ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ウィスキーと和菓子の究極のマリアージュ(愛知県千種区姫池通 買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2021.07.28

こんにちは。スタッフのYです。

 

 

連日のオリンピックのメダルラッシュにTV観戦が忙しい方、お酒を片手に観戦されている方も多いのではないでしょうか。このブログをご覧になって下さる皆さまは、大概、成人されてる方だとは思いますが、大人の皆さま朗報?です。

 

ウィスキーと和菓子がとてもあうとの噂を聞きつけてきました。

 

日本が誇る伝統的な食べものとして欠かせないのが、和菓子。和菓子と聞くと、おじいちゃん、おばあちゃんがお茶を飲みながら食べるものなんてイメージ?いやいや、そんなことはいでしょう。個人的には、〝あんこ同好会〟なる会を勝手に近しい人と作っている無類のあんこ好き。この究極のマリアージュを知らなかったなんて、いったい何年損していたのでしょうか。

 

というわけで、まずは調査するお酒を。

 

昨夜調査しましたウィスキーは、BOWMORE。779年創業でアイラ島最古の蒸溜所。「アイラの女王」とも呼ばれる気品あるスモーキーフレーバーが特徴のBOWMORE。海にダイレクトに面し、潮の香りが包み込む貯蔵庫内で長い年月をかけて貯蔵される原酒でして、要はスモーキーですので、癖がまあまあ強いウイスキーです。このところ、我が家はこのお酒でして、まぁとりあえずやってみうとBOWMORE12年のロック、水割、ソーダ割にて、チャレンジいたしました。

 

そして、どんな和菓子が合うのか。

 

羊羹、きんつば、黒糖かりんと、大福、おせんべい、カステラ…何を試そうか考えた挙句、あんこ代表羊羹、黒糖代表かりんと、米系代表おせんべいを用意いたしました。

 

あまりお酒には強くないので、ロックではその後の調査が滞るであろうと判断いたしまして、まずは水割りからといたしました。

 

まずは、羊羹。あの、こってりとしたあんこの凝縮した味と、ウイスキースキーの風味が負けていません。しかも、ウイスキーの風味に深さが増します。これはいけませんね。お酒がすすみます。

 

次にかりんと。黒糖の風味がウィスキーと絡みます。これもまた違ったマリアージュ。軽いおつまみの感覚ですがこれもよいです。

 

そして、おせんべい。甘いものが続いたせいでしょうか、これもありでした。お米の香ばしい感じとお醤油の風味が、お口直し的にありです。

 

その後調子に乗って、ソーダ割でも調査いたしましたが、個人的には、よりマリアージュさせようと思うのでしたら、ロックまたは水割りがおススメでしょうか。あくまでも、個人的な意見です。あくまでも笑。

 

で、勝手になぜあうのだろうと考えてみますと、日本のお菓子は、もともと木の実や果物から作ることが多いですし、あんこも小豆からできていますね。ウィスキーによく、ナッツやドライフルーツ合わせたり致しますが、同じく木の実や果物ですし、愛称は良いのでしょう。また、特に羊羹。あんこの濃さがウィスキーに負けていないですね。これをマリアージュというのか…。

 

すっかり、酔ってきたところで調査は終了いたしましたが、一見すると、不思議な組み合わせのように思える和菓子とお酒。固定概念を取っ払って一緒に味わってみることで、思わぬ相性の良さに驚き、視野がぐっと広がりました。マリアージュのポイントは味の共通項を見出し、全体の甘さのバランスをはかることのように思えます。

 

これは、あくまでも個人的な感想ですので、甘党でお酒好きの方、まずはご自身で調査することをお勧めいたします。試す価値ありです。

 

ということで、皆さまもオリンピックのTV中継を観戦しながら、騙されたと思って、このマリアージュお試しください。

 

あ、くれぐれもメダルによる飲み過ぎにはご注意を。

 

 

注)本日も和菓子。昼の勤務中につき、お酒は用意しておりませんよ笑。

 

 

Hello. This is Y from the staff.

 

I think there are many people who are busy watching TV during the Olympic medal rush every day, and those who are watching the game with alcohol in one hand. I think most of the people who read this blog are adults, but good news for adults? is.

 

I’ve heard rumors that whiskey and Japanese sweets are a perfect match.

Japanese sweets are indispensable as traditional food that Japan is proud of. When you hear Japanese sweets, do you think grandpa and grandma eat while drinking tea? No, that would be the case. Personally, I like anko, which is the kind of anko club that I make with people who are close to me. I didn’t know this ultimate mariage. How many years did I lose?

 

So, first of all, the sake to investigate.

The whiskey I investigated last night is BOW MORE. Founded in 779, Islay’s oldest distillery. Bowmore is characterized by its elegant smoky flavor, also known as the “Queen of Islay”. It is a whiskey that faces the sea directly and is stored over many years in a storage room where the scent of the tide wraps around. The point is that it is smoky, so it is a whiskey with a fairly strong habit. Recently, at my home, I tried this sake and tried it for the time being with BOW MORE 12 years rock, water and soda.

 

And what kind of Japanese sweets are suitable

Yokan, Kintsuba, brown sugar karin, Daifuku, senbei, castella … After thinking about what to try, we have prepared anko representative yokan, brown sugar representative karin, and rice representative senbei.

Since it is not very strong against alcohol, I decided that the subsequent investigation would be delayed at Rock, so I decided to start with water.

 

First of all, yokan. The condensed taste of the thick red bean paste and the flavor of whiskey ski are not defeated. Moreover, the flavor of whiskey is deepened. This shouldn’t be. I’m going to drink.

Next, the flavors of karin and brown sugar are entwined with whiskey. It feels like a light snack, which is also good.

Then, maybe because of the rice crackers and sweets that continued, this was also the case. The fragrant feeling of rice and the flavor of soy sauce are refreshing.

After that, I got on the right track and investigated with soda-wari, but personally, if I wanted to make it more mariage, would I recommend rock or water-wari? It’s just a personal opinion. Just lol.

 

So, when I wonder why they meet each other, Japanese sweets are often made from nuts and fruits, and anko is also made from azuki beans. It goes well with whiskey and is often combined with nuts and dried fruits, but it is also nuts and fruits, and its nickname is good. Also, especially yokan. The darkness of red bean paste is not defeated by whiskey. Is this a mariage?

 

The investigation was completed when I was completely drunk, but

At first glance, Japanese sweets and sake seem to be a strange combination. By removing the stereotypes and tasting them together, I was surprised at the unexpected compatibility and broadened my horizons. The point of mariage seems to be to find a common item in taste and balance the overall sweetness. This is just a personal impression, so if you are a sweet tooth and a liquor lover, we recommend that you first investigate by yourself. It’s worth a try.

 

So, please try this mariage, thinking that you were deceived while watching the TV broadcast of the Olympic Games. Oh, be careful not to drink too much with medals.

 

Note) Japanese sweets today as well. I don’t have alcohol because I’m working during the day.

 

 

**********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ