ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

宝石展にてテンション上げてまいりました(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎)

2022.07.21

みなさまこんにちは、スタッフYでございます。

 

いよいよ夏休みにはいったのでしょうか、近所の子供たちが早朝から公園で蝉を捕まえておりましたよ。あの蝉の大合唱の様子ですと、結構つかまえられたのではないかと思うのですが、虫とり籠の中が気になります。

 

さて、先日こちらも蝉の大合唱であったのですが、名古屋のど真ん中白川公園にございます名古屋市科学館にて開催されております

 

特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」行ってまいりましたよ。

 

約200種類もの多種多様な宝石のラフ(原石)・ルース(磨いた石)や、アルビオン アートをはじめとする世界的な宝飾コレクションのジュエリーが展示されており、原石誕生のしくみ、歴史、性質、多様性、加工技術など、実物を見せながら科学的・文化的な切り口で総合的に「宝石」を紹介するもりだくさんな内容であります。

 

先だって、東京開催が閉幕しての名古屋での開催だったのですが、いつも誘ってくれる美術館博物館友人が「ぜひ行きたい!」ということで、ご一緒させていただいたのですが、誘ってくれた友人にありがとうと共に、みなさまも是非行ってほしいので前もってお勧めしいたします。夏休みは、老若男女問わず是非いってみてください。

 

 

まずエントランスの感じですと、科学館ですし、どうせ小学生の夏休みの調べ学習の展示のノリかな…と思われますが、それがいきなり覆されます。

 

 

ブラジルの溶岩台地で掘り出されたという高さ約2.5mの巨大なアメシストドームがいきなりドーン。大量のアメシストがキラキラキラ……。完全にスケールがバグっておりますね。こちらは本展の目玉展示であります。

 

展示スペースは数ブロック内容ごとにわかれておりまして、まずは「第1章 原石の誕生」。地球内部のどういった環境下で原石が形成されるのか、原石を含むさまざまな岩石の大型標本を4つの産状タイプ(火成岩、熱水脈、ペグマタイト、変成岩)にわけて紹介しております。

 

 

 

 

たとえば、マグマが冷えて固まってできた「火成岩」で見つかる原石はダイヤモンドやペリドットなど。地下深くに存在する高温の熱水が岩盤の割れ目などを通って上昇した跡「熱水脈」で見つかる原石はアメシストやロッククリスタル(水晶)。人工物にしか見えないトルマリンや、丸く菌糸類のように結晶化したマラカイトなど、原石のビジュアルは独特。また、地球外産の原石としてペリドットを含むパラサイト隕石も展示されております。

 

その他にも私の知らないたくさんの種類の鉱物が展示されておりましたが、世界にはなんと5,000種を超える鉱物があるようです。実はほとんどがあまり知られてないようでして、今後新鉱物が発見されることもあるため、鉱物の種類が増えていくことが考えられますよね。

 

それにしてもこれらの鉱物、大体50cm四方の塊(もっと大きかったでしょうか)でしてこのスケール感がお伝えできるのか大変悩ましかったのですが、とにかくこれを運び入れるのはクレーンかフォークリフトが登場したのでしょうね笑。

 

まずはこのような様々な形や色の鉱物を生み出した太古の地球の恵みにいきなり感動し、そのスケールの大きさに鉱物好きはまずここで絶句いたします。

 

次の「第2章 原石から宝石へ」では、原石の採掘からカット(成形や研磨の工程)の加工技術などの紹介。

たとえば、ダイヤモンドの魅力を最大限引き出すカットとしてデザインされたラウンドブリリアントカット(58面カット)の工程見本などを展示し、原石がどのような過程で美しい宝石になるのかを分かりやすく解説してりましたので、このあたりから鉱物からリアル宝石があらわれてまいりますよ。

 

そして「第3章 宝石の特性と多様性」では、「輝き」「煌めき」「彩り」「強さ」といった宝石の価値基準となる特性を科学的に解説しながら、ラフ(原石)、ルース(磨いた石)をメインに200種を超える宝石を一挙に紹介。キラキラしたいわゆる宝石の展示が増えてまいりますので、女子はここでため息が出てまいります。

 

 

 

 

また、ダイヤモンド、サファイア、ルビー、エメラルドの4大宝石から、フォスフォフィライトなどのレアストーン、真珠やコーラル(宝石珊瑚)といった生物由来のものまで、それぞれの宝石の特徴や多様性を学ぶこともできます。

 

 

 

 

そしてちょっと楽しかったのが、古美術収集家の橋本貫志氏(1924~2018)が15年かけて世界中のオークションで集めた「橋本コレクション」。指輪約200点を製作年代順に並べた展示およそ4000年におよぶ宝石のカットの歴史をたどることができるのですが指輪が紀元前2000年から人々が指輪で手元を着飾っていたことにおどろきであります。しかもなかなかのクオリティ。

 

そして最後の「第4章ジュエリーの技巧」。これらの展示は宝飾の極みでありまして、宝石のセッティング(仕立て)の技術に着目といいますか、ここで完全に魂が奪われます。

 

優れたセッティングがジュエリーにさらなる付加価値を与えることを示すため、王族や貴族たちの所有物や、パリに本店を構えるハイジュエリー メゾン「ヴァン クリーフ&アーペル」や、兵庫県芦屋市発のジュエリーブランド「ギメル」の芸術的デザインの逸品の数々が紹介されておりましたが、こちらのコーナーは残念ながら撮影禁止。

私の「こんなであんなですごかった!」の、興奮だけしかお伝え出来ないので大変残念でありますが、これは是非実際に足を運んで体感していただきたいので、このあたりといたしましょう。

 

この夏、感動が足りてないなとお思いの皆さま、是非「石」に魂を奪われに「宝石展」訪れてみてくださいませ。完全に奪われます。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

I wonder if the children have finally entered the summer vacation, and the children in the neighborhood were catching cicadas in the park from early morning. Looking at the big chorus of the cicadas, I think I was caught quite a bit, but I’m curious about the inside of the insect cage.

 

The other day, this was also a big chorus of cicadas, but it is being held at the Nagoya City Science Museum in Shirakawa Park in the middle of Nagoya.

I went to a special exhibition “Jewelry, the miracle of the earth”.

 

Approximately 200 types of gemstones, including rough and loose (polished stones) and jewelry from the world-famous jewelry collection, including Albion art, are on display. It is a content that comprehensively introduces “jewelry” from a scientific and cultural perspective while showing the real thing such as diversity and processing technology.

 

Earlier, it was held in Nagoya after the opening of Tokyo, but a friend of the museum who always invites me said “I definitely want to go!” I would like to thank my friends and I would like everyone to go, so I recommend you to go ahead. Please come and visit us during the summer vacation, regardless of age or gender.

 

 

 

First of all, when it comes to the feeling of the entrance, it’s a science museum, and I think it’s the glue of the exhibition of research and learning during the summer vacation of elementary school students, but that is suddenly overturned.

 

 

 

A huge amethyst dome with a height of about 2.5 m, which was excavated on the lava plateau in Brazil, suddenly dawns. A large amount of amethyst glitters … The scale is completely buggy. This is the highlight of this exhibition.

 

The exhibition space is divided into several blocks, and the first is “Chapter 1 Birth of rough stones”. Introducing the environment in which rough rocks are formed, by dividing large specimens of various rocks including rough rocks into four types (igneous rocks, lodes, pegmatites, and metamorphic rocks).

 

For example, the rough stones found in “igneous rocks” formed by the cooling and solidification of magma are diamonds and peridots. Amethyst and rock crystal are the rough stones found in the “lode”, which is the trace of high-temperature hot water that exists deep underground and rises through cracks in the bedrock. The visuals of rough stones are unique, such as tourmaline, which looks like an artificial object, and malachite, which is round and crystallized like hyphae. In addition, the pallasite meteorite containing peridot is also exhibited as an extraterrestrial rough stone.

 

There were many other kinds of minerals that I didn’t know about, but it seems that there are more than 5,000 kinds of minerals in the world. In fact, it seems that most of them are not well known, and new minerals may be discovered in the future, so it is possible that the types of minerals will increase.

 

Even so, I was very worried whether these minerals, a mass of about 50 cm square (maybe it was bigger), could convey this sense of scale, but anyway, it was probably a crane or a forklift that brought it in. Hey lol.

Even so, I was suddenly impressed by the blessings of the ancient earth that produced minerals of various shapes and colors, and mineral lovers are utterly disappointed with the size of the scale.

 

In the next “Chapter 2 From Gemstones to Gemstones”, we will introduce the processing techniques from mining rough stones to cutting (molding and polishing processes).

For example, we exhibited a process sample of a round brilliant cut (58-sided cut) designed as a cut that maximizes the charm of diamonds, and explained in an easy-to-understand manner how the rough stone becomes a beautiful gem. Therefore, real gems will appear from minerals around here.

And in “Chapter 3 Characteristics and Diversity of Gemstones”, while scientifically explaining the characteristics that are the value standards of gemstones such as “brilliance”, “glitter”, “color” and “strength”, rough (raw stone) and loose (raw stone) Introducing more than 200 kinds of gems, mainly polished stones). As the number of glittering so-called jewelry exhibits increases, girls will sigh here.

 

You can also learn about the characteristics and variety of each gem, from the four major gems of diamond, sapphire, ruby, and emerald to rare stones such as phosphophyllite and biological gems such as pearls and corals. I can do it.

 

And I enjoyed the “Hashimoto Collection”, which was collected by antique collector Nuki Hashimoto (1924-2018) at auctions all over the world for 15 years. An exhibition of about 200 rings arranged in chronological order. You can trace the history of jewel cutting for about 4000 years, and it is surprising that people have been dressing their hands with rings since 2000 BC. Moreover, the quality was quite good.

 

And the last “Chapter 4 Jewelery Techniques”. These exhibits are at the height of jewelery, and the focus is on the technique of setting (tailoring) jewels, which is completely deprived of the soul.

To show that excellent settings add more value to jewelry, the property of royalty and aristocrats, the high jewelry maison “Van Cleef & Arpels” with its head office in Paris, and the jewelry brand “Van Cleef & Arpels” from Ashiya City, Hyogo Prefecture A lot of gems of artistic design of “Gimmel” were introduced, but since shooting was prohibited in this corner, I can only convey the excitement of my “It was such a great thing!” It’s a pity, but I would like you to actually visit and experience this, so let’s call it around here.

 

If you are not impressed this summer, please visit the “Jewelry Exhibition” to be deprived of your soul by stones.

 

Well then, good luck.

 

 

*********************

 

このところ、整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ