ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

鈴鹿にあるパワースポットで…(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術風光舎 名古屋店 出張買取いたします)

2021.09.17

みなさま、こんにちは。スタッフmです。

昨日、思うところがありまして、三重県鈴鹿市にあります「椿大神社(つばきおおかみやしろ)」にお参りしてきました。

 

「つばきたいしゃ」だとか「椿さん」という通称で呼ばれることが多い神社で、私も、親しみを込めて、いつも「椿さん」と呼んでいます。その大好きな「椿さん」に、ちょうど1年くらい前にお願いしたことがありました。それが叶っていたことに最近気付きまして、居ても立っても居られず、小一時間車を飛ばして、お礼を申し上げにいってきました。

 

 

椿大神社は道開きの神様「猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)」がいらっしゃる神社で、全国の猿田彦様を祀る神社の総本山であります。(諸説ありますが・・・。)導きの神様、土地を守る神様としても有名ですので、道路工事の関係、建築関係の会社の方などが全国からお参りにいらっしゃるようです。また、天狗のようなお顔の神様だと知られていますので、自分に厳しく修行好きな方にもとても愛される神様みたいです。

そして、そのお隣にございます別宮には、妻神さんの「天之鈿女命(あめのうずめのみこと)」がいらして、こちらは芸事の神様であります。踊りや歌など芸事を極める方や、人前に立ってお話しする職業の方など、こちらも多くの人々の信仰を集めています。

 

 

また、こちらの二柱は仲良し夫婦神でいらっしゃることから、夫婦円満にあやかってお参りにいらっしゃる方も多いと思います。実際に仲の良さそうなご夫婦がお参りしているのを何組も見ました。

 

椿大神社は、私の感覚のままに表現すると、鳥居から一歩足を踏み入れると、そこはもう空気が違って、自然と背筋がシャキッとします。でも、時々ある厳しめの神社(じっくり見極められている)のような空気ではなく、歩くだけで禊されるような感覚です。多分、空気が違うのはよく祓い清められた空間だからでしょうし、境内には滝が流れていることで、それによって場が浄化される効果も高いんだと思います。そこに、猿田彦様の温かく大きな優しさと、器の大きさのようなものが相まって、来てよかったな、という嬉しい気持ちになります。また、鈿女様の境内の前に立つと、明るくて朗らかでどんな自分でも許される感覚になります。明るい肝っ玉母ちゃんを目の前にした時のような安心感です。どちらも、「よく来たね」と田舎のおじいちゃんおばあちゃんのように、温かく迎えてくださる雰囲気だから、人々から人気があるのでしょうね。

 

椿大神社に参拝すると、いつも太鼓の音や祝詞を奏上なさっている声がよくきこえます。神社では、それらは神様からの歓迎のサインと言われているので、とても嬉しい気持ちになります。それもきっと、引っ切り無しにお祓いの方がいらっしゃるくらい、人々に慕われている証拠なんだと思います。

 

神社全体の空気がいいと、そちらで働く方も良い方が多いようです。それを実感したことがありました。実は、昨日は一年分の感謝を伝えるのと同時に、今後のお願いもあり、お祓いをしていただいたのです。その時に神主さんがこうおっしゃいました。

「ご自身やご家族のお願いをしにいらしたのですから、そのお願いはもちろんよいのですが、よかったら、みなさんが関わりになる全ての方々の幸せも一緒に願ってくださいませんか。」

 

『なるほどな、すべては愛なんだ!』と思わされた瞬間でした。だから、私は祝詞を上げてもらっている間に浮かんできた家族や友人、知人のことを思い浮かべ、「体調悪いって言ってたな、あの子。元気になーれ!」とか、「最近、会ってないけど、元気で幸せでいてね。」とか、お商売をしている方たちの繁盛を願ったり、思いつく限りの人たちの幸せを願いました。おかげで、終わった後は、一人で行ったのにまるで大勢の仲間といるような、とても心が満たされて温かい感覚になりました。

 

ふと、「愛の反対は無関心です」というマザー・テレサの言葉を思い出しました。本当にその通りです。関心をもって、優しい気持ちを向けるだけで世の中は愛で満たされるんですよね。言葉にしたり電話したりしなくても、優しい思いはきっと届くんだと思います。このことは最近、私によく来るメッセージだったので、ドキッとしました。でも、大切なことだったので、この神主さんに改めて教えていただくことで再認識できました。これを聞くために私は椿さんに呼ばれたのかもしれませんね。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そうそう、神社に行ったら、その土地の名物を食べるのが私の決まり事なんですが、今回も美味しいものをいただきましたよ。

まずはこちら。名物の「とりめし」です。こちらは鶏の炊き込みご飯ではなく混ぜご飯ですが、具に濃いめの味がしみていて、お箸が止まりません。お茶碗ではなく、寸胴のような器に入っていて、なかなかの分量ですが、美味しくてついつい食べてしまいます。(笑)

 

 

それから「麩まんじゅう」。暑い時期にぴったりの涼菓です。外の皮がお麩でできているのか、もちもちしていて何個でも食べたくなる美味しさですよ。以前友人に勧めたら麩まんじゅうの美味しさにドはまりしたのですが、他の和菓子屋さんで買ってみると椿さんの方が美味しかったからガッカリした、と言っていました。売店で売られる量に限りがあり、売り切れることもありますので、見つけた方は是非、ご購入をお勧めします!あ、草餅も有名なので、それはそれで悩みどころですが・・・。

 

 

(スタッフm)

 

Hello everyone. It is staff m.

Yesterday, I had something to think about, and I visited “Tsubaki Grand Shrine” in Suzuka City, Mie Prefecture.It is a shrine that is often called “Tsubaki Taisha” or “Tsubaki-san”, and I always call it “Tsubaki-san” with friendliness. I once asked that favorite “Tsubaki-san” about a year ago. I recently realized that it had come true, and I couldn’t stay even if I was there, so I skipped the car for an hour and came to thank you.

 

Tsubaki Grand Shrine is a shrine where the god of the road, “Sarutahiko Okami,” is located, and is the head temple of the shrines that enshrine Sarutahiko nationwide. (There are various theories …) It is also famous as a god of guidance and a god of protecting the land, so it seems that road construction companies and construction companies are visiting from all over the country. Also, since he is known to be a god with a face like a tengu, he seems to be a god who is loved by those who are strict about himself and who like training.

And, in the annex next to it, there is a wife god, “Ame no Uzume no Mikoto”, who is the god of performing arts. This is also attracting the faith of many people, such as those who master performing arts such as dancing and singing, and those who speak in public.

Also, since these two pillars are good friends and couple gods, I think that there are many people who come to visit us in a harmonious manner. I saw many couples who seemed to be close friends actually worshiping.

To express Tsubaki Grand Shrine as it is, when you step into the torii gate, the air is different and your spine is naturally crisp. However, it’s not like the air of a strict shrine (which is carefully scrutinized) from time to time, but the feeling of being misogi just by walking. Perhaps the difference in air is because it is a well-purified space, and the waterfalls that flow through the precincts have a high effect of purifying the place. The warm and big kindness of Mr. Sarutahiko and the size of the vessel make me happy to come. Also, when you stand in front of the precincts of the maiden, you will feel bright, cheerful and forgiving. It feels as if you are in front of a bright and cheerful mother. Both of them have a warm welcome atmosphere like grandpas and grandmas in the country, saying “I’ve come often”, so I think they are popular with people.

When I visit Tsubaki Grand Shrine, I often hear the sound of drums and the voices of congratulatory words. At the shrine, they are said to be a sign of welcome from God, which makes me very happy. I think that is also proof that people love it so much that there are people who pray without cutting it.

If the air in the entire shrine is good, there are many people who work there. I have realized that. To tell the truth, yesterday I thanked him for a year, and at the same time, he asked me to pray for the future. At that time, the priest said:

“I came to ask for myself and my family, so of course that request is okay, but if you like, would you like to wish for the happiness of all the people involved?”

“I see, everything is love! It was the moment when I thought. That’s why I thought of my family, friends, and acquaintances that came to my mind while I was being given a congratulatory message, and said, “You said you weren’t feeling well, that girl. I haven’t done it, but I hope you’re fine and happy. ” Thanks to that, after it was over, I felt very full and warm, as if I was alone and with a lot of friends.

Suddenly, I remembered Mother Teresa’s words, “The opposite of love is indifferent.” That’s really true. The world is filled with love just by giving an interest and a gentle feeling. Even if you don’t use words or call, I’m sure you will receive your kind feelings. This was a message that came to me a lot lately, so I was surprised. However, it was important, so I was able to recognize it again by having this priest teach me again. I may have been called by Mr. Tsubaki to hear this. I am filled with gratitude.

 

Oh yeah, when I go to a shrine, it’s my rule to eat local specialties, but I got delicious food this time as well.

First of all, here. It is a famous “rice cooked rice”. This is not cooked chicken but mixed rice, but the ingredients have a strong taste and the chopsticks do not stop. It’s not a bowl, it’s in a bowl like a bowl, and it’s quite a lot, but it’s delicious and I just eat it. (smile)

Then “Fu Manju”. A cool confectionery that is perfect for hot weather. Perhaps the outer skin is made of fu, it’s chewy and delicious, which makes you want to eat as many as you like. When I recommended it to a friend before, I was addicted to the deliciousness of Fu Manju, but when I bought it at another Japanese sweets shop, Tsubaki-san was more delicious, so I was disappointed. The quantity sold at the shop is limited and may be sold out, so if you find one, we recommend you to buy it! Ah, Kusa mochi is also famous, so that’s a problem.

 

(Staff m)

 

**********************

 

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ