ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

スペインにて古代の硬貨の第一発見者、笑えます。(愛知県名古屋市千種区姫池通 古いもの買取いたします 古美術風光舎)

2022.01.14

みなさまこんにちは、スタッフYでございます。

 

 

先日から暴風雪が日本列島を襲い、各地で雪による多大なる影響がでております。ここ名古屋でも昨夜から雪が降り、今朝わたくしも少し出勤が遅れるという。暴風雪などの大変な地区のみなさま、くれぐれもお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

話はかわりますが、本日はですね 私の大好物なお話を少し。

 

このようなお仕事をしておりますと、古いもののや歴史的なものの発見や発掘には自然と興味がわいてきまして、最近のトピックなども目に留まることがままこざいます。特に自分の性格上、ウイットに富んだネタは大好物でして、今回のニュースはさすがに笑いました。

 

先日、スペイン北部の洞窟で古代ローマ時代の硬貨約200枚が見つかったのは、アナグマのおかげだったことが明らかになったというニュースが。

空腹のアナグマは、餌を探して土を掘り返すのですがその際、偶然硬貨を掘り当てたとみられるというのです。その論文が、マドリード自治大学が発行する学術誌「先史学と考古学」に研究者の論文が掲載されたというのです。

 

論文や地元メディアの報道によると、見つかったのはスペイン・アストゥリアス州ベルシオの洞窟。

昨年12月に発表された論文によると、アナグマは同国北西部アストゥリアス地方のラケスタ洞窟にある岩の裂け目に入り込み、硬貨を掘り起こした様子が。これを地元の男性ロベルト・ガルシアさんが後に発見し、ガルシアさんは考古学者らに連絡。その中の1人である発掘責任者のアルフォンソ・ファンフル氏は、アナグマは餌を探していたか、巣穴を掘っていたのだろうとの見方を示しております。ファンフル氏は「現場に到着したところアナグマの巣につながる穴が見つかり、その周囲の地面に大量の硬貨があった」と振り返っており、アナグマによって90枚以上の硬貨が掘り出されていたといいいます。

 

スペインは、2021年1月に大雪に見舞われたようでして、アナグマは木の実やミミズなどを探すため洞窟の中も掘り返したようでしょう、またその近くにアナグマの巣穴も見つかったようですから、彼らが掘り起こしたのは間違いありません。

彼らにとっては「何のこっちゃ?」ではありますが、研究者は「スペイン北部で発見されたローマ時代の硬貨としては、史上最大の宝の山」と指摘しております。

 

研究チームはその後発掘作業を行い、紀元200~400年の時期の硬貨計209枚を回収したというのですが、ではなぜこの洞窟の中に硬貨が隠されていたのか。

 

200~400年というと、スエビ族などの蛮族がイベリア半島にたどり着いた後期ローマ時代。ファンフル氏はこれらの通貨について、洞窟に避難した人々が隠したものとの見方を示し、「ローマ崩壊とスペイン北部への蛮族到来に伴う社会・政治情勢の不安定さを反映している」と指摘しております。その硬貨、現在は洗浄作業が進められておりいずれアストゥリアスの考古学博物館で展示される予定ですが、同氏は年内にさらなる発掘作業を行う計画とのこと。現時点でも既にスペイン国内の洞窟から回収されたローマ時代の硬貨としては最多の規模だということですから、人間というのは欲張りなもので、他にもこの洞窟の中に新たなる発見があるのではないかとつい期待したくなりますね。ファンフル氏はさらなる発掘を通じ、ローマ帝国崩壊とスペイン北部における中世王国勃興への理解を深めまた、移行期を生きた人々への知見を深めるための理想的な場所だと思うと語っております。

 

ですが、世紀の発見をした第一人者はアナグマ。彼らはその価値も知る由もなく、きっとその洞窟に何事もなかったかのようにまた餌を探しにやってくるのでしょうね。硬貨を隠したのも人間、硬貨を見て出したのも人間。その所業のアンバランスを鑑みますと、人間はあたふたと何をやってるのだと笑えてきたりも致しました。

 

あたふたと生きてる間に歴史的な発見の瞬間にたちあえるラッキーな人はそういないと思いますが、その瞬間とはどのような気持ちなのでしょうね。その瞬間をファンフル氏は、こう述べています。「若いころに夢見る特別な瞬間」「考古学者としてまさか出会えるとは思わない唯一無二の瞬間」と。普通に暮らしているほとんどの凡人にとっては一生味わえることのないその感触を伝えてもらい、そのおすそ分けをしてもらえることでさえも大変気持ちが高揚してくるというのに、今回の発見はそこに笑いがトッピング。まさにわたくしの大好物なニュースでございました。

 

 

それでは、ごきげんよう。

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

Since the other day, blizzards have hit the Japanese archipelago, and snow has had a great impact on various parts of the country. It has been snowing here in Nagoya since last night, and it is said that I will be a little late to work this morning. Everyone in a difficult area such as a blizzard, please be careful when you come.

The story changes, but today is a little bit of my favorite story.

When I work like this, I am naturally interested in discovering and excavating old and historical things, and I often notice recent topics. Especially because of my personality, I love the wit-rich material, and I laughed at this news.

The other day, news revealed that it was thanks to badgers that about 200 ancient Roman coins were found in a cave in northern Spain.

The hungry badger digs up the soil in search of food, but it seems that he accidentally dug up a coin. The paper was published in the academic journal “Prehistory and Archeology” published by the Autonomous University of Madrid.

According to papers and local media reports, the cave was found in Berció, Asturias, Spain.

According to a paper published last December, badgers entered a rock crevice in the Laquesta cave in Asturias, northwestern part of the country, and dug up coins. This was later discovered by a local man, Robert Garcia, who contacted archaeologists. One of them, the excavation manager Alfonso Fanful, suggests that badgers may have been looking for food or burrowing. “When I arrived at the scene, I found a hole leading to the badger’s nest, and there were a lot of coins on the ground around it,” said Fanful. increase.

Spain seems to have been hit by heavy snow in January 2021, and badgers seem to have dug up in the cave to look for nuts and earthworms, and badger burrows have also been found nearby. There is no doubt that they dug up.

For them, it’s a question of “what’s this?”, But researchers point out that it is “the largest treasure trove of Roman coins found in northern Spain in history.”

The research team then carried out excavation work and collected a total of 209 coins from the period of 200 to 400 AD. So why were the coins hidden in this cave?

200-400 years is the late Roman period when barbarians such as Suebi arrived at the Iberian Peninsula. Fanful said these currencies were hidden by those who fled to the cave, “reflecting the instability of social and political conditions associated with the collapse of Rome and the arrival of barbarians in northern Spain.” I have pointed out that. The

The coin is currently being washed and will eventually be exhibited at the Archaeological Museum of Asturias, but he plans to do more excavation work later this year. Humans are greedy, as it is still the largest Roman coin recovered from a cave in Spain at this point, and there are no other new discoveries in this cave. It makes me want to expect it.

Through further excavation, Mr. Fanful said that it is an ideal place to deepen the understanding of the collapse of the Roman Empire and the rise of the medieval kingdom in northern Spain, and to deepen the knowledge of those who lived in the transition period.

However, the first person to discover the century is the badger. They have no reason to know its value, and they will probably come back to look for food as if nothing had happened in the cave. It is humans who hide the coins, and humans who see the coins. Considering the imbalance of the work, I sometimes laughed at what human beings are doing with the lid.

I don’t think there are any lucky people who can meet the moment of historic discovery while living with the lid, but what kind of feeling is that moment? At that moment, Fanful said: He said, “a special moment that I dream of when I was young” and “a unique moment that I never thought I could meet as an archaeologist.” This discovery makes me laugh, even though it makes me feel very uplifted even if I get a feeling that most ordinary people living normally will never experience, and even if they share it with me. Is topping. It was exactly my favorite news.

Well then, good luck.

 

あなたの発見の瞬間はどうだったのかしら?

 

**********************

 

このところの寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00ope

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ