ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

”天井のない美術館”(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.06.03

 

爽やかな風が抜ける気持ちのよい日です。

うすい水色… 初夏らしい空と重なり、ふと目にしたフィレンツェの特集記事が目に留まりました。

 

1982年、”人類の創造的才能を表す傑作である” などの理由から「フィレンツェ歴史地区」の名称で世界文化遺産に登録。

世界遺産は、地球の営みと人類の歴史を目の当たりにする私たちの誇りであると言われています。

その重厚感を体感できるイタリア・ルネサンス発祥の地。

芸術家たちが手がけた建築物・彫刻などを市街で目にする機会が多いトスカーナ州の州都でもあります。

個人的には、映画「羊たちの沈黙」から10年後、あのハンニバル・レクター博士が名を変え、潜伏していたのがフィレンツェだったなぁと…

(注!猟奇的なシーンが多々ありのため、ご覧になっていない方、要配慮でございます!)

フィレンツェ最古の橋であるとともに、先の大戦を生き延びたヴェッキオ橋やヴェッキオ宮殿。

『インフェルノ』(2016年・アメリカ映画)でもトム・ハンクスが大忙し、見所・名所ばかりでしたね。

どこをとっても絵になるような、見どころ満載で人気の旅行先です。

 

”美術史を彩る巨匠の作品があふれる美の都__

メディチ家をはじめとするパトロンのもとで大輪の花が開いたフィレンツェの芸術。

再生・復活を意味するルネサンス。

それは、古代ギリシャやローマを見本にした人間性尊重の文化運動のうねり。”

世界史の教科書に出てくるルネサンスを演出したメディチ家でありますが、名家の歴史を学びなおしは気が遠くなりそうなので(笑)、ゆかりの場所を交えて探索してみたいと思います。

 

14世紀に毛織物業や金融業で富を蓄積したフィレンツェ。

街を歩けばあちこちにメディチ家の紋章が目に飛び込んできます。

絶大な財力と権力の証、現代でも否応なしにわかります。

それも球体が6つ付いているものが多く、その球体は”メディチ家は医者のことだから丸薬だろう”といわれているそう。

詳細は不明とのことですが…

メディチ家によるフィレンツェ支配を確立したのはコジモ・デ・メディチ。

父から銀行業を受け継ぎ、発展させ、1434年には実質的な支配者となりました。

ルネッサンス期のパトロンのひとりでドゥオモのクーポラ(円蓋と呼ばれる聖堂の丸屋根のことですね)を手がけたブルネレスキなどを庇護したとのこと。

フィレンツェの最盛期、コジモの孫・ロレンツォの時期にも祖父と同じように芸術家たちを支え、彼らをローマやミラノ、ヴェネツィアなどに派遣し、ルネサンス運動を広めていったようです。

少年のミケランジェロの才能を見出し、自宅に住まわせていたという話も。

 

次に、名前はよく耳にするかと思います、サン・マルコ修道院。

ここはコジモが私財を投じて建て、瞑想にふけった場所と言われています。

多くの僧房や回廊、食堂がそのままに保存され、鑑賞することができます。

この修道院を代表する傑作は、なんといっても壁に描かれたフラ・アンジェリコの1442年頃の作品『受胎告知』であります。

そのため、現在ではむしろフラ・アンジェリコの美術館として知られているとか…

大天使ガブリエルと聖母マリアの厳かな様子_目の当たりにしたら誰もが神聖な気持ちになるでしょう。

まるで自分が告知を受けたかのような…⁈ ありがたそう。

 

そしてそこからほど近いアカデミア美術館は、ミケランジェロの彫刻作品として有名な『ダビデ像』で知られています。

ダビデは旧約聖書でイスラエル王国の統治者。

有名なあのお姿は、巨人ゴリアテとの戦いで石を投げつけようと狙いを定めている場面だそうです。

フィレンツェ共和国が周辺の都市国家から脅かされたときは、巨人に立ち向かうこの像がフィレンツェを象徴しているといわれたこともあるそう。

ミケランジェロ少年を見出し、立派に大成していく過程を見ていたメディチ家の皆さま。

それはそれは目立つところに像を飾るでしょう。

 

そして前述したヴェッキオ宮殿は、シニョリーア広場に面して建つ宮殿で、一時の住まいとしてメディチ家も居住していたとか。

現在は市庁舎として使われているようです。

ちなみに、ルッジェーロ・レオンカヴァッロというイタリアのオペラ作曲家による、歌劇《メディチ家の人々》という曲がありますが、こちらは残念ながら興行的には失敗に終わってしまったそう…

 

豪華絢爛、華麗なるメディチ家の遺産。

今後、海外旅行が可能になった際には、美術館巡りのついでに気が向いたらメディチ家探しでもいかがでしょう。

早く屋根のない博物館、拝みたいものです。

 

 

It’s a pleasant day with a refreshing breeze.

Light blue . Overlapping with the early summer sky, I noticed a special article about Florence that I suddenly saw.

 

In 1982, it was registered as a World Cultural Heritage site under the name of “Historic Center of Florence” for reasons such as “a masterpiece representing the creative talents of mankind.”

World heritage is said to be our pride in witnessing the activities of the earth and the history of humankind.

The birthplace of the Italian Renaissance, where you can experience the profound feeling.

It is also the capital of Tuscany, where you can often see the buildings and sculptures created by artists in the city.

Personally, 10 years after the movie “The Silence of the Lambs”, that Dr. Hannibal Lecter changed his name and was hiding in Florence .

(Note! There are many bizarre scenes, so if you haven’t seen it, please be careful!)

Ponte Vecchio and Palazzo Vecchio, which are the oldest bridges in Florence and survived the previous war.

Tom Hanks was also busy in “Inferno” (2016, American movie), and there were only highlights and sights.

It is a popular travel destination with lots of attractions that are very picturesque.

 

“The City of Beauty, full of masterpieces that color the history of art __

Florentine art with large flowers under the patrons of the Medici family.

Renaissance which means regeneration and revival.

It is the swell of a cultural movement that respects humanity, modeled after ancient Greece and Rome. ”

The Medici family who directed the renaissance that appears in world history textbooks, but it seems daunting to relearn the history of a famous family (laughs), so I would like to explore with places related to it.

 

Florence accumulated wealth in the woolen and financial industries in the 14th century.

As you walk around the city, you can see the Medici emblem here and there.

A proof of tremendous financial power and power, you can understand it even in modern times.

Many of them also have six spheres, and it is said that the spheres are “pills because the Medici are doctors.”

Details are unknown, but .

It was Cosimo de’Medici who established the rule of Florence by the Medici family.

He inherited and developed the banking business from his father and became a de facto ruler in 1434.

He was one of the patrons of the Renaissance period and protected Brunelleschi, who worked on the Duomo cupola (the dome of the cathedral called the dome).

At the height of Florence, during the time of Cosimo’s grandson Lorenzo, he supported the artists as well as his grandfather and sent them to Rome, Milan, Venice, etc. to spread the Renaissance movement.

It is said that he discovered the talent of the boy Michelangelo and made him live in his home.

 

Second, you’ll often hear the name, San Marco Monastery.

This is said to be the place where Kozimo invested his private fortune to build and indulge in meditation.

Many monasteries, corridors and dining rooms are preserved and can be viewed.

The masterpiece of this monastery is, after all, Fra Angelico’s work “Announcement of Conception”, which was painted on the wall around 1442.

Therefore, it is now known as the Fra Angelico Museum .

The solemn appearance of the Archangel Gabriel and the Virgin Mary_ Everyone will feel sacred when they see it.

It’s as if I was notified ⁈ Thank you.

 

The Accademia Gallery, which is close to it, is known for Michelangelo’s famous sculpture, the “David of Michelangelo.”

David is the ruler of the Kingdom of Israel in the Old Testament.

The famous figure is said to be a scene where he is aiming to throw a stone in the battle with the giant Goliath.

When the Republic of Florence was threatened by the surrounding city-states, it was said that this statue confronting the giant symbolized Florence.

The Medici family who found the Michelangelo boy and watched the process of success.

It will decorate the statue where it stands out.

 

The Palazzo Vecchio mentioned above is a palace that faces Piazza della Signoria, and the Medici family also lived there as a temporary residence.

It seems that it is currently used as a city hall.

By the way, there is a song called “The Medici People” by an Italian opera composer named Ruggero Leoncavallo, but unfortunately it seems to have failed in the box office .

 

Gorgeous and splendid Medici heritage.

When it becomes possible to travel abroad in the future, if you feel like visiting museums, why not look for a Medici family?

It’s like a museum without a roof, worship.

 

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方もいらっしゃると思います。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ