ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

新茶の季節_三大産地・三大銘茶・五大銘茶について (覚王山古美術風光舎より)

2021.05.10

風薫る爽やかな季節になりました。
この時期、皆様はブレイクタイムには何を飲まれますでしょうか?

普段はコーヒーを飲むことが多いスタッフTですが、
今年収穫されたばかりの新茶の出回るこの時期、
やはり煎茶の出番が多くなります。

新茶は苦み成分であるカテキンが少なく、
旨み・甘みの成分であるアミノ酸(テアニン)をタップリと含んでおり、
清々しい若葉の香りが特徴ですね。

立春から数えて88日目の「八十八夜」(2021年は5月1日でした)、
春から夏に変わりゆく暖かく穏やかなこの頃からが茶摘みのシーズン!
「八十八夜に摘んだ新茶を飲むと病気にならない」という言い伝えもありますね!
栄養もおいしさも優秀な新茶を、旬の時期に味わいたいものです。

ところで_日本茶の生産が盛んな『三大産地』と呼ばれているのはどこでしょうか?
直ぐ思い浮かんだ方、素晴らしいです!
1位「静岡県」
2位「鹿児島県」
3位「三重県」
上位2位までで国内生産量の7割を占めるんです。

そして_『三大銘茶』といえば?
「色は静岡 香りは宇治よ 味は狭山でとどめさす」と歌い継がれている茶摘み歌が表すように、
「静岡の静岡茶」
「京都の宇治茶」
「埼玉の狭山茶」
上記の3種類が『三大銘茶』として現代まで語り継がれています。

さらに_『五大銘茶』と称する産地もあるんですね!
朝宮茶 滋賀
宇治茶 京都
川根茶 静岡
本山茶 静岡
狭山茶 埼玉

有難いことに、この銘柄のひとつ川根茶を毎年送って下さる方があり、
その馥郁とした香りに一年の巡りを感謝するスタッフTです。
茶葉は玉川堂の茶筒(雪国新潟の誇る鎚起銅器の無形文化財
~蓋を置くとすっと閉じるんですよ!まさに職人技)に納めて、
紅茶や珈琲豆のキャニスターなどと共にキッチンのカウンターに並びます。

旬に収穫された美味しいものを頂くのは至福のひと時ですよね。

((そういえば~茶道をたしなむ皆様は、煎茶だけでなく
抹茶についても気になるところではないでしょうか?
抹茶の新茶の季節は、実は11月??なんですね。
(こちらはまた別の機会がありましたら是非!))

It’s a refreshing season with a fragrant wind.
What do you drink during your break time during this time?

Staff T, who usually drinks coffee,
At this time of year when the new tea just harvested this year is on the market,
After all, sencha comes into play more often.

There is little catechin, which is a bitter component,
It contains a lot of amino acids (theanine), which are components of umami and sweetness.
It features a refreshing scent of young leaves.

“Eighty-eight nights” on the 88th day counting from the beginning of spring (2021 was May 1st),
The warm and calm season, which changes from spring to summer, is the season for picking tea.
There is also a saying that if you drink the new tea picked at 88 nights, you will not get sick!
We want to taste new tea, which is excellent in nutrition and deliciousness, during the season.

By the way, where is it called the “three major production areas” where Japanese tea production is thriving?
Those who immediately come to mind are wonderful!
1st place “Shizuoka Prefecture”
2nd place “Kagoshima Prefecture”
3rd place “Mie Prefecture”
The top two ranks account for 70% of domestic production.

And _ Speaking of “three major teas”?
As the tea-picking song that has been handed down, “The color is Shizuoka, the scent is Uji, and the taste is limited to Sayama,”
“Shizuoka Tea in Shizuoka”
“Uji tea in Kyoto”
“Sayama tea in Saitama”

In addition, there is also a production area called “Five Great Teas”!
Asamiya Tea Shiga
Uji tea Kyoto
Kawane tea Shizuoka
Motoyama tea Shizuoka
Sayama tea Saitama

Thankfully, there is a person who sends one of these brands, Kawane tea, every year.
Staff T is grateful for the fragrant scent of the year.
The tea leaves are Gyokusendo’s tea canisters (an intangible cultural property of the sword-making copperware that Niigata is proud of
-When you put the lid on, it closes quickly! Just put it in craftsmanship)
Line up at the kitchen counter with tea and coffee bean canisters.

It’s a blissful time to get delicious food harvested in season.

((By the way, everyone who enjoys the tea ceremony is not only sencha
Isn’t there a place to worry about matcha?
Is the matcha new tea season actually November? ?? What is it?
(If you have another chance, please come!))

*********************
大切な思い出の品物を整理しなければならないこと、ございますよね。
そんな時は古美術風向舎名古屋店までご相談下さい。
出張買取も致しております。

名古屋近郊だけでなく、愛知・岐阜・三重・その他の地域へも伺えますので、
先ずは皆様よりのご連絡をお待ち申しあげております。

古美術 風光舎 名古屋店(店舗営業時間 10:00~17:00)
052-734-8444
*********************
You have to organize your memorable items,
In such a case, please contact the antique art Fukosya Nagoya.

We also do business trip purchases.
We can visit not only the suburbs of Nagoya but also Aichi, Gifu, Mie, and other areas.
First of all, we look forward to hearing from you.

Antique Art Fukosha Nagoya Store (Store business hours 10: 00-17: 00)
052-734-8444
*********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ