ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

トライアローグ展に行ってきました(愛知県名古屋市千種区 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2021.06.19

皆さま、こんにちは。

 

 

少し前に、愛知県美術館にて「トライアローグ展」を見てきました。

正式名称は「トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」ですね。

展覧会の名前にある’’トライアローグ’’とは、三者による話し合いを意味し、横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館が共同企画をした展覧会になります。

 

展覧会に行って驚きました。一度にこんなにたくさんの方々の作品を見ることができるとは思いませんでした。普段美術館に行くと、あまりいいことではありませんが、どうしても作品が主役と脇役というような状態になることがあります。

しかし、この展覧会はなんといっても主役が多いのです。

3つの美術館が協力しているだけあって、作品の数も多いですし、美術館からきているものなので価値も高いものが見られます。

一つの場所でそれだけの作品を一度に見られるのはとてもよかったと思いました。

いわゆる巨匠と呼ばれる方々の作品を見ることができ、見に行くと必ずひとつは気に入る作品があるのではないかと思うほどバリエーションにもとんでいます。

 

 

極端に細長いフォルムのこの彫刻は、見てのとおりアルベルト・ジャコメッティの作品です。ものすごく小さいです。

わたしは過去に豊田市美術館かどこかでやっていたジャコメッティ展に行けなかったので実物を見たのは初めてで、ジャコメッティ展に行けなかった心残りが少しだけ腫れました。

 

次の写真は、今回の展覧会のポスターなどにも載っているルネ・マグリット「王様の美術館」です。

やはりポスターなどに大々的に載っている作品は写真を撮ってしまいますね。こちらも実物を見るのは初めてで、こんなにシンプルな作品がものすごく前に描かれたものだと思うと不思議ですね。

 

 

他に印象に残っているものは、ダリですね。

展示してあった作品は、ものすごく緻密で驚きました。ずっと見ていても、感心してしまうすごさだなと思います。

他にも、ピカソやクレー、ポロックやベーコン、リヒターなどたくさんの巨匠の作品がありました。同じ人の作品がたくさんあるのではなく、色々な人の作品がたくさんあり見応えがあります。

展示の最後には、今回展示を企画した3つの美術館の年代ごとの作品購入歴があり、近年は以前に比べたら作品をあまり買えていないという気づきもあり、鑑賞者側にも企画者側にもためになった展覧会だったのではと思いました。

この展覧会は、今月、6月27日に会期終了してしまうので、ご興味のある方は無理のない範囲でぜひ行ってみて下さい。

 

最後に、愛知県美術館であったちょっとした出来事なのですが...

わたしは大学の課題などで、予定が詰まってしまうことがあり今回のトライアローグ展も休日に行くことが出来ず、金曜日の大学終わりに行きました。(ちなみに愛知県美術館は金曜日20時までやっています)なので時間も遅くなってしまい、さらには大学の荷物も持ち帰っていたりで、美術館にあるコインロッカーに入りませんでした。

そんなとき…受付のお姉さんがわざわざこちらに来てくださり「お荷物お預かりしますよ」と言ってくれました。本当に感謝しかなかったです。頻繁にこのような出来事が起こってしまうので愛知県美術館の方々にはいつも感謝しています。

 

Hello everyone.

Not long ago, I saw the “Trialogue Exhibition” at the Aichi Prefectural Museum of Art.

The official name is “Trialogue Yokohama Museum of Art, Aichi Prefectural Museum of Art, Toyama Prefectural Museum of Art, 20th Century Western Art Collection”.

“Trialogue” in the name of the exhibition means a discussion between the three parties, and it is an exhibition jointly planned by the Yokohama Museum of Art, the Aichi Prefectural Museum of Art, and the Toyama Prefectural Museum of Art.

 

I was surprised when I went to the exhibition. I never thought I could see so many people’s works at once. When I usually go to a museum, it’s not a good thing, but sometimes the work becomes a leading role and a supporting role.

However, this exhibition has many leading roles.

Since the three museums are cooperating, there are many works, and since they come from museums, you can see high value.

I thought it was very nice to be able to see that many works at once in one place.

You can see the works of so-called masters, and when you go to see them, there are so many variations that you may think that there is one that you like.

As you can see, this sculpture in an extremely elongated form is the work of Alberto Giacometti. It’s extremely small.

I couldn’t go to the Giacometti exhibition that I had done at the Toyota Municipal Museum of Art or somewhere in the past, so it was my first time to see the real thing, and the regret that I couldn’t go to the Giacometti exhibition was a little swollen.

 

The next photo is Rene Magritte’s “King’s Museum”, which is also on the posters of this exhibition.

After all, the works that appear on posters etc. on a large scale will take pictures. This is also the first time I’ve seen the real thing, and it’s strange to think that such a simple work was drawn very long ago.

The other thing that left an impression on me was Dali.

The works on display were extremely detailed and surprising. Even if you look at it all the time, I think it’s amazing that you will be impressed.

There were many other masterpieces such as Picasso, Clay, Pollock, Bacon, and Richter. There are not many works of the same person, but many works of various people, which is impressive.

At the end of the exhibition, there is a history of purchasing works by age at the three museums that planned this exhibition, and in recent years I have noticed that I have not bought much works compared to before, so both the viewer side and the planner side I thought it was a useful exhibition.

This exhibition will end on June 27th this month, so if you are interested, please do not hesitate to visit.

 

Lastly, it was a small event at the Aichi Prefectural Museum of Art. .. ..

I couldn’t go to this triarogue exhibition on a holiday because my schedule was clogged up due to university issues, so I went to the end of university on Friday. (By the way, the Aichi Prefectural Museum of Art is open until 20:00 on Friday), so it was too late, and I also brought back my university luggage, so I couldn’t enter the coin locker at the museum.

At that time … The receptionist’s older sister came all the way and said, “I’ll keep your luggage.” She was really grateful. I am always grateful to the people at the Aichi Prefectural Museum of Art because such events occur frequently.

 

******************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also buy paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

 

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

10: 00-17: 00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ