ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

SF映画鑑賞はいいことか⁈(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.05.13

 

 

皆さま、こんにちは。スタッフ I です。

先日、面白い調査結果という記事を読みました。

内容はずばり、ディストピアを描いたSF映画が好きでよく鑑賞する人は、たとえば新型コロナウイルスのパンデミックのような状況下においても、強いメンタルを保つことができる傾向であるというものなんです。

(Wikipedia によると、ディストピアとはユートピア(理想郷)の逆を表す概念。好ましくない状態に陥った社会。ここでは反理想郷・暗黒世界、またはそのような世界を描いた作品。産業革命後に発達した機械文明の、否定的・反人間的な側面が強調されて描き出された「未来社会」像を言うそうです。)

ユートピアは聞きなじみがありますが、ディストピアと聞くと、う~ん早く現況から脱したいという思いに駆られるばかりですね…泣。

 

昨年から続く世界中の報道を見ていても、これが現実⁈ 映画の世界が本当に起こってしまった…と思ずにはいられない映像が度々目に映り、悲しい気持ちになります。

 

この記事から引用__

”パンデミックを描いたSF映画をパンデミック渦中に鑑賞するというのは、あまり良い趣味には思えないかもしれない。しかし心理療法士のデヴィッド・ウォーターズによれば、この行為は、意識せずともストア哲学を応用し、恐怖に直面しても冷静でいることを可能にする効果があるらしい。映像を通して世界の最悪のシナリオを疑似体験するのは、私たちのレジリエンス(回復力)を高めるというのだ。さらにウォーターズによると、今よりももっと酷い事態を描いた『コンテイジョン』のような映画を観ることで、私たちは「最悪の事態を免れた」と一種の安堵感を覚えることさえあるという。

 

実のところ、2020年3月に感染の第一波が世界を覆った時、Netflix配信作品トップ10の半分は、パンデミックや自然災害をテーマにしたものだった。これらの作品のことを心理学者は「プレッパー映画」と呼んでいる。プレッパー映画とは、最悪のシナリオに備えておこうと行動する人が観る映画を指す。”

 

確かにこのような作品の視聴回数が急増していた記憶はあります。

私はというと、その逆でした。

現実がコロナ禍なのに、追い打ちをかけるようにディストピア漬けになってしまうなんてと避ける派でございます。

SFの類が大好きというわけではないですが、地球が滅亡するという予言を題材にした映画『2012』(2009)や地球温暖化によって突然訪れた氷河期に混乱する人々を描いたパニック映画『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)などは、私でも楽しめました。

ただそれはもう何年も何年も前のこと。

現実には起こらないであろうという楽観した考えのもとだったので、ただ楽しく鑑賞できていたのです。

今となっては傍観者だなんて、とんでもないこととなってしまいました。

 

”昨年心理学者たちが行った調査によれば、恐怖やパンデミックをテーマにした映画に好奇心を抱く人の方が、ロックダウン下でも打たれ強いメンタルを保ったそうだ。曰く、自分が今経験していることは、こうした映画に比べてまだマシだと感じることにより、心理的なストレスに対処するスキルが備わっていくという。デンマークのオーフス大学の准教授、マタイアス・クラーゼンは、最悪のシナリオを想定する習慣を付けることは、困難を生き抜くための大きな力となると説く。”

 

イマジネーションが発達していき、社会崩壊に対して準備ができているというわけですね。

ちょっと目からウロコのような、いや言われてみれば確かに納得!というか…

個人的にはSF映画に限らず、自分が観て素直に楽しめるもの、心から笑える作品こそ免疫力アップになるのではと信じておりますが…笑。

まだまだ落ち着く先が見えない日々ですが、皆さま一緒に乗り越えましょうね。

骨董・古美術品も形は違えど、皆さまの心の拠り所になれますよう。。

 

Hello everyone. This is Staff I.

The other day, I read an article called Interesting Survey Results.

People who like science fiction movies depicting dystopia and often watch them tend to be able to maintain a strong mentality even in situations such as the pandemic of the new coronavirus.

(According to Wikipedia, dystopia is a concept that represents the opposite of utopia (ideal town). A society that has fallen into an unfavorable state. Here, a work depicting the anti-ideal town, the dark world, or such a world. After the industrial revolution It is said to refer to the image of a “future society” drawn by emphasizing the negative and anti-human aspects of the developed machine civilization.)

Utopia is familiar to me, but when I hear dystopia, I just feel like I want to get out of the current situation sooner … crying.

 

Looking at the news reports from around the world since last year, I often see images that I can’t help but think that this is the reality⁈ the world of movies has really happened … I feel sad.

 

Quoted from this article __

“Watching a science fiction movie about a pandemic in a pandemic whirlpool may not seem like a good hobby, but according to psychotherapist David Waters, this act is unknowingly a store philosophy. It seems that it has the effect of making it possible to stay calm even in the face of fear. It is said that simulating the worst scenario of the world through images enhances our resilience. Moreover, according to Waters, watching a movie like “Containment” that depicts something worse than it is now can even give us a sense of relief that we’ve escaped the worst. ..

 

In fact, when the first wave of infection shook the world in March 2020, half of the top 10 Netflix distributions were about pandemics and natural disasters. Psychologists call these works “prepper movies.” A prepper movie is a movie watched by someone who acts to prepare for the worst scenario. ”

 

Certainly, I remember that the number of views of such works increased rapidly.

I was the other way around.

Even though the reality is corona, it is a group that avoids being soaked in dystopia as if to chase after it.

I’m not a fan of science fiction, but the movie “2012” (2009), which is based on the prediction that the earth will be destroyed, and the disaster movie “Day After Tomorrow,” which depicts people who are confused during the ice age suddenly visited by global warming. I also enjoyed “After Tomorrow” (2004).

But that was years and years ago.

I was optimistic that it wouldn’t happen in reality, so I just enjoyed watching it.

Now it’s ridiculous to be a bystander.

 

“Last year, psychologists found that those who were curious about horror and pandemic-themed movies were struck and kept a strong mentality even under lockdown,” he said. What they’re doing is that by feeling better than these films, they’ll have the skills to deal with psychological stress. Matias Krasen, an associate professor at the University of Orpheus in Denmark, has a worst-case scenario. It is said that developing the habit of assuming is a great power to survive the difficulties. ”

 

Your imagination is developing and you are ready for social collapse.

It’s kind of like scales from my eyes, and if you ask me, I’m sure it’s convincing! I mean…

Personally, I believe that not only science fiction movies, but also movies that you can enjoy watching and that you can laugh from the bottom of your heart will boost your immunity.

It’s a day when we can’t see where we can settle down, but let’s all overcome it together.

Antiques and antiques have different shapes, but I hope they can be a source of your heart .

 

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方もいらっしゃると思います。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ