ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

散歩への世界感が無限に広がるテーマ散歩。(愛知県名古屋市千種区姫池通 古いもの買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.01.29

みなさま、こんにちは。スタッフYでございます。

 

 

このところ、冬至の頃よりは確実に日が長くなっておりますし、ひところに比べましたら少しは日差しもゆるっとなってきているような、季節は忘れずにすすんでいるのだなとちょっとだけ感じているのですが、まだまだ雪の心配のある地域の方もおいでではございます。お気を付けくださいませ。とはいえ、季節は進みながら、戻りながらといったところですね。

 

そんなまだまだ寒い時期ではありますが、散歩やウォーキングをしている方をよくお見掛けいたします。かく言うわたくしも、よくうろうろしているのですが。

 

ところでみなさま、散歩中って何をしてることが多いでしょうか。

あるアンケートにて散歩中に何をしているのかを尋ねたところ、1位は「風景を眺めていること」(70.7%)2位はは「季節を感じている」(61.7%)、3位は「一緒に歩く人と話している」(45.0%)4位は「きれいな植物や花を探している」(40.7%)、5位は「写真を撮っている」(27.2%)などのようでして、まあ、普通こんな感じではありますよね。

 

私もこのような感じなのですが。たまに古地図アプリで情報を拾いながら現代の道と妄想の狭間を楽しんで散歩するくらいなのですが、散歩の達人たちは、もはや散歩のテーマを自ら作り出しているようです。

 

先日散歩の達人がTVにてレクチャーをしてくれている番組をみていたのですが、(番組名を忘れてしまいすみません)達人たちの散歩に対するモチベーションが素晴らしく高いのと、新たな視点を見出していることに、散歩の世界がこれまた無限に広がっているなと気付きました。

 

例えば「昔、学校を通っていた道を振り返るエモい散歩」、「誰も通らないであろうほっそい道をわざと通り寂れた“何か”に対して無駄な事を考える散歩」、「あえて迷い、自分を裏切る散歩」(とはいえ地図か携帯はもっておきましょう)、「ドラマや映画のサウンドトラックやRPG(ロールプレイングゲーム)のBGMなどの音楽を聴きながら自分が勇者や主人公になった気分を味わう散歩」(車などにお気を付けください)などなど。

 

また、誰かと一緒ならばその楽しみ方もまた増え「コースをそれぞれ変えて目的地で合流として先についていた方がどや顔をする散歩」や、子供さんとなら「色見つけしながらどちらがたくさん見つけられるか散歩」なども広がります。もはや、妄想や想像の極みでしょうか。

 

とまあ、こんな風に何も考えずに歩くより、テーマを持って歩いていたほうがずっと楽しめることは新たな発見ではありましたが、何も考えず行きあたりばったりの散歩もそれはそれで予期せぬ新たな発見やいろいろなハプニングに思わず出会いもあったりと、それもそれで大いにありだとは思います。

 

私はどちらかといいますとこちらの行き当たりばったり派なのですが、いつもの車の移動とは違ったゆっくりと流れる風景や道がテーマを与えてくれたり、自由をあたえてくれたりと、ささやかな非日常感や想像力をかきたててくれる散歩がどちらにしても大好きではあります。

 

そんなノープラン散歩派のわたくしですが、実は旧街道を巡る散歩は好きでして。つまり道に大変興味がひかれます。それには、少しきっかけがございまして、くだらないのですがしばしご清聴くださいませ。

 

昔、京都に住んでいた頃なのですが、住まいの隣の工事現場から宇治の平等院へ続く平安時代の旧街道跡がみつかり、調査がはいることに。こんなことは、京奈良では頻繁にあることでして、工事業者さんはまたかといったところでございますが、この街道をたどっていきますとどうもちょうど我が家の真下を通っているではないか。(当時の住まいの下は掘り返すことはできませんが)もう我が家の下のこの旧街道をきっと藤原頼通が牛車かなんかに乗って宇治平等院まで避暑に通ったのではないかと思うと、まあ興奮いたしました。

 

それをきっかけに、旧街道や古い道好きになるのですが、旧街道や古い道を見つけますと、当時の人間になりきったり、史実などを妄想する癖がつき、勝手に変なストーリを作ってしまいがちなのですが、これれっきとしたテーマ散歩なのでしょうか笑。あえて名前を付けるとすると「旧街道や古い道で当時の人間になりきる妄想散歩」か。

 

みなさまも、これはと思われる散歩の方法などごさいましたら、情報を共有しあいましょう笑。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

Hello everyone. This is Staff Y.

These days, the days are definitely longer than at the time of the Dongzhi, and the sunshine seems to be getting looser compared to the place, so I’m not forgetting the season. I feel a little, but there are still some people in the area who are worried about snow. Please be careful. However, the seasons are advancing and returning.

It’s still cold, but I often see people taking a walk or walking. I often hang around like this.

By the way, what do you often do while taking a walk?

When asked what they were doing while taking a walk in a questionnaire, the 1st place was “looking at the scenery” (70.7%) and the 2nd place was “feeling the season” (61.7%), 3 The 4th place is “Talking with people walking with me” (45.0%), the 4th place is “Looking for beautiful plants and flowers” (40.7%), and the 5th place is “Taking pictures” (27.2%). Well, it’s usually like this.

I feel like this too. Occasionally, I enjoy taking a walk between modern roads and delusions while collecting information with the old map app, but it seems that the masters of walking have already created the theme of the walk.

The other day, I was watching a program where a walking master gave a lecture on TV, but (I’m sorry I forgot the program name) I found a new perspective that the masters’ motivation for walking is wonderfully high. I realized that the world of walking is endless.

For example, “an emo walk that looks back on the road that used to go through school”, “a walk that deliberately walks along a slender road that no one will go through and thinks about something useless”, “dare to get lost” , A walk that betrays me “(but keep a map or mobile phone),” I became a hero or a hero while listening to music such as drama and movie soundtracks and RPG (role-playing game) BGM “Walk to feel the mood” (please be careful about cars etc.) etc.

Also, if you are with someone, the way to enjoy it will increase, and if you are a child, you can find a lot of ones while finding colors. “Would you like to take a walk?” Is it the height of delusions and imagination anymore?

Well, it was a new discovery that walking with a theme is much more enjoyable than walking without thinking like this, but it is also an unexpected new thing for a random walk without thinking about anything. I think that it is a great thing to have an unexpected encounter with various discoveries and various happenings.

I’m rather random here, but the slow-moving scenery and roads that are different from the usual car movements give me a theme and give me freedom, which is modest. In any case, I love walking that inspires extraordinary feelings and imagination.

I’m such a no-plan walker, but I really like walking around the old highways. In other words, I am very interested in the road. There was a little chance for that, and it’s silly, but please listen carefully for a while.

A long time ago, I lived in Kyoto, but I found the old highway trace of the Heian period leading from the construction site next to my house to Byodo-in Temple in Uji, and I decided to investigate. This kind of thing happens frequently in Kyo-Nara, and the contractor is like again, but if you follow this highway, it seems that you are just passing under my house. (Although I can’t dig up under the house at that time) I was so excited to think that Fujiwara no Yorimichi might have taken a cow car or something to go to Uji Byodoin on this old road under my house. I did.

With that as a trigger, I become fond of old roads and old roads, but when I find old roads and old roads, I become a human being at that time and have a habit of delusion of historical facts, and a strange story without permission. I tend to make it, but I wonder if this is a delusional theme walk. If I dare to give it a name, would it be “a delusional walk that makes you feel like a human being on the old roads and old roads”?

If you have any questions about how to take a walk, let’s share information.

 

Well then, good luck.

 

**********************

 

このところの寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ