ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

Earth, Wind & Fireの〝September〟(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2021.09.16

皆さまこんにちは、スタッフYです。

 

 

古美術とは何の関係もないお話なのですが、先日日産スタジアムにてアーティストの藤井風さんによる配信ライブがありましたよね。

本来は、有観客でのライブを企画したようですが、この状況下ということもあり、あの日産スタジアムの天然芝のど真ん中にグランドピアノ一台でのまさに単独ライブでした。彼はもとよりYouTube配信から世に広まった24歳のとても若いシンガーなのですが、その彼の過去配信を振り返ると、よく70~80年代の洋楽の弾き語りを配信しております。

 

彼のお父様の影響もあるのでしょうか、たくさんの昭和の洋楽のヒット曲を弾き語りしてくれて、平成生まれというのによく知っているなとそちらも感心致しますし、世代を超えても名曲は名曲、彼も気にいっているようですね。

 

彼の弾き語りは昭和の洋楽ですと、Carpenters、Elton John、Eagles、Billy Joel、などなど。昭和生まれの方には懐かしさ極まりないですが、そこは平成生まれ、彼らしい自由な、そして揺らぐようなアレンジして弾き語りをしております。これもなかなかエモくて新しい。

 

その中に、Earth, Wind & Fireの〝September〟が笑。

そう、あのディスコミュージックですよ、昭和のみなさん。

ならばと思い、本家本元のEarth, Wind & Fireの〝September〟も聞いてみましたよ。

 

なんだか、9月って台風が来たり、暑さもまだ残ってたり、新学期が始まったりで、こんなに明るい気持ちになるのか?と言わんばかりの陽気なディスコミュージックなのですが、意味も分からずにただただかっこいいなぁと、聞いていた子どもの頃が蘇ります。そして、今になってこんな曲だったのだと振り返るという、何年越しのおさらいでしょうか。ですが、音楽に言葉や年齢は意味などいらないのですね、何年たっても、とにかく脳内にワクワクが残る名曲ですね。

 

素人ですので音楽の詳しいことはよくわかりませんが、昭和の洋楽の見本であるかのような底抜けに明るくて、リズムが前のめりで、これから何が始まるのかといったワクワクした気分にさせてくれるもう希望しかない曲と捉えております。

 

当時はそんな気持ちで聞いていたのでしょうが、いろんな経験を経て希望がもてることもなかなか難しい大人になった今の自分には、希望で満ち溢れたこの曲に少々経った年月のギャップや「いやぁもう、そんな希望にだけ満ち溢れるわけにはいかないんだよ…。」といったような感じにもふと思わせてくれます。ですが、当時のわくわくとした気持ちをちょっと思い出させてくれるので、この曲と大人になった世代の方は、時間が作った両局面の不思議な間の中を、揺れながらこの曲を聴いていることでしょうね。

 

また、その希望と明るさの曲故に、スポーツ選手の入場の曲に使用にぴったりですし、たくさんのアーティストがカバーをしていたりもします。そのくらい世代を超えて人々の中で中毒性ありの名曲でして、案の定私の中でもSeptemberが、先日から脳内をループしております。

 

と、いうわけで少々ふさわしくないのですが、本日は店内にてEarth, Wind & Fireの〝September〟を流してみました。

店内の古美術品たちが、「なんだなんだ!?」と、驚くかもしれませんが、彼らも70~80年代の時代を越えてきた品々たち。きっと、「いやぁ、懐かしいな。あの頃は…。」と、様々な思い出を懐かしんでいてくれることでしょう。

 

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

It’s a story that has nothing to do with antique art, but the other day there was a live broadcast by artist Fujii Kaze at Nissan Stadium.

Originally, it seems that they planned a live concert with an audience, but due to this situation, it was a solo live concert with a grand piano in the middle of the natural grass of that Nissan Stadium. He is a very young singer, 24 years old, who has spread from YouTube distribution to the world, but looking back on his past distribution, he often distributes Western music narration in the 70’s and 80’s.

Perhaps because of his father’s influence, he played a lot of hit songs from Showa Western music, and I’m impressed that he was born in Heisei but he knows it well, even if he goes beyond generations. The masterpiece is a masterpiece, and it seems that you like it.

 

His narration is Showa Western music, such as Carpenters, Elton John, Eagles, Billy Joel, and so on. Those born in the Showa era are very nostalgic, but they were born in the Heisei era, and they are free and swaying arrangements. This is also quite emo and new.

 

Among them, “September” of Earth, Wind & Fire laughs.

I also listened to “September” of Earth, Wind & Fire, the originator of the original family.

 

Somehow, in September, when a typhoon comes, the heat still remains, and the new semester begins, do you feel so cheerful? It’s a cheerful disco music, but I don’t understand what it means and it’s just cool. And how many years have passed since I recalled that it was such a song now? However, music doesn’t need words or age, it’s a masterpiece that leaves excitement in your brain no matter how many years.

I’m an amateur, so I don’t know the details of music, but I hope it will make you feel excited about what’s going to happen, with the rhythm being leaning forward, as if it were a sample of Western music from the Showa era. I think it’s a unique song.

However, now that I’m an adult who has a lot of experience and it’s difficult to have hope, I’m full of hope. It makes me think like “I can’t overflow …”. Also, it reminds me of the exciting and straightforward feelings of those days, so I think this song and the grown-up generation are listening to this song while shaking between both mysterious aspects.

 

Also, because of its hope and brightness, it’s perfect for use as an admission song for athletes, and although it’s covered by many artists, it’s addictive among people across generations. Masterpiece. Sure enough, September has been looping in my brain since the other day.

 

That’s why it’s a little unsuitable, but today I played Earth, Wind & Fire’s “September” in the store.

You may be surprised that the antique works of art in the store are “What !?”, but they are also items that have passed the times of the 70’s and 80’s. I’m sure they will miss various memories, saying, “No, I miss you. At that time …”.

 

**********************

 

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ