ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

アーティゾン美術館へ行って参りました。(愛知県名古屋市千種区 骨董買取・古美術風光舎名古屋店)

2021.03.28

 

こんにちはスタッフYです。

本日こちら、古美術風光舎名古屋店のあります愛知県名古屋市千種区は、少し薄暗い雨模様。当店、陽当りがよいもので、普段のお写真はこの写真初心者スタッフYでも自然光の力で、なんとかいい肌感の写真を撮ることができます。今日は、あいにくの雨なのですが、ライティングと少し薄暗い自然光で、いつもとは違った、写真にチャレンジ。どんな状況下でも対応できるカメラマンを目指してといいつつ、ここは、カメラに頑張ってもらいしょうか笑。

 

なぜ、そんな意識した写真を撮っているのかといいますと、昨年オープンしたアーティゾン美術館へ訪れてきたんです。そのせいでしょうか。東京駅から近いということもあり、帰りにちょこっと寄ってみました。

 

 

 

 

アーティゾン美術館の前身はブリヂストン美術館。そちらの方が、ご存知の方もおいでではないでしょうか。こちらの美術館は都心の真ん中にあるオアシスのような美術館。今回の展示は、印象派や日本近代画家、青木繁を始め藤島武二の従来の石橋財団のコレクション作品と、抽象表現を中心とする20世紀初頭から現代までの美術、日本の近世美術などのコレクションも含む207点が展示されておりました。

ここアーティゾン美術館の創設者石橋正二郎は「好きな絵を選んで買うのが何よりも楽しみであるが、もとよりこのような名品は個人で秘蔵すべきでなく、美術館を設け、文化の向上に寄与することがかねての念願。」と言うべく、美術館を私物化することなく誰もが作品に親しめることを目指しているそうです。その理念は現在でもくみ取ることができます。

 

何故ならば…。

こちらの美術館、どの作品も写真を撮ることが可能なんです。本当に良いのか、館内のスタッフの方に確認してしまいました。そうすると、「どうぞ、どうぞ。」との、ご返答。しかも、学生さんは無料ということもあり、これは、是非若い方に訪れてほしいですね。

 

Hello staff Y.

Today, here is the antique art Fukosha Nagoya store. Chikusa-ku, Nagoya City, Aichi Prefecture, has a slightly dim rain pattern. Our shop has good sunlight, and even this photo beginner staff Y can take a photo with a nice skin feeling with the power of natural light. Unfortunately it’s raining today, but with lighting and a little dim natural light, I challenged myself to take pictures that were different from usual. Aiming to be a cameraman who can handle any situation, let’s have the camera do our best here lol.

 

The reason why I take such conscious photos is that I visited the Artizon Museum, which opened last year. Is it because of that? It’s close to Tokyo station, so I stopped by on my way home.

 

The predecessor of the Artizon Museum is the Bridgestone Museum of Art. I’m sure there are people who know that. This museum is like an oasis in the middle of the city. This exhibition includes works from the Ishibashi Foundation’s traditional collections, including Impressionists and modern Japanese painter Shigeru Aoki, as well as collections of art from the early 20th century to the present, focusing on abstract expression, and modern Japanese art. Including 207 items were exhibited.

Shojiro Ishibashi, the founder of the Artizon Museum, said, “I’m looking forward to choosing and buying my favorite paintings, but of course, such masterpieces should not be kept by individuals, and they should set up a museum and contribute to the improvement of culture. It’s a long-cherished desire, “and I can still see that everyone is aiming to become familiar with the work without personalizing the museum.

 

because….

You can take pictures of any of the works in this museum. I asked the staff in the hall if it was really good. Then, the reply, “How are you, how are you?” Moreover, students are free of charge, so I would like young people to visit this.

 

 

 

草間彌生さんの作品も、このように撮ってみました。

I also took the work of Yayoi Kusama like this.

 

 

 

それよりなにより、青木繁さんの作品、美術の教科書に載ってた、あの名作品ではないですか泣。

Above all, Shigeru Aoki’s work, that masterpiece that appeared in art textbooks, isn’t it?

  『海の幸』です。

 

 

こちらは、『わだつみのいろこの宮』。

 

これは、藤島武二の作品、『黒扇』。美しい。

 

 

 

先ほどの陰影のお話でないですが、美術館の照明、陰影などの表現の仕方は、本当に素晴らしいですね。作品へのリスペクト含め、立地、作品の展示場所、展開、陰影すべて、観に来られた方の中に何かを残してくれる理想の空間。ここ、アーティゾン美術館は新しいそれらの要素を詰め込んで、作品のため、訪れる方のために居心地の良い空間でした。

 

というわけで、今朝は昨日の余韻を残ってまして、SNS掲載用写真などをそれっぽく撮ってみました。石渡風古作の幼子の掛軸にお月様が映ったような幻想的な絵となりました。もちろん、カメラが頑張ってくれましたが。

 

 

 

It’s not the story of shadows, but the way the museum lights and shadows are expressed is really wonderful. An ideal space that leaves something in the way you come to see the work, including respect for the work, location, exhibition place of the work, development, and shadows. Here, the Artizon Museum was packed with those new elements and was a cozy space for visitors because of the work.

So, this morning, I’m leaving the afterglow of yesterday, and I’m taking a lot of photos for posting on SNS. Even so, I asked the camera to do my best, but lol.

 

*********************

連日、風光舎のご近所でもお引越しされているのをお見かけします。

新生活を始める方も多くいらっしゃいますね。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

愛知県内ご近所のみならず、岐阜県・三重県その他の県へも出張もいたしておりますので、

まずはお気軽にご相談下さい。お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

Every day, I see people moving in the neighborhood of Fukosha.

Many people are starting a new life.

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques. Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

We are also on business trips not only to the neighborhood in Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

Please feel free to contact us. We look forward to your call.

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ