ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

夏を感じる必須アイテム(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2022.07.17

みなさま、こんにちはスタッフYでございます。

 

先日の城山八幡宮にてくぐった茅輪の払芦

 

本日の名古屋雨が降ったり止んだりの大変蒸したお天気であります。もしかして湿度100%くらいいってんじゃないかと、恐る恐る調べましたらなんと94%。調べるんじゃなかったなと…、今更後悔したところでございます。

 

京都では、祇園祭にて山鉾(やまほこ)が京都市中心部をめぐる山鉾巡行が、実に3年ぶりに行われるようですね。

祇園祭は貞観年中(859~877)京の都に疫病が流行したとき、勅を奉じて66本の矛を立て洛中の男児が祇園社の神輿を神泉苑に送って厄災の除去を祈ったことに由来しており、時代の紆余曲折に途絶えこともあったようですが、その都度町衆の心意気によって祇園祭は再興し、今日に至っております。

そのようなこれまでの歴史における復活の様子を思いますと、今日の状況は長い歴史の中の一コマなのか、かつての疫病退散を願っての意味も重なり、この度の3年ぶりの復活に、私もお祭りの意気込みとパワーを大変感じております。久しぶりに行ってみたいですね。

 

そういえば昔京都に住んでいたのですが、祇園祭の頃、お祭りに行く行かないとかの話もよく話題になっていたり、このムシムシした梅雨明が明け祇園祭が来たら夏がきたなと感じると言っていたり、京都の方々にとってはきっと夏を感じる必須アイテムなのでしょうね。現在は私はと言いますと住んでいる地域では、そんな夏を感じる必須アイテムのようなお祭りはなく、お祭りやイベントのある地域のあのわくわくした感触が今更ながらうらやましく、そして懐かしく思われます。

 

とまあ今朝はそんなニュースをみてからの出勤だったのですが、近くの球場のそばを通りかかったところ、夏の全国高校野球大会の地区予選でしょうか。傍の木々にいるであろう蝉の鳴き声の大音量を潜り抜け、「ショート○○くん~」のアナウンスが、球場から漏れてまいりました。

きっとこの球場の中では、高校球児たちの夏の熱い戦いがくりひろげられているのでしょうか。これは、間違いなく熱い夏だ…。球児たちの声は聞こえる。その熱い夏の中に参加してみたいが、今から出勤であります。いかんいかん。

 

祇園祭のニュースを聞き、夏を感じる必須アイテムをもっていないなと嘆く私に、このひと夏をかけた戦いの歓声が。本当に熱い夏を感じる必須アイテムは、すぐそばにあったようです。

高校球児のみなさん、頑張ってください!。

 

それでは、ごきげんよう。

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

Today’s Nagoya It is a very steamy weather with rain and stop. I wondered if the humidity was about 100%, and when I checked it, it was 94%. I just regretted that I didn’t look it up.

 

In Kyoto, it seems that the Yamahoko floats will be patrolling the center of Kyoto at the Gion Festival for the first time in three years.

During the Gion Festival (859-877), when a plague broke out in the capital of Kyoto, a boy in Rakuchu sent a portable shrine of Gion Shrine to Shinsen-en to pray for the elimination of the disaster. It seems that there were times when the twists and turns of the times were interrupted, but the Gion Festival was revived by the spirit of the townspeople each time, and it continues to this day.

If you think about the revival in the history so far, it may be a scene in the long history, and the meaning of wishing for the extinction of the plague of the past also overlaps, and this revival for the first time in 3 years is the enthusiasm and power of the festival. I feel very much.

 

 

 

I also wanted to go there for the first time in a long time.

I used to live in Kyoto a long time ago, but by the way, during the Gion Festival, people often talk about not going to the festival, and when the rainy season is over and the Gion Festival comes, I feel that summer has come. It must be an essential item for the people of Kyoto to feel the summer.

 

 

 

Currently, in the area where I live, there are no festivals like essential items that make me feel summer, and the areas where festivals and events are held are still more enviable and nostalgic.

 

I went to work this morning after seeing such news, but sometimes I passed by a nearby stadium.

 

Is it the district qualifying for the summer national high school baseball tournament? The announcement of “Short XX-kun” leaked from the stadium, passing through the loud volume of the cicadas that would be in the trees beside them. I’m sure that the hot summer battles of high school baseball players are unfolding in this stadium. This is definitely a hot summer …

Do you feel summer for high school kids? It was a must-have item, no, I was able to feel a really hot summer by the battle over this summer.

Good luck to all high school kids.

 

Well then, good luck.

 

*********************

 

このところ、整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ