ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

「HOKUSAI」鑑賞してまいりました。(骨董買取 名古屋市千種区姫池通 古美術風光舎 名古屋店)

2021.06.06

こんにちは。スタッフYです。

ここ、古美術風光舎のございます名古屋市も、雨交じりの曇り空。梅雨中盤といったところでしょうか。皆さまの地区はどんなお天気模様でしょうか。

今日は、何の脈絡もないブログなのですが、少しだけお付き合いくださいね。

 

 

 

先日、感染に気を付けながら、友人と映画鑑賞へ行って参りました。その関係者の方にとっては大変残念なことといいましょうか、鑑賞するほうとしては安心したといいましょうか、ゆったりとした観客数の中での鑑賞できたのですが、とても良い作品でした。

 

その作品とは、「HOKUSAI」。

 

 

 

当店きっての映画通、スタッフIさんが、先だってブログに掲載しておりました「葛飾北斎」の生涯を描いた作品です。

北斎の画狂の生涯を4部構成で描いた作品なのですが、もちろん娘の「応為」も登場しております。スタッフIさんの深掘りの調査のとおりの男勝りの出戻り娘として、たくさんのお弟子さんと師匠の父の間を束ね、奮闘するかっこいい女性として描かれておりました。

 

変わり者、いやいや天才の北斎は、画との葛藤や挫折、人とのぶつかりが殊の外多かったのでしょうか、その執念が画に向かう姿とともに伝わってきます。ですがこの作品は、とにもかくにも画描きの生涯がテーマだけに、とにかくどの画面も映像が美しかったのが私のまずの感想。

 

北斎といえば、富嶽三十六景の「神奈川沖波裏」や、「凱風快晴」などの富士を描いた作品が多いのですが、富士や波との出会い、吉原の遊郭の華やかな座敷、どの場面を切り取っても文字通り「画」になります。ことに波の「青」に込める情景を俳優で舞踏家の田中泯さんが、まさに北斎が憑依したかのような演技で、その表現がいまでも脳裏に焼き付いております。

 

テンポも良い作品なので、北斎が90余年のその生涯の紆余曲折を一気に駆け抜けた様子も上手く描かれておりましたが、華やかな画を追っていくだけでもあっという間に2時間がたった作品でした。

 

実は「HOKUSAI」、この映画は友人が誘ってくれ、北斎の予習なしでの参戦をしたスタッフY。

映画の最新作には疎いゆえにお勧められたものは映画に限らず、ひとまずどんな作品も参戦することにしています。これは、本当にありがたいことと思っており、なぜなら、私の知らない分野、映画、文学作品、はたまた漫画、スポット…。私の知らない世界に導てくれ、私のワールドを広げくれる沢山の引き出しを持った宝箱のような存在なのですから、私も引き出しを増やしていけそうな気がしてならないのです。

一人で様々な世界を広げていくには限界がありますし、とにもかくにも、どうも好きなものに偏りがち。そんな時自分が知らなかったり、まだ興味のなかった世界にひとまずは身を投じる機会をもらえるとはありがたいことだなと。意外と面白かったり、感動したり、新たな発見があったり、自分が知らないことって多いなぁと、日々痛感したりもしています。故に、宝箱の友人には大変感謝です。

 

とまぁ、北斎のような「劇的」な生涯にはなりませんが、凡人Yが知らなかった界隈をたとえつまみ食いだったとしても、覗いてみることで「劇的風」な生涯になりうるのではないかと、日々いろいろ首を突っ込んでいる次第です。

 

あ、話が前後いたしましたが、「HOKUSAI」ご興味のごさいます方、是非映画館までお急ぎください。

 

 

 

 

Hello. This is Staff Y.

I wonder if the city of Nagoya, where the antique art style building is located, is in the middle of the rainy season. What is the weather like in your area?

Today’s blog has nothing to do with it, but please keep in touch with me。

The other day, I went to watch a movie with a friend while being careful about infection. It was a very disappointing thing for the people involved, or I was relieved to see it, I was able to appreciate it with a relaxed audience, but it was a very good work. ..

 

The work is “HOKUSAI”.

 

This is a work that depicts the life of “Katsushika Hokusai”, which was posted on the blog earlier by Mr. I, a staff member of our movie enthusiast.

It is a work that depicts the life of Hokusai’s painting enthusiast in four parts, but of course the daughter’s “Oi” has also appeared. According to the deep investigation of Staff I, he was portrayed as a cool woman who struggles with many disciples and his master’s father as a manly return daughter.

Hokusai, a stranger, no, a genius, may have had a lot of conflicts and setbacks with paintings, and collisions with people. However, my first impression of this work was that the theme was only the life of the painter, and the images on all screens were beautiful.

 

Speaking of Hokusai, there are many works depicting Mt. Fuji such as “Kanagawa Oki Namiura” and “Fine Wind, Clear Morning” of the 36 views of Tomitake. Even if you cut out the scene, it will literally become a “picture”. In particular, Min Tanaka, an actor and butoh dancer, expresses the scene in the “blue” of the waves as if Hokusai had possessed it. It’s a work with a good tempo, so it was well drawn that Hokusai ran through the twists and turns of his life for more than 90 years, but it was a work that took two hours in a blink of an eye just to follow the gorgeous picture. ..

Well, I’ve been watching a movie, but in fact, a friend invited me to this movie, and Staff Y participated in the war without Hokusai’s preparation.

Since I am not familiar with the latest movies, the ones recommended are not limited to movies, but for the time being I will participate in any movie. I really appreciate this. Fields I don’t know, movies, literary works, comics, spots … It’s like a treasure chest with many drawers that guides the world I don’t have and expands my world, so I shouldn’t feel like I can increase the number of drawers.

There is a limit to expanding various worlds by myself, and I recently realized that I tend to be biased toward what I like, and at that time I became a world I didn’t know or wasn’t interested in yet. For the time being, I’m grateful to have the opportunity to throw myself in. Every day, I am keenly aware that it is surprisingly interesting, impressed, new discoveries, and many things I do not know. Therefore, I am very grateful to my friends in the treasure chest.

It will not be a “dramatic” life like Hokusai, but even if it is a pinch-eating neighborhood that ordinary person Y did not know, it can not be a “dramatic” life by looking into it. I’m digging into my neck every day. So, today, I will go back and read the recommended book.

Ah, the story was mixed up, but if you are interested in “HOKUSAI”, please hurry to the movie theater.

 

 

***********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

10: 00-17: 00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ