hello everyone. This is staff M.

 

In August, the first typhoon “Mulan” appeared in the South China Sea. The typhoon is expected to take a westward course and head towards Vietnam, weakening to become a tropical cyclone.

 

By the way, typhoons always have numbers and names, don’t they? Typhoon No. 7 this time is “Mulan”. The previous typhoon No. 6 was named Troses.

Numbers are more familiar to me, so I hadn’t paid much attention to their names (until recently, I didn’t even know they existed). At the same time, we are announcing our name.

Along with the number, the origin of the name came from the United States… In the United States, it is customary to give hurricanes human names (female names). , typhoons are also given English names in addition to numbers.”

 

After that, the custom of naming typhoons continued, but since 2000, the “Typhoon Committee”, which is positioned as an intergovernmental organization for typhoon disaster prevention in the Northwest Pacific Ocean and South China Sea, has been established in this area. It was unified by giving common Asian names to typhoons.

 

The Typhoon Committee has prepared a list of 140 names proposed by 14 member countries. In fact, it seems that the name of the typhoon will be given in order from the first on this list.

 

The criteria for adopting an Asian name include conditions such as “not having too many letters,” “not having too many syllables and being easy to pronounce,” and “not having offensive meaning in the languages ​​of other member countries and regions.” So, by the way, there are also 10 names proposed by Japan in this list.

・Koinu ·Goat ·rabbit ・Marlin ・Creeper ・Whale ・Cogma ·compass ・Lizard ・ Wildcat

 

These are all “constellation names” because they are “neutral” names that are not the names of specific individuals or corporations, trademarks, place names, or names of weather phenomena, and they are natural things that are relatively unlikely to create conflicts of interest. , It is mentioned that people are familiar with typhoons, which are atmospheric phenomena in the sky.

 

These names are used repeatedly, but if the damage is serious, it seems that another name may be given after the damage occurs. After learning that each typhoon has its own name, I got into the habit of checking not only the number, but also the name. This typhoon “Mulan” is said to be derived from the name of a flower with a name prepared by China.

 

Although the name is cute and familiar, typhoons are very dangerous disasters. Also, I am very worried about people in areas where heavy rain continues due to the effects of a stationary front in northern Japan. Everyone please take care of yourself.

And the early one will be able to start the obon holiday from tomorrow. It looks like it’s going to be very hot this year’s Obon, so please take all possible precautions against heat stroke and have a great time.

Bye.

 

*********************

 

夏の帰省などで、ご実家の整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ