ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

アートのドキュメンタリー映画を観ました(名古屋市千種区姫池通 骨董買取致します 古美術風光舎 名古屋店)

2021.11.27

皆さま、こんにちは。

 

 

本日はわたしが最近観た映画のお話をしていきます。

タイトルは『アートのお値段』です。

2017年のニューヨークでのアートオークション。

オークションに対する作家それぞれの意見、評論家はアートの商品化を憂い、ギャラリストはアートの行く末永を案じるというドキュメンタリー映画です。

すごく有名な作家や作品が出てきたり、色々な角度からアートオークションに対する意見を感じることができ面白い内容でした。

 

アートオークション…ニュースでも取り上げられたことがありますね。

思い出されるのは…バンクシー。

オークションで絵が売れた瞬間にその絵が切り刻まれていくという出来事がありましたね。

これはバンクシーがアートオークションに対して否定的な意見をもっていて、挑発、皮肉ったように感じます。ですが、落札直後に切り刻まれたものは話題性を持ち、良くも悪くも次にオークションに掛けられたとしたら値段はより上がると思います。

ゲルハルト・リヒターもアートオークションに対して否定的な意見をもつ一人のようです。

ですが、彼の気持ちとは裏腹にリヒターの作品はオークションで高値で取引されていました。

映画内でリヒターは美術館に飾るのが良いと言うのですが、それに対してオークショニアは「あそこはアートの墓場よ」と言います。美術館では、収蔵作品が多いから日の目を見ることができない作品が多いと…。

 

アートオークションでアートを買う方々は超富裕層であり、美術館などの公共機関ではありません。超富裕層の方々は絵を得たら、家の壁に飾り、資産としています。美術館ではお金のある人もない人も入場料を払えば平等に見ることができますが、アートオークションで高値で落とされた絵画は買った人しか見ることができません。

リヒターは個人コレクションについて「家の価値をあげるなんてごめんだ、絵は家じゃない」と発言しています。

 

この映画を観ていて、オークションで売買される作品は「人気、流行」で美術館が所有するものは「歴史的に重要なもの」と作家の方は思うのかなと思いました。

 

オークションで安く手に入れて高く売るというのが基本です。1億円で手に入れた絵画が現在オークションにかけたら10億円で売れるなど株と似ているところがあり、ある意味資産なのかもしれません。

 

こんなに高い値段がついているのに、どうして作家は否定的な意見をもつの?と疑問に思うかもしれませんが、その作家の作品がオークションで高値で売れたとしてもその金額分がすべて作家にいくわけではありません。むしろ最初に安く買われ、それを吊り上げてくいくのがオークショニアなので実際の作品に対する値段は分かりません。

ですが、そこで落札された金額は作品の価値を示すひとつの指標ではあります。

また、オークショニア側が元々の値段を上げ、作品の価値を高く設定することもできます。

一時期人気だったが忘れ去られた作家…オークショニアの手によって再度人気を取り戻すこともできます。ブランドイメージと一緒ですね。

 

この映画では、たくさんの作品や作家を見ることができて、アートとお金の切っても切り離せない関係を知ることが出来ます。面白いので、ご興味のある方はぜひ見てみて下さい。

 

 

Hello, everyone.

 

Today I will talk about the movie I watched recently.

The title is “Price of Art”.

2017 art auction in New York.

It is a documentary film in which the opinions and critics of each writer regarding the auction are worried about the commercialization of art, and the gallerist is concerned about the future of art.

It was interesting to see very famous writers and works, and to feel opinions about art auctions from various angles.

 

Art auction … You’ve been featured in the news.

I remember … Banksy.

The moment the picture was sold at the auction, the picture was cut into pieces.

This feels provocative and ironic, as Banksy has a negative opinion of the art auction. However, the ones that are chopped up immediately after a successful bid are topical, and for better or worse, the price will be higher if they are put up for auction next time.

Gerhard Richter also seems to have a negative opinion about the art auction.

However, contrary to his feelings, Richter’s work was sold at a high price at the auction.

In the movie, Richter says it’s best to display it in a museum, while Auctioneer says, “That’s the graveyard of art.” At the museum, there are many works that can’t see the light of day because there are many works in the collection …

 

People who buy art at art auctions are ultra-rich people, not public institutions such as museums. When the ultra-rich people get a picture, they decorate it on the wall of the house and use it as an asset. At the museum, people with or without money can see it equally if they pay the entrance fee, but only those who bought the paintings that were dropped at high prices at the art auction can see them.

Richter describes his personal collection as “I’m sorry to add value to the house, painting is not the house.”

 

Watching this movie, I wondered if the artist thinks that the works sold at auction are “popular and fashionable” and the ones owned by the museum are “historically important”.

 

Basically, you can get it cheaply at auction and sell it at a high price. The paintings that I got for 100 million yen are similar to stocks, such as being sold for 1 billion yen if they are put up for auction now, so it may be an asset in a sense.

 

Why do writers have a negative opinion when the price is so high? You may be wondering, but even if the artist’s work sells at a high price at the auction, not all of that amount goes to the artist. Rather, it is bought cheaply first, and it is auctioneer that lifts it, so I do not know the price for the actual work.

However, the amount of money sold there is one indicator of the value of the work.

In addition, the auctioneer side can raise the original price and set the value of the work high.

A writer who was once popular but forgotten … It can be regained popularity by the hands of Auctioneer.

It’s the same as the brand image.

 

In this movie, you can see many works and writers, and you can see the inseparable relationship between art and money. It’s interesting, so if you are interested, please take a look.

 

***************************

 

少しお寒くなってまいりました。冬物の入れ替えや、整理をされていらっしゃる方もおいでではないでしょうか。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ